DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

高橋博士の独り言 その4 (2017.5.25)

工学博士 高橋宏尚の独り言、第4弾です。

本日の独り言は、こちらです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

量子物理学とIT技術:以前から私が話しをしてきたことだが、
素粒子のふるまいが、人間の観測によって変化するという事実は、
この物質世界が、人間の意識で創造された産物であることを明確に語っている。

20170518-420170518-3





仮想現実は、近傍の描写では詳細にプログラミングされているが、
遠くからの視点ではデータの間引きが行われて処理の簡略化がされる。

その通りのふるまいをこの自然界の素粒子が行うことにこの世界が、
プログラミングされているという、確かな証拠となってくる。

情報工学の研究者は、Entropyの増大によって情報は拡散される。

同じように、この物質世界も、われわれの意識が創造しているとすれば、
Nerve Cellの電気パルスの伝達経路も偏りを見せるものでなく、
平均化された大きなEntropyに向かって進んでゆきその電気パルスのステートが
この世を作り出している、と考えられる。

現在多くの新たな論文がこの仮説の確認に取り組んでいるし、
いくつかの研究チームでは、その証明に成功したという論文すらある。

近い将来、自分の人生はいつでもResetできる時代が来ることを私は確信している。

素粒子物理学を前提として生命科学を考えると、単に、プロテイン構造や、
DHAを構成するA-T, C-Gの組み合わせによる二十螺旋を自律的にCopyして
細胞核内にDHA情報を新たな細胞核に移行して、維持するだけではなく、
ここに様々な電子共有を行うことから電子のふるまい、未確定なPositionから
同時に同じ電子が複数の場所に存在する確率より様々な有機物内の共有化を
実現している可能性がある。

この理解で考えると、新たな生命体の進化の可能性が我々人類で創成できる可能性がある。

DTSの研究で、Human interactionとして取り込めるいくつかのアイデアがある。

機会があったら紹介しようと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高橋博士の独り言 その3 (2017.5.24)

工学博士 高橋宏尚の独り言 本日は第3弾です。

本日の独り言は、こちらです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Pakistanのサービスインダストリーは、今後大きなPotential を持っていると思える。

それは、人口の増加が著しく急速であるからだ。現在2億2千万位を突破、、

2030年には、3億人に達するこの国で、ビジネスの3分の2は
サービス産業と言える。

ここに、最新のIT技術、人工知能、自動運転、Chat Bot、Fintechなど
大きな事業化のSpaceが開いている。

2017051820170518-2









それを実現させるのは、教育である。

この国のIT教育をいかに高め、技術経営のできる人材を育てるかが、大きな課題だろう。

2週間前に開催した大学内での”Advanced technology Seminar for Future Industry”は
大変好評だった。

地域社会からの参加者もあって、単に大学のEventという事の敷居を超えたものに
今後も発展させてゆきたいと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高橋博士の独り言 その2 (2017.5.23)

昨日に続いて、本日の工学博士 高橋宏尚の独り言です。

本日の独り言は、こちらです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Flynn's taxonomy が、示す、4つの分類のうち、SIMD(単一命令、複数のデータ)は、
GPUの分野で圧倒的な数のCoreをMultiple data向けに構成できることで性能を
格段に高めることに成功した。

この手法を用いて、最近のDeep Learningの処理も格段に高速化された。

さらにAI専用Processorとしても同様な構成で開発が進む。

しかしAIを用いたサービスを構築するにあたって、Latency of timeが重要になってくる。

私が言いたいのは、単にSIMDのためのComputation 部分だけでなく、
短時間でAccessできるある程度の容量を持つメモリーを同一シリコン内に
構成することが必須になってくると思っている。

このことは、他のTrendである、IoTにも言えることで、すべてのものが
IP AddressもってInternetにつながるということは、大きな通信帯域を必要とする。

この大きな通信帯域は、大量のData転送には効果はあるが、
小さなPacketをReal Timeに転送するには無理がある。

つまりIoTの構築するためのSecondary Cacheが周辺存在することが必要になってくる。

私の研究で、このSecondary Cache Storageを空間Cacheとして実現する研究をしている。

20170117-Suffer
DHA Suffer University





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード