DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

ハイブリッド・コールセンターサービス

海外販売ナビ〜ダイレクトコール

mds616先日の「Interop Tokyo 2011」でも多数の反響をいただきましたDTSの新しいサービス「海外販売ナビ」。DTS Pakistanのコールセンター(シンド州政府の指定コールセンター)を使い、日本企業の海外販売のお手伝いをするビジネスプランです。



今日のエントリーでは、「日本や欧米と、パキスタンの通信販売の違い」について、パキスタン支社を持つ我々がリアルにご報告します。

「海外販売ナビ」は、コールセンターによるダイレイクトコールと、webサイトの両方向からのセールス。さて、日本国内での「ダイレクトコール」の印象はどうでしょうか?ダイレクトコールがかかってくると、「面倒くさい。必要ない。」という印象が強いのではないでしょうか。自分とまったく無関係の商品ならなおさらそう思うはずです。

欧米でも同様でしょう。ところが、これがパキスタンを例にとると、驚くべきことにまったく逆になるのです。

パキスタンでも、もちろん携帯電話は浸透しています。ところが、携帯電話は純粋に電話としての使い方が主流なのです。メールやサイトやツイッターをポチポチとやっているという光景はまず見ません。この光景がすべてを物語っているわけです。ダイレクトメールや、サイトのバナーよりも、何よりもダイレクトコールが一番ポピュラーとなります。


DTS「海外販売ナビ」コールセンター
call_center











「海外販売ナビ」では、サイトを参照してもらいながら電話セールスするわけです。このスタイルは、パキスタンなどの国では一般的です。ビジネスでの連絡もほとんどは電話によって行われているのです。そして、このスタイルで、あなたの会社の商品をプロモートできるのが「海外販売ナビ」です。


「DTS 海外販売ナビ」では、パキスタン・Sindh州政府公認オペレーター養成プログラムに指定された公認センターで教育。お客様との確実なコミュニケーションを行うために政府公認機関の教育を受けたプロフェッショナルなオペレーターのスタッフのみが担当いたします。

「海外販売ナビ」に関するお問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ


政府公認機関の教育を受けたプロフェッショナルなオペレーター

mds11602今日は、来週開催のInterop 2011にて、GAPS Secure Browser と共にプレゼンテーションいたしますwebサイトとコールセンターをプラスした効率性の高いマーケティングサービス「海外販売ナビ」関連のエントリーです。




「DTS 海外販売ナビ」でコールセンターを担当する人材。お客様と直接お話するという重要な役割を果たすスタッフの教育はどうなっているのか?

「DTS 海外販売ナビ」では、パキスタン・Sindh州政府公認オペレーター養成プログラムに指定された公認センターで教育。お客様との確実なコミュニケーションを行うために政府公認機関の教育を受けたプロフェッショナルなオペレーターのスタッフのみが担当いたします。

昨日、某大手ECサイトがインドに進出というニュースがありましたように、現在、人口と所得が圧倒的に伸びているのが南アジア。インド、パキスタン、スリランカ、バングラディッシュ。

そして、ドバイ、アブダビ、サウジアラビアなどの国々も非常に大きな市場となっているのです。今まで、日本ではあまり名があがっていなかったこれらの国に大きなビジネスチャンスが生まれようとしています。

ご存知のように我々DTSは、長年このような国々でビジネスを行っており、パキスタンに支社も持って重要な役割を果たしています。よりリアリティのあるサービスをご提供できると自負しております。

現在、資料詳細を制作中です。お急ぎの方は、ぜひともお問い合わせくださいませ。Interop 2011のDTSブースでもご質問などお待ちしております!


「Interop Tokyo 2011」
スマホ向けのセキュリティサービス「GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」、webサイトとコールセンターをプラスした効率性の高いマーケティングサービス「海外販売ナビ」は「Interop Tokyo 2011」DTSブース内にてデモンストレーションさせていただきます。
inter_1

みなさまのお越しをお待ちしております。


海外での日本製品販売は非常に大きな市場です。

mds115166月開催のInteropのDTSブースでも、プレゼンテーション予定のDTSの海外販売サービス。みなさまに間もなく内容、価格も具体的に御覧いただけるようになります!



webサイトとコールセンターを効率的にドッキングした、新しく、リアルなマーケティング方法がこのサービスです。

今日までこのブログでも「ハイブリッド・コールセンター」という仮のサービス名でご紹介させていただいております。正式なサービスの基本的な内容は変わりませんが、より、具体的なサービス内容と流れ、追加するサービス内容、そして価格などを近日公開予定です。

海外での日本製品販売は非常に大きな市場です。DTSは、欧米のみならず所得が急速に伸びている南アジア諸国(パキスタン、スリランカ、バングラデシュ)、中東(ドバイ、アブダビ、サウジアラビア等)にもこのサービスを提供いたします。そしてこの度、このサービスを、Pakistan Sindh州の政府公認オペレーター養成プログラムに指定していただきました。

world














詳細は近日公開の海外販売ナビサイトをお待ちくださいませ!


「Interop Tokyo 2011」(会場:幕張メッセ)6月8日(水)から10日(金)
今回のDTSの展示ブースは、VENTURE PAVILION内になります。今年は、スマートフォンを使用して、数々の新しいプロダクトを実際にデモンストレーションさせていただきます。「C4」や「GAPS」のAndroid版を実際にお試しいただくチャンスです。

Global Trade Services

mida11325DTSの新しいサービス「ハイブリッド・コールセンター」。海外に販売拠点を
持たない企業様向けのリアルな販売促進のサービスです。



コールセンターにより、現地の顧客へのダイレクトなプロモーションが可能なこのサービス、現地の発音に合わせた、現地レベルでの顧客コミュニケーションが大きな特色のひとつとなっているこのサービスですが、今日のエントリーでは実際に顧客が閲覧するサイト(Global Trade Services)のサンプルをご覧いただきましょう。


クリックすると拡大します

GTS_demo


















もちろん、商材はありとあらゆるものが並んでいます。ダイレクトコールを受けた顧客がこのサイトにアクセスして、実際に商品の詳細を知ることができます。

こうして実際にヴィジュアルでご覧いただきますと、このサービスの特色、流れがわかりやすいと思います。

以前のエントリーに掲載したことと少し重複しますが、流れ的には

●顧客にダイレクトコール・サイトに掲載されている商品への誘導

●顧客が実際にサイトに掲載されている商品詳細を見ながら、ダイレクトコールでの説明を聞く


webサイトの商品説明だけ、あるいは逆に、ダイレクトコールでの商品説明だけでは訴求できない、二種類の訴求によって、立体的にこのサービスの本質が発揮されます。さらに、現地の発音でのご案内となっていますので、顧客の信用度もアップされるわけです。

●お問い合わせ・お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ
●DTS会社概要はこちらです

「DTS ハイブリッド・コールセンター」の効果

midashi11228週初めの今日は冬に戻ったような寒い東京です。今週もDTSブログを宜しくお願いいたします!DTSの「リアルな効果が見込める」、海外での製品販売のお手伝いをするビジネスサービス、「DTS ハイブリッド・コールセンター」




概要はこちらのエントリーをご覧ください。


DTS ハイブリッド・コールセンターサービスの受付がスタートしました

DTS ハイブリッド・コールセンターサービスのオプション


HCC












今日は、このサービスの効果をまとめてみました。

1. 海外に販売拠点を持たない企業様向けの販促活動としてご利用いただけます。

2. Webサイトによる商品PRが一般化する中、単にWebサイトを作成しただけでは見込み客からのアクセスが得られず、効果的な自社製品のPRが得られません。

3. DTSハイブリッド・コールセンターによる客先への製品、企業のプロモーションを実施し、受注活動を行うと同時に、その詳細情報をWeb Siteに 掲載することで、Push/Pull双方からの販促活動ができ、即効性のある 効果的な営業が可能となります。

4. DTSハイブリッド・コールセンターでは、電話をかける地域ごとに現地の発音に合わせるトレーニングを実行。現地のレベルでの顧客コミュニケーションが可能です。


国内ばかりでなく、海外でも「売れる」とプランしている企業のみなさま、あるいは、「むしろ国外でこういう需要があるので売りたい」という企業の方。ゼロからいきなりの海外でのセールスは気の遠くなるようなノウハウが必要となってきます。発生する様々なことはすべてDTSにおまかせください。絶対のコストパフォーマンスで、気軽に「海外での販売とダイレクトなセールスプロモーション」を実現できるのが「DTS ハイブリッド・コールセンター」なのです。


●お問い合わせ・お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ
●DTS会社概要はこちらです

DTS ハイブリッド・コールセンターサービスのオプション

midashi11222昨日よりご紹介しております、DTSの新しいサービスが「DTS ハイブリッド・コールセンターサービス」今日はさらに詳細をお伝えいたします。海外での販売などをお考えの方々はぜひとも注目を!



アメリカ・イギリス・カナダ・ヨーロッパに向け、各国現地の発音で話せるオペレーターを教育し、電話とサイトでの立体的な営業業務にあたるサービスが「DTS ハイブリッド・コールセンターサービス」。

具体的に動き出した時に、いくつかのオプションをご用意しております。

●製品の技術サポートデスク
あなたの会社の製品のサポートを行うサービスです。もちろん、セールスコールと同様、各国現地の発音での対応となりますので、アフターサービスまでの充実をお考えの方にはうってつけです。

●カスタマーデスク代行
お客さまからのご質問にお答えするサービスです。(Q&A)

●不良品の受付代行

万が一、製品に初期不良などが発生した場合でも、ご購入の各国のお客様からの受付も現地の発音でご対応。アフターサービスの充実により、各国でのあなたの会社、製品の信用度もアップします。

●製品の現地倉庫の管理(アメリカ・カナダ)
アメリカとカナダ限定で、あなたの会社の製品の在庫管理をお受けすることも可能です。

以上のオプションをご覧いただきましておわかりになるように、DTSの海外拠点の経験を活かした、きめ細かいサービスが基軸となっています。そういった意味では、とてもリアルなサービスであると自負しております。

さらに、実際の製品販売数の他に以下のレポートを提出いたします。

■コールセンターでのコンタクト履歴
■webサイトへのアクセス数
■お客様からのお問い合わせ・質問事項


ご希望の方には市場調査の結果から、販売元のリストなどのご提供も可能ですのでご相談ください。

HCC












●お問い合わせ・お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ
●DTS会社概要はこちらです



■関連記事
□DTS ハイブリッド・コールセンターサービスの受付がスタートしました

DTS ハイブリッド・コールセンターサービスの受付がスタートしました

midashi11221以前、このブログでもお伝えいたしました「DTS ハイブリッド・コールセンターサービス」が正式にスタートいたしました!



dts_1













「DTS ハイブリッド・コールセンターサービス」は、DTS Pakistanのコールセンター(シンド州政府の指定コールセンター)を使い、日本企業の海外販売のお手伝いをするビジネスプランです。米国・カナダ・イギリス・その他ヨーロッパに向け、各国現地の発音で話せるオペレーターを教育し、その業務に当たります。

従来の「海外向けのwebサイトでの販売サービス」との大きな違いのひとつが「海外のお客様に現地の言葉で直接会話して製品を紹介」できるという点です。海外向けのサイトに製品や会社の紹介を掲載することに比較して、ダイレクトコールはその「即効性」に利点があります。



dts_2














さらにこのサービスでは、「webサイトでの製品(会社情報)閲覧」も付随しますので、効率性も非常に高いサービスとなっています。

明日は、さらに詳細をお伝えする予定です。

お問い合わせ・お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード