工学博士 高橋宏尚の独り言、本日が最終日です。

本日の独り言は、こちらです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近、Block Chainを使った技術をよく耳にする。

20170618-5




Hash関数を含め、特定の履歴を確定させて、真偽を評価するのだが、
私はこのBlock Chainの真偽の判定方法で大きな疑問がある。

論文の著者は、真のBlock Chainは長いという前提で偽のChainが
少しでも短ければ、確立が大きく下がるので安心だと言っている。

しかし、ポアゾン分布で説明しているのみで、全く現実的ではない。

もし、第3者がそのBlock ChainのTransactionを乗っ取って、
多くのCPUパワーとNetworkノードを構成できれば、新より長いものが
容易に生成できる。

つまり偽はいつでも真に取って代われる。

これを防ぐ方法を私は考えてみたが、一つの解決方法は、
その履歴のEntity のAttributesをとってBlock Chainに意味を持たせることである。

具体的なImplementationは私の今まで研究しているOntologyの論文を参照にされるといい。

仮想通貨、金融システムの興味ある方は、コンタクトしてください。

20170518-6





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