mds_2013_5_29昨日のエントリーで少しだけ触れました「West Asia Investors」。


詳細は明日以降のエントリーでご紹介していきますが、今日はサイト(英文)の「DTS ストラテジー(戦略)」というページをほんの少しだけご紹介します。


ストラテジー



















「West Asia Investors」における DTS の戦略

スペキュレーションではなく、天地創造。

DTS は投資家のみなさんに包括的な多様化に注目することにより最大限の見返りを可能とします。
アセットクラス(※注)、貨幣価値、地政学的リスク、製品の多様化などに限定されずに可能とします。

(中略)

強い投資成果が、私たちが常にクライアントのために行うことの中心である一方、固定観念に左右されない「トップダウン」のヴィジュアルは、私たちに不動産、倫理的投資、及び最も重要なこととして、資産としての私たちの専門知識をパキスタンなどの世界で混合してきました。

農業と発電所、また生産物の多くの需要としての国の利点、あるいは魅力的な人口統計を持っています。

また、投資には3つの本質的なコンポーネントが存在しています。危険度のレベル、期待される見返り、そして投資の流動性・・・投資は、商品生産と価格に注目することにより、まだ信用リスクが無いわけではありません。

DTS は現在、「純粋な市場」に参加しています。クライアントにより多くの安定した見返りを供給することを可能とします。

(後略)

かなり意訳ですので、このあたりの文書は後日、再度日本文にて掲載させていただきます。

英文となりますが、こちらのページをぜひご一読くださいませ。
http://wasiainvestor.com/dynamic_pages.php?pid=531