DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

2013年09月

9月の動画まとめエントリー

mds_kihong今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします!さて、今日で9月も終わり。少しづつですが、秋めいた日も多くなってきました。


というわけで、週初めの今日は 9 月のエントリーから、動画での話題をピックアップ。それにしても、一ヶ月・・・というか、一年早いですね・・・。


9月前半は、8月に開催の<パキスタン ISEZ(国際特区)セミナー>のレポートエントリーが続きました。Dr.Talat Imtiaz様(経済大臣)のスピーチ一部抜粋した動画です。
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/2013-09-03.html




「EXPO パキスタン 2013」にも出展された「アクモキャンドルの原理」の動画。簡易版 PV。簡単なキットを組み立てて、水につけるだけで光ることがわかります。
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/2013-09-19.html




「アクモキャンドルの原理」の動画。社内ミーティングでの DTS CEO 高橋(工学博士)の説明の一コマです。
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1580189.html





10月のエントリーでは、みなさんお待ちかねの「EXPO パキスタン 2013」のレポートもお送りできる予定です。お楽しみに!

今週も DTS ブログをご愛読いただきまして ありがとうございました!

mds_2013_9_27今週も DTS ブログをご愛読いただきましてありがとうございました!今日は週末エントリーということで、先週末発売になった iPhone 周辺の話題などをお送りします。


今日のブログ担当の私も、ご多分に漏れず(?)、早速入手。今回は、言われる程は品薄というわけでもなく(ただし、ゴールドだけが供給不足になっているようですが)、比較的早く手にしている方が
多いようです。

キャリア 3 社からの発売となった新たな iPhone。ネットでは 3 社の通信スピードや在庫などが話題となっています。今のところ、ドコモの販売数スタートが遅いようですが、これは iPhone や Apple ユーザーは最初からソフトバンクでフィックスしているためと考えられていて、今まで iPhone ユーザーではなかったユーザー・・・(つまり、この層が非常に多いわけです)・・・が何かのきっかけで急激に iPhone に、「スマホ = iPhone」という流れになる可能性も考えられるわけです。

また、ドコモは iPhone でおサイフケータイ機能を開発しているという噂などもあり、ガラケー時代と同様に、キャリア毎の iPhone というものが誕生していく可能性も。

指紋認証によるロック解除
shimong
















さて、肝心の新機種ですが、やはり最も目立つのが指紋認証によるロック解除。こちらですが、「一度慣れると、もうパスワード入力は面倒でやりたくない」状況になってしまいました・・・。Apple は他のパスワード入力操作もすべて指紋認証で、と考えているようです。

指紋認証の安全性についてはまだまだ未知数ですが、単純にユーザー側からすると便利この上ない機能でしょう。



それではまた週明けにお会いしましょう!良い週末をお過ごしくださいませ。
(本日のエントリー担当:DTS Y)

メイドインジャパンのモノを海外で「守って」作る

mds_2013_9_26消費税や東京オリンピック開催などのニュースと共に、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の報道もまた日々動いています。


TPPで関税が掛からないと決まった段階で、日本の農産物や海産物も海外で生育させるのはどうか、といったことを考えているのが DTS です。

今年の夏の初めにこのブログでご紹介した「DTS SAYAKA プロジェクト」。SAYAKA (さやか)は、日本米のブランド名。DTS の銘柄です。この SAYAKA の生産地はパキスタン。種籾は、コシヒカリ。パキスタンのシンド州の米の生産は今年じゅうに20万トン〜50万トン増加することを米穀輸出国協会が予想しています。そして、パキスタンは自然災害による農産物の被害はほとんどありません。


DTS SAYAKA
c631834d





















海外で育成したものを日本に輸入。メイドインジャパンのモノを海外で「守って」作るといった考えです。

これは農産物に限ったことではなく、例えば魚介類。100%養殖で・・・つまり、陸で海の魚・・・例えば現在ではマグロでさえ養殖することが可能になっています。現実に、一般企業でも養殖は俄然注目が集まっています。

昨日は温泉を利用した発電のお話をしましたが、視点を変えてモノづくりをしていけば、メイドインジャパンはさらに世界に誇るべきものとなっていくと思います。

地熱発電。温泉発電。

mds_2013_9_25様々な原発の話題と並行して、新たなエネルギーの話題も日々、様々な話題として聞くようになってきました。


我々 DTS が現在注目しているエネルギーが、様々な自然発電(再生可能エネルギー)の中でも我々の自立分散ネットワークを使用した「地熱発電」。

地熱は、力率で言えば最も高いのをご存知でしょうか?因みに太陽光エネルギーはシリコンバッテリー(太陽光パネル)で発電しますが、決まった電圧の中でしかジャンプできません。エネルギー効率は平均で11%程度。例えば風力発電の場合、エネルギー効率は約 20% 程度。

