見出し098277/17のエントリーでもご紹介いたしました、PlatinumCache(R) SSDのベースとなるディスクを開発している、HANA Micron社。本日、DTSにてミーティングが行われました。


今日の打ち合わせのために、副社長のChang Hyun Choi氏が世界各国でリリースされている、HANA Micron社製のUSBメモリをご持参してくださいました。


USBs

カタログでは拝見していたのですが、これだけの数の実物を見せていただくのは初めてです。いや、しかし、日本国内では見たことのないタイプ、デザインのメモリがずらりと揃っています。何か、コスメ類のようにも見えませんか?






キャップをはずして使用するタイプが多い日本ですが、世界的にはキャップの無いタイプの方が主流だそうです。(このギミックについては、7/17のエントリーをぜひご一読を)

かなり、魅力的な仕組みと、インパクトのあるデザインのこの製品群、また後日、各々ご紹介してみたいと思います。