見出し09826DTSのWebアプリケーションレイヤーセキュリティ 。(現在、仮称「DTS L7」)現在、みなさまにどのようにお伝えするかを、プランニング中です。


「DTS L7」につきましては、9月〜10月をめどに、dts-1.com内の特設ページにて公開させていただきます。




L7
アプリケーションレイヤー。L1〜L3までが、従来のファイヤーウオール。
「DTS L7」は、そのさらに奥深いところで、速く、そして正確に判断します。


「DTS L7」は、オントロジイベースのセキュリティ。「推測」することにより、学習を繰り返し、外部からの攻撃からサイトのセキュリティを守ります。
この学習するテクノロジーは、おなじみMCellに搭載されているキャッシュのテクノロジーに近いものがあり、とても「頭の良い」キャッシュが搭載されていて、まさにMCell特有の自己学習能力と同様の機能となっています。









そして、「DTS L7」は、なにしろ、速い。例え、正確に判断されたとしてもその判断の速度が遅ければ、意味がありません。

ちなみに、VISAカードでは「L7」でのガードを強制しています。

DTSテクノロジーによって開発された、速く、正確なWebアプリケーションレイヤーセキュリティの詳細は近日公開となります!