これが、発電を地面の熱からという方法ですと、驚くべきことにおよそ 75%。まったく比較になりません。

では、なぜ、地熱発電がまだ実現化されていないのでしょうか?現在は、アイスランドのみが地熱発電を実際に運用しています(米国でもスタートしていますが、まだまだ限られた範囲。まったくマイナーな方法です)。

3km の穴を掘って(ボーリング)、地質調査をして、地域に申請(申請通過まで数年)、国立公園が近い場所の場合、そちらの関連の申請も必要となり、10年〜20年までかかってしまうことになります。火山国である日本で地熱発電が現実的に運用できないというのはかなり勿体無い話ではあります。

そして、地熱発電の初期費用は当然、億単位の予算が必要となります。しかし、日本には「温泉」といううってつけの場所があるのです。温泉は当然、地熱発電ほどの予算はかかりません。つまり、「温泉発電」です。これは日本だけではなく、世界じゅうに温泉は存在しているわけですからこれを見過ごすテはありません。

今まで発電所というと、何百億の話でしたが、「温泉発電」なら、少しの予算で済みます。温泉発電で、50kw出る計算として、通常の太陽光パネルの約 50件分出来る計算となります(太陽光パネルだと1件あたり、約 1 Kw)。そして、昼夜関係なく発電可能です。

地熱発電のお話はまた機会ある毎にこのブログで-



「EXPO パキスタン 2013」明日より開催!

mds_2013_9_24今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします!昨日が祝日のため、先週に続き今週も一日遅い火曜スタートとなります。みなさま、連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?


さて、いよいよ「EXPO パキスタン 2013」が明日(26日)から29日までパキスタンはカラチにて開催されます。


主催はパキスタン貿易開発庁(TDAP=Trade Development Authority of Pakistan)。

日本商工会議所様のサイトより詳細から抜粋させていただきます。

主催:        パキスタン貿易開発庁(TDAP)
Trade Development Authority of Pakistan
日時:        2013年9月26日〜29日
開催地:      パキスタン、カラチ
公式ウェブサイト: http://www.expopakistan.gov.pk/
予定:        (2012年開催ハイライトより)
a. 15,000人超の来場者
b. 5億1千800万USドル以上のビジネスが成立
c. 52カ国から約600名のバイヤー参加
d. 6ホールに355のブース


そして、主催である TDAP よりプロモビデオが届きましたのでぜひ御覧ください!








関連記事

DTS パキスタンと 「国際 EXPO センター」

EXPO パキスタン 2013

Aqumo Candle 動画

パキスタンのバッグ〜EXPOパキスタンにて

7th EXPO Pakistan(第7回パキスタンエキスポ)会場エントランスにて

ビッグデータの本質

mds_2013_9_20今週も DTS ブログをご覧頂きましてありがとうございました!今日は、どのメディアでも新しい iPhone の発売のニュースで盛り上がっていました。


携帯キャリアがいよいよ 3 社となり、日本では必然的に iPhone のユーザーが増えることが予想されます。その OS である iOS も昨日に大刷新され、今日のブログ担当の私も試用してみましたが、かなり
ユーザーの利便性を意識している優秀な OS だと強く感じました。


さて、今日は先日の社内ミーティングでの DTS CEO 高橋(工学博士)のビッグデータのお話です。

さて、ご存知のように世間はビッグデータで盛り上がっています。ビッグデータそのものよりも、ビッグデータを使用したアプリケーションがどこにあるか?といったことが一番重要だと思います。

とりあえずビッグデータというと、サーバ、ストレージ含めてビジネスとして売り込む企業が多いのですが、本質は明らかで、「ビッグデータを使用したら何ができるのか?」これが一番のポイントだと考えています。

例えば、去年、大手企業発行のカードの顧客トラッキング情報を、別の大手企業にすべてをオープンにする(売却する)といったことで問題となりました。(結局、実行されずに終わりました)

「匿名であり、個人情報ではない」確かにそうかもしれません。明確にプログラミングされたアプリケーションが既に開発されていたら、少し異なったベクトルの話になっていたかもしれません。名簿の売買のような話になるとそれは本質から大きくずれていくような気がします。

名簿は単なる台帳上の話です。でも、そこには時間軸であるとか、属性軸が内在していますので、その内在するものを使用して何ができるのか?に価値があるのです。

現在、まだまだ「ビッグデータをどう使うのか?」については出来ていない状況だと思います。データの本質をどう変えて使っていくのか、に本質があります。まさに我々 DTS が以前から考えていたこと、オントロジー技術他 が実行できる時期に来ていると思っています。


先週と同様、今週もまた 3 連休。良い週末をお過ごしくださいませ。
次回更新は9月24日(火曜)となります。


関連記事

日本の産業を巡る現状と課題を解決する企業集合知の創造・エントリーまとめ

Aqumo Candle 動画

mds_2013_9_19今日のエントリーでは、先週ご紹介しました「EXPO パキスタン 2013」の出展製品の水に浸すだけで光るライト「Aqumo Candle」の会場で使用予定の動画を公開させていただきます。







Aqumo Candle(アクモキャンドル) 関連記事

Aqumo Candle(アクモキャンドル)〜EXPO パキスタン2013出展製品

Aqumo Candle(アクモキャンドル)の仕組み

10円玉と1円玉でも点灯します(アクモキャンドルの原理)

EXPO パキスタン 2013

EXPO パキスタン オフィシャルサイト(英文)

Ontology based highly accurate URL Filtering・2

mds_2013_9_18今日のエントリーでも、DTS の新たなプロダクトである Ontology based highly accurate URL Filtering についてご紹介してみたいと思います。



Ontology based highly accurate URL Filtering は、隠れたパターンを分析します。そして、SNSでやっていることでこれは hadoop も使用します。お馴染みビッグデータの使用した hadoop でデータを取得して比較。DTS のオントロジー技術とスクリプトを使用することになり、既にモジュールの構築段階に入っています。


このモジュールにかけていただくことになります。実際にここに必要な URL を入力していただければ、モジュール側のアウトプットが出ます。

DTS 社内 Meeting でのプロジェクターより
1

















"one file is generated for each URL by name of Sentiment"

ファイルはSentimentの名前によって各URL毎に生成されます。

Sentiment とは、その時の状況で、ポジティブなのかネガティブなのか、或いはプラスで動くのかマイナスなのかを、記事であるとか、SNS のコメントをクロールしてジャッジするということです。

対象となるサイトを見ると、そのサイトで見た時のコメントなども拾ってきます。例えばこのサイトの下記のようなコメントから NLP を持ってきて、まずはカテゴリー ⇒ 株価。そして、Sentiment すると、(評価すると)基本的にポジティブなパーセンテージがゼロ。つまり、あまり大きな変化が無いということになります。


2















株価の予想ソフトウエアではありませんので、あくまでも「世間の評価」の視点から日々分析するという製品となっています。

昨日のエントリーも合わせてご一読くださいませ。


Ontology based highly accurate URL Filtering・1

Ontology based highly accurate URL Filtering・1

mds_2013_9_17今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします。3 連休はまさかの大型台風に見舞われ、京都などでは大きな被害となってしまいました・・・


9 月は台風シーズン。そして、昨日の台風による川の氾濫、先日の竜巻など予想できない自然災害が頻発していますので、じゅうぶんお気をつけください。

さて、週頭の今日は久しぶりの(?)DTS の IT サイドのプロダクトの話題とさせていただきます。

Ontology based highly accurate URL Filteringオントロジーベースの高精度 URL フィルタリング

1












東京オリンピックの開催も決定となったこともあり、日本国内のアベノミクスに「良くも悪くも乗ってしまおう!」といった時に必要なファイナンシャルマーケットの分析を可能にするセマンテックオントロジーベースのプロダクトです。

昔で言う金融工学から考える株価予想などとはまったく異なります。投資しようとしている企業がどういう会社なのか?どういう状況なのか?こういったことをすべて読み取ることのできるシステムとお考えください。

その企業の状態が良いのか悪いのか、人気はどうなのかをすべて自動的に判読します。上場企業の状況を判別する・・・方法は複数のソース・・・例えば SNS、YouTube、ブログなどのコメント、ファイナンシャルニュース、様々なソースからジャッジメントします。証券取引所の上場企業のバリューを判読するということです。

現在はすべて英語ベースでプログラムされていますが、勿論、日本語でのプログラムも可能です。それをNLP(自然言語処理)を使用。さらに我々のオントロジー技術で精度がアップします。

このプロダクトのサンプルは既に完成していて、デモンストレーションも可能な状態です。

明日も「Ontology based highly accurate URL Filtering」の概要をお送りします。

※NLP(自然言語処理)
自然言語処理(しぜんげんごしょり、英語: natural language processing、略称:NLP)は、人間が日常的に使っている自然言語をコンピュータに処理させる一連の技術であり、人工知能と言語学の一分野である。(Wikipedia)

関連記事

「情報は武器。ただし、量ではなく、リアルタイム性。」

10円玉と1円玉でも点灯します(アクモキャンドルの原理)

mds_2013_9_13今週も DTS ブログをご愛読いただきましてありがとうございました!ここ数日お送りしてきました、「水に浸せば光る」アクモキャンドル関連の
最終エントリーです。


昨日、このアクモキャンドルの原理を「フルーツ」を使ってお話しましたが、10円玉(銅)と1円玉(アルミニウム)でも同様の実験可能です。

DTS CEO 高橋がミーティングで我々に説明しているところを動画でスナップ的に撮影しました。短い動画ですのでぜひご覧ください。




さて、明日から3連休という方も多いかと思います。DTSブログも月曜(祝日)はお休みをいただきまして、次回更新は17日(火曜)となります。良い連休をお過ごしくださいませ!

関連記事

Aqumo Candle(アクモキャンドル)の仕組み

Aqumo Candle(アクモキャンドル)〜EXPO パキスタン2013出展製品

EXPO パキスタン 2013
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード