DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

Mcellと、通常のHDDのパフォーマンスを比較してみる・その15

見出し08702
先日のエントリーでご紹介した「Platinum HDD Quick Boot Demonstration」ムービー。実はもう1本のムービーがあるのにお気づきでしょうか?

今日ご紹介するのは、「PlatinumHDD Transaction Peroformance Demo」なるムービーです。内容の一部をピックアップしてみましょう。

このムービー、IO meter(ベンチマークソフト)を使用してMcellと、通常のHDDのパフォーマンスを比較してみる、というもの。

ちなみに、IO meter詳細はこちらです。

BMTEST_1

比較に使用したHDDは、
IDE HDD(5400rpm Eドライブ)
SATA HDD(1000pm Dドライブ)
Mcell (5400rpm Fドライブ)

(CドライブのMcellはシステム用)




BMTEST_2

まずはIDE HDDを使用。64KBデータのランダム読み込みを実行して、そのパフォーマンスを測定しています。







BMTEST_3


結果は、7.36MB/S
イマひとつのパフォーマンスです・・・






BMTEST_4


次に同じIDE HDDを使用して1KBデータのランダム読み書きを実行して、パフォーマンスを測定。






BMTEST_5


結果は・・・134 IO/S
ううん・・・パフォーマンスが良いとは言えません・・・






というわけで、この続きはまた次回のエントリーにて!次回は、SATA HDDを使用したテスト、そしていよいよMcellを使用した実験で、驚愕の事実が明かされます!


★ムービーはこちら!

「XP ブート 遅い」という検索キーワード5

見出し08701最近、このブログにアクセスしてくれている方々の検索キーワード。実は、こんなキーワードが増えているのです。




kensaku_1




XP ブート 遅い



kensaku_2



Windows XP 遅い


おそらくこれらのキーワードで訪問してくれている方々は、個人の方だと思います。我々の普段のお客様はほとんど法人、システム管理者の方々なので、こういった個人の方々にもアクセスしていただいて、とても嬉しいのです。そして、興味深いのです。

個人の方々でも、ご存知Mcellなどが話題になっているので、PCのパワーユーザーの方々には以前からかなりアクセスしていただいていたのですが、今回のこの結果からみると、まず、「普通にウインドウズパソコンを使っている方々」なんだと分析しているのです。

エントリーとしては、この日の記事に集中しています。

つまり、DTSのシンクライアントセキュリティソフト「Quick On Security」に搭載されている、「クイックブート」機能。もしかしたらこの機能、実は個人の方々もすごく必要を感じているのかな?と。こんなことがわかってくるのもブログのおもしろさであり、DTSが最近提唱している「コンピュータ資源の有効化技術」に繋がるのでは?と考えています。

DTSブログは、個人の方々、普通にパソコンを使っている方々のアクセスも、もちろん、大歓迎なのです。

製品情報にMcellサーバを掲載。Sun Microとの超強力コラボ実現!5

見出し08630
月曜からハイパーにお知らせです!製品情報ページに、「Mcell Server」の情報をアップ。 




Sun MicroとDTS製品の超コラボレーションにより、誕生したこのハイパフォーマンスサーバ。 X4500 server with MCell は、おなじみ、Sun Micro X4500に120GBMcellを、12発〜46発搭載という強力な仕様です!

X2200 serverの方は、M-Cellバージョンと、Platinum-Cache バージョンの2種類。Platinum-Cacheは、ソフトウエアで、データのIN/OUTを高速化実現。

mcell_server










DTSソリューションと共にご覧くださいませ!

★製品情報

★DTSソリューション
Archives
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード