DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

2012年04月

GW中の営業日ご案内と、次回「海外事業交流会」ご案内。

mds_12427今週ラストのエントリーとなります。今日は2つのお知らせを。まずは、ゴールデンウイーク中の営業についてのお知らせです。



4月28日(土)〜4月30日(月)  休業

5月1日(火)〜5月2日(水)   通常営業

5月3日(木)〜6日(日)   休業


暦(こよみ)どおりの営業とさせていただきます。宜しくお願いいたします。


続きまして、次回の「海外事業交流会」のスケジュールが決定いたしましたので、こちらもお知らせさせていただきます。

第5回 海外事業推進交流会

【日時】 平成24年5月9日(水) 19:00〜21:00

【場所】 DTS株式会社 東京支店
      東京都台東区東上野3-39-5第一地所上野ビル5階 地図はこちら

【定員】 30名

【費用】 2,000円

【お申込】 下記アドレス 又は メール ( cs@dts-1.com ) にて
       http://kokucheese.com/event/index/35632/      

プレゼンテーションをご希望の方は、資料のご準備をお願いします。
プロジェクターをご用意しておりますので、PC等のお持ち込みも可能です。

プレゼンテーションは、お一人5分程度でお願いしております。

「海外事業交流会」会場の様子です

35632_photo1










さて、明日からゴールデンウイークという方が多いかと思います。前半はお天気もまずまずということですので、気持ちの良いこの季節のこの時間をどうぞ有意義にお使いくださいませ。
良い休日を!

DTSブログ次回更新は、5月1日(火曜)となります。

日本・パキスタン国交樹立60周年記念レセプション

mds_12426本日、「日本・パキスタン国交樹立60周年記念レセプション」(主催:パキスタン大使館)が開催され、我々DTSもご招待を受け出席させていただきました。


今日のエントリー担当は、DTSの「 I 」となります。ミニレポート風(?)にご紹介させていただきます。


「日本・パキスタン国交樹立60周年記念レセプション」会場は、ホテルオークラ東京。18時30分から開始だったのですが、DTSにパキスタンからの来客があり、ホテルに着いたのは1時間遅れになってしまいました。

1

















ちょうど会場に入った時に、壇上では、玄葉外務大臣がお話をされているところでした。玄葉大臣は、先日のパキスタンでの日本観光客足止めの時に、日本に向かうチャーター便の出発時間を過ぎても、日本観光客が遅れて空港に到着しなかった時に、全員が揃うまで待っていてくれたので、全員無事に日本に戻る事が出来た事に感謝します、という内容のお話をされていました。

2
















レセプションの出席者は、日本人の方とパキスタンの方が半々ぐらいの割合です。そんな中、会場で目立っていた方がいらっしゃいました。4月29日(日)に栃木県立田沼高等学校で、日本とパキスタンのクリケットフェスティバルが開催されるそうで、そのフェスに参加するクリケットチームの選手の方達も出席していて、とても賑やかでした。

3











お土産としていただきました「パキスタンの塩」。まだ試食していないのですが、黒塩は初めて見るので、どんな味なのかかなり興味津々なのです。「ヒマラヤ岩塩(印象に残る個性的な味)」とありますが、個性的な味とはいったい・・・?(後日、試食後の感想を掲載させていただきます!)

4

「海外事業推進交流会」にご参加ありがとうございました

mds_12425本日は「海外事業推進交流会」にお集まりいただきまして誠にありがとうございました!


本日の詳細、次回開催予定は明日以降のブログにてご報告させていただきます。加えまして、「海外進出応援の会」名称が「MIKOSHIの会」に変更されることになり、こちらも明日以降のブログにて詳細をご報告させていただきます。


1高橋宏尚(Dr.Takahashi)
DTS CEO 工学博士









2Irfan Siddiqui
DTS本社取締役 パキスタン支社 CCO









3Dr.Khalid Mahmood










4ご参加のアシフ様
パキスタンの技術者の方です

明日のご参加をお待ちしております!

mds_12424明日は「海外事業交流会」が開催されます。単なる「異業種交流会」とは異なり、参加の方みなさまのプレゼンテーションが中心となり、充実した会合となっています。みなさまのご参加をお待ちしております。



