DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

2009年04月

DTSプロダクト〜DTS RAID のラインナップ5

見出し09430DTSプロダクトのラインナップのセレクトが決まり始めました!まずは、このブログにて機種を発表させていただきます。


今日のエントリーでいち早く発表するモデルは、MCell RAID。もう、おなじみインテリジェント型ハイブリッドメモリーディスクMCellを搭載した「ちょっと違う、RAID」のラインナップです。ベースのモデルは、Xyratex社製品をセレクト。MCellとはベストなマッチングです。



2MHR-X-12
MCellを最小で1.44TB。最大7.22TB。最大規模のキャッシュサイズである60GBを実現しました。





1▼MHR-X-48
4GBファイバーチャネルサポート。MCellを最大48台搭載可能です。
SnapShot 192世代、MPIO、StorViewを各々サポートした強力モデルです。






3▼MHR-8X-12



MCell RAIDのラインナップについては、また明日のブログでも詳細をお伝えいたします。もちろん、dts-1.comに新設される「DTSプロダクト」でさらなる詳細を公開させていただきます!

連休前にチェックしていただきたいDTSからのお知らせです5

見出し09428さて、みなさまの会社は既にゴールデンウイークに突入中でしょうか?今年は大型連休の企業も多いようで、都内では電車などの交通機関がいつもよりもすいています・・・



まずはこのDTSブログの連休中のスケジュールです。明日(29日・祝日)
はお休みさせていただき、30日(木曜)、5月1日(金曜)は平常通り更新いたします。2日(土曜)から、6日(祝日)まで休みをいただきまして、7日(木曜)から更新再開とさせていただきます。


というわけで、連休前にチェックしていただきたい最近のお知らせをいくつか・・・

1MCell RAID System キャンペーンスタート!30TB+MCell 480 GBのスペシャルモデルをローコストにてご提供中。7月末日までの期間限定キャンペーンとなります。
詳細はこちらまで




2MCell CPU使用率テスト動画UP
MCellテスティング動画第二弾がYouTube上にアップされています。
「嘘のない、スペック」をぜひともご覧ください。
詳細はこちらまで




4東京ビックサイトにて開催される「第11回データストレージEXPO」イメーション様ブース内にDTS MCellが展示されます。会場はおなじみ東京ビックサイト(西1ホール)。
展示会詳細はこちらまで(招待券もこちらから)



3DTS技術資料ダウンロード・ISADS2009での学術論文アップ
ISADS2009(於・アテネ)において、DTSが発表いたしました技術論文(英文)をダウンロードしていただくことができます。
詳細はこちらまで

DTS内でのブレスト時のメモ5

見出し09427社内での会議やブレストをやっている時、みなさんはどんなメモをとっているのでしょうか?DTSでのブレスト時のメモは、文章よりも絵を中心にとっている人が多いようです・・・


1これは、「DTSプロダクト」のサイトレイアウトのブレスト中のデザイナー氏のメモ。基本的には「自分さえわかれば、それで良し」だそうです。










2こちらは、欧米向け専門誌の広告のブレスト中の時に、C.E.O高橋が書いたメモ。というか、これはほぼそのまま大(おお)ラフデザインとして掲載されることになりました。高橋の書くメモや、プレゼン時のホワイトボードはいつも「絵」が中心となります。

これはデザイナー氏にも同様で、文章はあくまでもその「絵」の添え物だということです。




逆に、代理店氏のメモはかなり細かい文書が手帖にビッシリ。絵とか図は一切無かったりします。

確かに、メモは基本的には自分さえわかれば良い。ちょっと前に、「デキる人のためのメモ術」だかの書籍がベストセラーになりましたが、DTS内では「自分が一番理解しやすい方法でメモる」ことになっています。

さて、みなさんの仕事中のメモは???

★★ゴールデンウイーク中の営業日については、後日、dts-1とこのブログにて掲載させていただきます。

☆☆ハイブリッドメモリーディスクMCell搭載。30TBバージョンキャンペーン実施中!


2009年(平成21年)3月期から、SOX法がスタートしました5

見出し09424検索でdts-1.comや、このブログを訪問してくださる方々のキーワードで多いものの一つに「セキュリティ」があります。セキュリティコンプライアンスという考え方は、この不況下においても待ってはくれません・・・



今年の3月からは「SOX法」なども導入され、企業内部統制(企業内での情報システム運用=IT統制)もいよいよ本格的に考えて行かなければなりません。

そして、ここで今一度、個人情報について考えてみます。Yahoo!Japanにこんなニュースのページがあるのをご存知でしょうか?

個人情報の流出


これを読んで驚愕しました。ほぼ毎日、顧客情報、個人情報が流出しているのです。中には
「回収不可能・流出底なしの様相」
などという見出しもあり、企業にとっては人ごととは絶対に思えない見出しが続きます。


情報流出は、ニュースに出たものだけが目立つので、そんなには・・・そんな考えがあった方々には、このページにかなり驚かれたのではないでしょうか?

大企業、有名企業、公的機関から日々これだけの情報が流出しています。もはや、対岸の火事では絶対にありません。そして、この不況・・・


2そんな時、DTSのクライアントセキュリティソフトウェアのQuick On Security(クイックオンセキュリティ)を思い出してください。




ローコストで、鉄壁のセキュリティ。現在、お使いのWindows XPをそのまま使用できます。DTSキャッシュを用いて書込禁止を行っているため、復元用バックアップを使って
復元させるタイプと異なり、ハードディスク領域を消費せず、導入後もローコストを持続できるのです。


1それにしても、毎日の情報流出、多いです。Quick On Securityの「復元ポイント」をクリックで、セキュリティを。

Quick On Securityの「復元ポイント」について

つくば市について5

見出し09423DTSの本社がある、茨城県・つくば市。つくば市は茨城の南西部にある街です。なんと言っても、1985年(もう24年前なんですね)の「国際技術博覧会」(いわゆる「科学万博」)で有名です・・・


1<< つくば市のサイト
また、つくば市は国内最大級の「サイエンスシティ(筑波研究学園都市)」。約300に及ぶ研究機関・企業と約1万3千人の研究者を擁する都市です。









さてもうすぐゴールデンウイークがスタートしますが、このつくば市でも「つくばフェスティバル」なるイベントが開催されるようです(が、こちらはゴールデンウイーク後の5/9〜の開催)つくば市らしく、科学をテーマとしたお祭りのようです。



2<< 「つくばエキスポセンター」のサイト
つくば市ではこうした、科学がテーマのイベント、フェスが多く開催されています。科学万博の跡地に建設された「つくばエキスポセンター」でも、去年秋には「つくば科学フェスティバル」が開催されました。








3なんと言っても呼び物は、あのノーベル物理学賞を受賞された、高エネルギー加速器研究機構の小林誠教授の講演。なかなかこういった講演をライブで体験できるのは貴重です。



いまこのブログを書いているのは、東京、上野のDTSなのですが本社のあるつくば市までは、ご存知つくばエキスプレスでわずか45分(終点の秋葉原まで)。



つくば市に関するエントリーは、これからも時々お送りしていきます!こういったエントリーからも、DTSを知っていただきたく思います。

DTSプロダクトのStorage(ストレージ)のラインナップ5

見出し09422さて先日、2009年のDTSプロダクトのサーバラインナップの中心にSuperMicroをベースにしたDTS C4サーバのことをお知らせしました。さて、Storage(ストレージ)のラインナップは・・・


DTS MCell RAIDは、Xyrantex社・Infortrend社・AXUS社製品をベースにご提供予定。

各社の製品に、ハイブリッドメモリーディスクMCellを搭載したスペシャルなストレージ群がDTS MCell RAIDシリーズです。



AXUSAXUS社


LOGOInfortrend社


ヘッダーXyrantex社


システムAXUS社の製品は、既にキャンペーンモデルでもおなじみです。4U Rackmount YB-24S3EF(24bayタイプ)AXUS社のこのモデルに、MCell120GBが4台搭載されますのでそのパフォーマンスは驚異的です。


各社のどの筐体をペースにするかは、サーバと共に選定中。MCellを搭載することにより、最もパフォーマンスがアップする、最もMCellとマッチするモデルを選出予定です。ご期待ください。

※このエントリーに使用している会社名、製品名、使用ロゴ等は各社の商標または登録商標です。


DTSのソフトウェアは、インストールが簡単なのです。5

見出し09421映像によるC4のデモンストレーション撮影のために、Platinum cache C4のインストール画面を撮影しています・・・


DTSのソフトウェア製品は、インストールがとてもわかりやすいとご好評いただいております。クライアントセキュリティソフトウェアの「Quick On Security(クイック・オン・セキュリティ)」なども同じですが、ウイザードに従っていくだけです。その後の操作のステップ数も極限まで少なくしています。

1C4のディスクには、インストールマニュアルも付いています。









2ただし、ウイザードに従っていくだけで容易にインストール可能ですので、本当のところ(?)マニュアルは不要なくらいです。








3よくソフトウェアのインストールをしていると「●●がインストールされていません。●●をインストールしてから再度、インストールしてください」などとアラートが出てきたりします。ああいったことの無いのがDTSのソフトウェア。ユーザビリティには、自信アリです!


今回撮影しているのは、C4のWindows XP版。サーバマシンでなくとも、サクサクさが実感できます。

Platinum-Cache C4 Server >>

20TBモデルのキャンペーンも5月末日まで続行中です!5

見出し09420今日のエントリーは、キャンペーンに関するお知らせです。先日スタートしました「DTSハイブリッドRAID 30TB キャンペーン」。



3もちろん「DTSハイブリッドRAID 20TB キャンペーン」も5月末日まで引き続きますので、こちらの方もぜひご検討を。(20TBキャンペーンが終了して、30TBキャンペーンがスタートするわけではありません)




というわけで、改めて20TBキャンペーンモデルの情報は下記へどうぞ。

2詳細ページはこちらへ>>













1パンフレット(日経SYSTEM掲載雑誌広告)PDFダウンロードはこちらへ>>







C4のテスト映像の編集進行中です!公開まで今しばらくお待ちくださいませ。

SuperMicro+DTS C45

見出し09417さて、先日からお知らせしております、2009年のDTSプロダクト。サーバのラインナップの中心には、SuperMicro(スーパーマイクロ)をベースにしています。


dts-1.comには、代表的なラインナップのみを掲載予定で、現在、掲載するラインナップを選定中です。


1




2




3




マザーボード、サーバー、ブレードサーバー、そしてTowerサーバーのすべてにSuperMicroのラインナップをベースにして、DTSの高コミュニケーションソフトウェアC4を搭載した、他社とは違う、DTS独自の強力ラインナップをご用意。


昨日のエントリーでは、DTS製品のベンチマークテスト結果の公開(ホワイトペーパー)について書きましたが、まずはC4の製品カタログをダウンロードしていただき、カタログ裏面のテスト結果のグラフなどをご覧ください。


というところで、日本国内のブログの数がまだまだ右肩上がりで、続々と増加中というニュースを読みました。ブログはPCだけではなく、携帯もあるわけです。そして、話題のプロフなどもブログと同じ系統。そう。C4はそんな数KBという小さなサイズデータを扱うサーバにもハマります。携帯のブログなどは、かなり頻繁にInsert、Deleteが行われます(女子高生が、ものすごい早打ちでプロフを何度も書き直ししている状況を思い浮かべてみてください!)
これが、DTSの(C4の)メモリ処理で高速化されます。



C4の図


DTSラインナップ、ぜひともご期待ください!

C4のカタログダウンロードはこちらです>>




「製品情報ダウンロード」ページにご注目ください!5

見出し09416DTSの製品に関する各種PDFファイルをダウンロードしていただける「製品情報ダウンロード」ページ。本日、こちらに新たにファイルをアップしました。


2先日よりスタートしましたキャンペーン「MCell RAID SYSTEM 30TB 」のPDF版パンフレットとなります。「雑誌広告」の欄に掲載されています。ぜひダウンロードを。














1
さてこの「製品情報ダウンロード」ページでは、DTS各製品カタログのダウンロードの他、「ベンチマークテスト結果」などもダウンロードが可能なのです。

現在は、仮想化のVMwareとDTS MCellのコンビネーションで、Windows XP(日本語版XPと、英語版XPの両方をテストしています)を使用したテスト結果。その驚異的な結果をぜひご覧くださいませ。我々DTSでは、こうしたテスト結果などを、カタログや広告に掲載するだけではなく、ホワイトペーパー(White paper)として公開しています。100の言葉よりも、まずはこうしたテスト結果をご覧いただきたい・・・製品に絶対の自信を持つ、DTSのPR方法のひとつなのです。


製品情報ダウンロードページへ
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード