midashi11527スマートフォン(Android)をガンブラーサイトから守るDTS「GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」がAndroidマーケットにてニューリリースされました。



昨日、一昨日とGAPS Secure Browserリリースのお知らせをさせていただきました。そんな中、フィンランドのセキュリティ会社がスマホのフィッシング詐欺についての注意を呼びかけたようです。

これは、非常に簡単なことでありながら、実はスマホの物理的な弱点を突いたことで、「ブラウザのアドレスバーが短い」ので偽サイトのURLアドレスに気が付きにくい
ということなのです。確かに、スマホのブラウザはアドレスバーのサイズが制限されていますから、URL前半部分のみの表示となります。さらにスクロールするとアドレスが隠れてしまうスマホのブラウザも多いのです。

B2某社スマートフォン搭載の通常のブラウザ

ページをスクロールすると、URLアドレスバーが隠れてしまいます。









B1GAPS Browser

ページをスクロールしても、URLアドレスバーは表示されたままで隠れません。









ガンブラーサイトの場合も、通常サイトURLを装った場合、うっかり見落としてしまいます。PCでも常時アドレスをじっくり確認してブラウジング・・・というわけにはいきません。ましてやそれがスマホであれば・・・。

日を追ってスマートフォンの話題、ニュースが増加しています。みなさんの周りでも、スマートフォンユーザーになられた方々が目に見えて増えていませんか?それだけ、セキュリティにも力を入れていかなければならない時期になったのです。

22
GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)
https://market.android.com/details?id=org.me.gaps_browser&feature=search_result














★INFORMATION

「Interop Tokyo 2011」
スマホ向けのセキュリティサービス「GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」は、来月開催の「Interop Tokyo 2011」でもDTSブース内にてデモンストレーションさせていただきます。
inter_1