見出し10427DTS SSDを搭載した映像・音声送出サーバ PlayMagic(TM)関連で、最近このブログでも新しい時代のブロードキャストの話題が続いています。そして、本日より、いよいよ中継配信サイトUSTREAMが日本語仕様となっているようです。




ustUSTREAM(ユーストリーム)が日本語仕様に。









日本語化第一弾の目玉番組が、あの「事業仕分け」というところが出来すぎ(?)という感もありますが、まさにこの時代ならではのこの新しい制度を新しいメディアで配信するという、ある意味記念すべき日なのかもしれません。

会社概要や、注目のソフトバンクの投資の件など番組以外の情報も、日本語化されてより深く理解できるようになっているようです。ぜひご覧になってみてください。

そして、以前よりも、短期間でやはり映像の解像度が高いものや、音声が高音質のものが増えています。これは、何も資本が入ったような番組だけではなく、通常のユーザーレベルでも同じように画質が良いものや、カメラをスイッチングしている番組も多くなってきました。

速い・・・ブロードキャストの進化が本当に速いと肌で実感できる毎日です。そして、デジタルという技術だけではなく、既存のテレビ番組をトレースしたようなものではなく、今までのメディアになかったような番組も次々とスタートしているという、ソフト自体も変わろうとしている変革期であることに間違いはなさそうです。



★DTS東京支社移転の詳細は明日以降のこのブログでお伝えいたします。