最近の報道では、政治の混乱のニュースに隠れて以前ほど報道されなくなった感のある「TPP(環太平洋経済連携協定)」。以前のエントリーでも「海外販売ナビ」がこのTPPを積極的に考え、お手伝いをさせていただきますことをお伝えしました。報道では、海外からの輸入に関する問題が主にとりあげられて
いましたが、日本から海外への輸出に関しては、大きなチャンスでもあります。

「海外進出応援の会」でも、このTPPを最重要なポテンシャル地域として考え、TPP諸国に日本製品を積極的に展開する方針を打ち立てています。

TPP参加国(wikiペディアより)
緑・・・現在のTPP参加国
オレンジ・・・TPP参加交渉国

tpp








TPP参加国は、アメリカ、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド(2006年)。オーストラリア、ペルー、アメリカ、ベトナム、マレーシア、そして日本(現在)。

そして、TPP参加国別に日本製品輸出の可能性が高い製品を予想してみましょう。

アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドは、伝統文化製品、「和」を感じさせる製品(着物、和のカバン、扇子など。着物に関しては、アメリカと中東との嗜好性の違いを以前のエントリーでご紹介しました。)

シンガポール、ブルネイ、ベトナム、マレーシアは、最新の技術製品、特許製品、電子機器、
エネルギーやエコロジー商材など。

チリは、電子機器、半導体、最新の技術製品、特許製品。

マスコミではネガティブな面が大きく取り上げられていますが、ぜひともこれを日本の産業のチャンスと見立ててください。明日の「海外事業交流会」では、また新たに世界各国に輸出の可能性がある日本の製品、サービスのお話ができるかと思います。


INFORMATION

「海外事業推進交流会」開催のお知らせ

【日時】

第4回 2012年4月25日(水)19時00分〜21時00分

【場所】DTS株式会社 東京支店
(東京都台東区東上野3-39-5 第一地所上野ビル5階)地図
【定員】30名(先着順)
【費用】2,000円(税込)



「海外事業推進交流会」とは?

・海外事業推進を行うための情報交換をする交流会です。
・海外進出としてのCool Japan活動以外に、海外からの来日ユーザーの推進として、Visit Japanも歓迎いたします。
・各企業様の情報交換の場として、自社プレゼンテーションを受け付けています。
・また、具体的な海外推進の方法論も、入手可能です。
・高橋博士の、他では聞けない、ここだけの話(海外情報、経済情報、IT情報など、交流会でしか語らない内容です)も拝聴可能です。

もちろん、どのような職種の方もご参加大歓迎でございます。また、この「海外事業推進交流会」の特徴といたしまして、ご参加いただく方々のプレゼンテーションが可能となっております。プレゼンテーションをご希望の方は、資料のご準備をお願いします。プロジェクターをご用意しておりますので、PC等のお持ち込みも可能です。プレゼンテーションは、お一人5分程度でお願いしております。


お申し込み・お問い合わせは下記アドレス又は メール ( cs@dts-1.com ) へ

第4回お申し込み・詳細





今週もDTSブログをよろしくお願いいたします!

mds_12423今週もDTSブログをよろしくお願いいたします!今日は雨の月曜でしたが、明日は初夏を思わせる快晴とのことです。


今週は、25日(水曜日)に「海外事業交流会」が開催されます。ゴールデンウイーク前最後の開催となりますので、ぜひご参加をお待ち申し上げております。

●海外事業交流会の様子の動画はこちらです。ご参加の方々のプレゼンテーションのダイジェストです。
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1460980.html


さて、本日、IPA(情報処理推進機構)から「ソフトウエア等の脆弱性関連情報に関する届出状況(2012年第一四半期 1月〜3月)」が公表されました。今年に入って初めての公表です。

詳細はこちら
http://www.ipa.go.jp/about/press/20120423.html
IPA















報告によると、相変わらず、届出数のうち大半がWEBアプリケーションに関するもので、これはこれから100%に近い割合になっていくと思われます。スマホやタブレットの急浸透によりWEBアプリケーション関連の脆弱性は増加し、そしてさらに多種多様になっていくことが予想されます。

さて、そのスマホやタブレット、先日からAndroidアプリケーションからの情報漏洩が一般のニュースでも報道され続けています。今回のIPAの報告にもあるように「アクセス制限の実装上の不備」により情報漏洩に繋がるものが増加し、過去一年のスマホアプリ全体の実に85%を占有。

WEB運営、管理、WEBアプリケーション開発に携わる方々のセキュリティ対策だけだった今までに加え、「スマホアプリの開発」に携わる方々のセキュリティ対策も急務となっています。
Androidアプリは自由性のありますが、反対にそういった怖さも潜んでいます。Appleのアプリと違い、チェック体制もまだまだ手探りのような状況が続いているのではないでしょうか。


INFORMATION

「海外事業推進交流会」開催のお知らせ

【日時】

第4回 2012年4月25日(水)19時00分〜21時00分

【場所】DTS株式会社 東京支店
(東京都台東区東上野3-39-5 第一地所上野ビル5階)地図
【定員】30名(先着順)
【費用】2,000円(税込)



「海外事業推進交流会」とは?

・海外事業推進を行うための情報交換をする交流会です。
・海外進出としてのCool Japan活動以外に、海外からの来日ユーザーの推進として、Visit Japanも歓迎いたします。
・各企業様の情報交換の場として、自社プレゼンテーションを受け付けています。
・また、具体的な海外推進の方法論も、入手可能です。
・高橋博士の、他では聞けない、ここだけの話(海外情報、経済情報、IT情報など、交流会でしか語らない内容です)も拝聴可能です。

もちろん、どのような職種の方もご参加大歓迎でございます。また、この「海外事業推進交流会」の特徴といたしまして、ご参加いただく方々のプレゼンテーションが可能となっております。プレゼンテーションをご希望の方は、資料のご準備をお願いします。プロジェクターをご用意しておりますので、PC等のお持ち込みも可能です。プレゼンテーションは、お一人5分程度でお願いしております。


お申し込み・お問い合わせは下記アドレス又は メール ( cs@dts-1.com ) へ

第4回お申し込み・詳細



「海外進出応援の会」会員につきまして

mds_12420今週ラストのエントリーとなりますDTSブログです。昨日のエントリーでもお知らせいたしました「海外進出応援の会」


日本の中小企業が持つ、技術・品質・美術・和のこころ等を会員から募り、投票によって選出された企業、あるいは個人を、海外に発信する支援を会員で行います。海外進出の実現を目的とします。

BN



本日のエントリーでは会員についてお知らせいたします。
「海外進出応援の会」の運営は基本的にすべて会員のみで運営されます。また、入会は既存会員様あらの推薦状の受理をもって受付されます。海外進出を希望する企業様、もしくは日本の美術・芸術・コンテンツを海外に発信したい個人様、あるいはその関係者様で構成されます。

newmember















●会員登録は、年会費15,000円を本部にお支払いいただき、登録が行われます。(期間:2012年4月1日から2013年3月31日)

●外部協力組織様(協力者様)を本部は受け入れ、海外進出の協力体制を敷きます。基本的には以下の4分野を想定しています(必要に応じて逐次拡大)

1 金融機関投資家
2 国内大手企業
3 技術評価組織
4 知財・特許評価組織

●技術・芸術などの選出方法として、会員様は専用のwebサイトに200字以内で、自分もしくは推薦の技術、芸術、美術を紹介が可能となります。また、毎月協会本部にて集計して、本選のオーディション審査に進める準備を行います。(参加が多数の場合、本部にてスクリーニングを実施。限定させていただく場合があります)

選出のプロセスは以下となります。

process















選出が決まった場合の応援項目は以下となります。

●海外提携先の斡旋
●国内大手企業との共同海外進出の斡旋
●海外企業とのジョイントベンチャー設立指導
●外部金融機関の斡旋
●技術・知財評価


また、応援の期間は投票によって推薦された企業様、もしくは個人様を海外で活動するための規定
応援項目選出後、12ヶ月間に渡り継続するものといたします。

これからもこのブログでも「海外進出応援の会」関連のエントリーをお送りする予定です。まずは、公式ページをご覧ください。

今週もDTSブログをご覧いただきまして誠にありがとうございました。来週は「海外事業交流会」も開催。みなさまのお越しをお待ちしております!

INFORMATION

「海外事業推進交流会」開催のお知らせ

【日時】

第4回 2012年4月25日(水)19時00分〜21時00分

【場所】DTS株式会社 東京支店
(東京都台東区東上野3-39-5 第一地所上野ビル5階)地図
【定員】30名(先着順)
【費用】2,000円(税込)



「海外事業推進交流会」とは?

・海外事業推進を行うための情報交換をする交流会です。
・海外進出としてのCool Japan活動以外に、海外からの来日ユーザーの推進として、Visit Japanも歓迎いたします。
・各企業様の情報交換の場として、自社プレゼンテーションを受け付けています。
・また、具体的な海外推進の方法論も、入手可能です。
・高橋博士の、他では聞けない、ここだけの話(海外情報、経済情報、IT情報など、交流会でしか語らない内容です)も拝聴可能です。

もちろん、どのような職種の方もご参加大歓迎でございます。また、この「海外事業推進交流会」の特徴といたしまして、ご参加いただく方々のプレゼンテーションが可能となっております。プレゼンテーションをご希望の方は、資料のご準備をお願いします。プロジェクターをご用意しておりますので、PC等のお持ち込みも可能です。プレゼンテーションは、お一人5分程度でお願いしております。


お申し込み・お問い合わせは下記アドレス又は メール ( cs@dts-1.com ) へ

第4回お申し込み・詳細






「海外進出応援の会」

mds_12419今日のエントリーでは「海外進出応援の会」の発足をお知らせいたします。



「海外進出応援の会」は、海外販売ナビ運営、海外支社を持つDTS CEO高橋宏尚が代表となって運営される会となっております。

「海外進出応援の会」概要・お申し込みはこちらです。
http://www.dts-1.com/opsa.html
BN





バックグラウンド
日本の企業のうちの約99.7%が中小企業で、大手企業は資本力を基に積極的な海外事業展開しているのと火買うし、中小企業の海外進出は浸透していません。「技術があっても、海外進出が困難」な状況です。

日本の中小企業が持つ、技術・品質・美術・和のこころ等を会員から募り、投票によって選出された企業、あるいは個人を、海外に発信する支援を会員で行います。
海外進出の実現を目的とします。

対象分野は多種に渡ります。

kaigai












DTSでは、昨年の「海外販売ナビ」の立ち上げ以来、中小企業様、個人様の海外進出をお手伝いさせていただいております。ご賛同いただけますみなさまのご入会をお待ち申し上げております。

明日のエントリーでは、「海外進出応援の会」会員様についての具体的な詳細をお知らせいたします。



生物と振動、周波数の関係性とITテクノロジー

mds_12418今日は一般的なお話としてのエントリーとなります。みなさんはペットを飼っていますか?あるいは、何かしらの植物を育てていますか?



犬笛が発することのできる音の周波数の範囲は、ヒトの可聴範囲を大きく上回っている。概して、犬笛は16000Hzから22000Hzの音を出せるが、人間の耳は20000Hzの音までしか聞き取ることができない。(wikiペディアより)


ここにもあるように、犬笛の音は実際には人間の耳には聞こえない周波数で発せられる音です。最近では、この犬笛の音のファイルがダウンロードできるサイトなどもあります。これなら、スマホに犬笛の音声ファイルを保存しておいて、再生すれば犬が反応するわけです。
http://www.jetcityorange.com/dog-whistle/japanese.html

dog









またこれも犬を飼っている方ならご存知の製品なので「蚊を寄せ付けない周波数を出すアクセサリー」のようなものも人気があるようです。夏の蚊に限らず、ノミをよせつけない周波数を出すものも。

あるいは、猫を飼っている方ならあの「ゴロゴロ」という鳴き声はお馴染みです。まだハッキリとは科学的に証明されていないのですが、あれは猫が身体のどこかを治癒するための振動を起こしているとも言われています。あの猫のゴロゴロとまったく同じような振動を起こすマシンが、プロのアスリートの怪我の治療にも使用されている例もあります。

さらにこの生物と周波数、振動の関係性は、犬や猫に限りません。「植物にやさしく話しかけたり、音楽を聞かすと、発育が良くなる」という話は有名です。実際に岡山大学で研究されているサイトを発見しました。
http://mama.agr.okayama-u.ac.jp/kenkyu/96/kohei/yousi.htm

これらは、「周波数」「振動」そして「電磁波」などによって起こる現象です。ただし、音楽は音波であり、振動とは異なります。

このあたりの生物と振動、周波数の関係性もITテクノロジーを利用すればさらに、リアリティのある、現実的な、日常的な使い方ができるかもしれません。


IT はアンダーテーブルなのです

mds_12417今日のエントリーでは「海外販売ナビ」以外のDTSプロダクツのことをお知らせしてみようかと思います。


DTSがデータ・トランス・ミッションテクノロジーの製品化をスタートさせて数々のストレージ、Webセキュリティ、セマンテックセキュリティやエンジンの開発をしてきました。

そして、ITが本当の意味で世界で浸透されました。このITがリアルにツールとして使用されている現代。現在、DTSのITテクノロジーは「アンダーテーブル」
=技術開発を推進し、最終的に企業の核を支える技術・製品を生み出す
として人に対してのコミュニケーション処理技術を開発しています。


コンピュータ市場以外において、コミュニケーション処理技術が必要なアイテムは星の数ほどあります。

goahead










例えば、車。例えば、店舗。例えば、医療。あるいは、ペットとの生活・・・


DTSのテクノロジー開発の理念である「トータルバランスの取れたシステム」を使用してみなさんのこういった「普段の生活」でDTSのテクノロジーが使用されているものが既に存在し、これからもより多くのプロダクツでお目にかかれるかと思います。

既に「海外販売ナビ」のECサイトであるGlocalizationbiz.comもDTSが開発した各国のお客様と販売するみなさまのコミュニケーションのためのテクノロジーが使用されています。


INFORMATION

「海外進出応援の会」が発足されました。こちらに関しましては、明日詳細をお知らせいたします!



「海外事業推進交流会」開催のお知らせ

【日時】

第4回 2012年4月25日(水)19時00分〜21時00分

【場所】DTS株式会社 東京支店
(東京都台東区東上野3-39-5 第一地所上野ビル5階)地図
【定員】30名(先着順)
【費用】2,000円(税込)



「海外事業推進交流会」とは?

・海外事業推進を行うための情報交換をする交流会です。
・海外進出としてのCool Japan活動以外に、海外からの来日ユーザーの推進として、Visit Japanも歓迎いたします。
・各企業様の情報交換の場として、自社プレゼンテーションを受け付けています。
・また、具体的な海外推進の方法論も、入手可能です。
・高橋博士の、他では聞けない、ここだけの話(海外情報、経済情報、IT情報など、交流会でしか語らない内容です)も拝聴可能です。

もちろん、どのような職種の方もご参加大歓迎でございます。また、この「海外事業推進交流会」の特徴といたしまして、ご参加いただく方々のプレゼンテーションが可能となっております。プレゼンテーションをご希望の方は、資料のご準備をお願いします。プロジェクターをご用意しておりますので、PC等のお持ち込みも可能です。プレゼンテーションは、お一人5分程度でお願いしております。


お申し込み・お問い合わせは下記アドレス又は メール ( cs@dts-1.com ) へ

第4回お申し込み・詳細



海外事業推進交流会 (2012年3月28日)プレゼンテーション・ダイジェスト動画

mds_12416今週もDTSブログをよろしくお願いいたします!




週初めの本日のエントリーでは、3月28日に開催されました「海外事業推進交流会」でのご参加のみなさまのプレゼンテーションのダイジェストを動画にてご覧ください。

ご参加のみなさまの興味深いプレゼンテーションの様子、当日の雰囲気が伝わる動画になっております。(順不同となっておりますのでご了承くださいませ)







「海外事業推進交流会」

【日時】

第4回 2012年4月25日(水)19時00分〜21時00分

【場所】DTS株式会社 東京支店
(東京都台東区東上野3-39-5 第一地所上野ビル5階)地図
【定員】30名(先着順)
【費用】2,000円(税込)



「海外事業推進交流会」とは?

・海外事業推進を行うための情報交換をする交流会です。
・海外進出としてのCool Japan活動以外に、海外からの来日ユーザーの推進として、Visit Japanも歓迎いたします。
・各企業様の情報交換の場として、自社プレゼンテーションを受け付けています。
・また、具体的な海外推進の方法論も、入手可能です。
・高橋博士の、他では聞けない、ここだけの話(海外情報、経済情報、IT情報など、交流会でしか語らない内容です)も拝聴可能です。

もちろん、どのような職種の方もご参加大歓迎でございます。また、この「海外事業推進交流会」の特徴といたしまして、ご参加いただく方々のプレゼンテーションが可能となっております。プレゼンテーションをご希望の方は、資料のご準備をお願いします。プロジェクターをご用意しておりますので、PC等のお持ち込みも可能です。プレゼンテーションは、お一人5分程度でお願いしております。


お申し込み・お問い合わせは下記アドレス又は メール ( cs@dts-1.com ) へ

第4回お申し込み・詳細

Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード