DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

HALAL(ハラル・ハラール)

パキスタンのレトルト食品-食レポ (2015.10.20)

今日は、前回のパキスタン出張時に購入してきた
レトルト食品のレポートを書いてみたいと思います。

商品名は、 d'lish Ready To Eat 「Chicken Biryani」

もちろん、ハラル食品で、ハラルマークも入っています。

パッケージは、こんな感じです。

P1040826










箱を開けて、日本のレトルト食品同様に、アルミパッケージの
商品を熱湯で5分から6分温めるか、中身を耐熱器に移して
電子レンジで1分から2分温めて、食べるようです。

もう一つの温め方も書いてあり、中身をフライパンか鍋に
移して3分から4分温めるとも書いてあります。

今回は、熱湯で温める方式で作ってみました。

出来上がりが、これです!

P1040827








見た目は、普通に現地で食べるビリヤニで、チキンも
結構たくさん入っています。

肝心の味は、どうでしょう?

辛さ調節のために、ヨーグルトも用意して、食べ始めると・・・

辛さは、現地のお店で食べるチキンビリヤニよりも、若干抑え目で、
ヨーグルトなしでも、食べられます

私は、ヨーグルトをかけて食べる方が、好きなので、このビリヤニも
ヨーグルト一緒に食べてみましたが、やっぱり、こっちの味の方が
好きでした。

ちょっと残念なのが、ライスが柔らかいところでしょうか。

レトルト食品なので、仕方がないのかもしれませんが・・・

お肉は、食べ応えがある大きめのチキンが、いくつも入っています。

1人分のビリヤニを作るのは大変ですし、日本では材料の
香辛料も高いので、レトルト食品もありだと思いますが、
現地では、やはり手作り料理を食べたいです。

全体的には、ライスの柔らかい事を除けば、おいしかったです。

ごちそうさまでした!

パキスタンのハラル状況 (2015.8.20)

パキスタンでもハラル認証団体が、たくさんあります。

きちんと、シャリア法典を勉強した法律家が在籍している団体、
化学分析などをやらずに書類申請だけで認証を出している団体と
かなり厳密に検証しているところと、いい加減な検証をしているところと
混在しているようです。

但し、日本でハラル認証を受ける時と同じで、パキスタン国内では
通るかもしれませんが、ドバイなど中東地域やアフリカ地域を中心とした
イスラム協力機構(OIC)所属の国では、OICが認めたハラル認証では
ないと、輸入を認めない、という規定を作り始めています。

DTSが関係する、「一般社団 日本ハラルファンデーション」は、
NGO法人 Halaal Foundationの日本支部なので、この認証マークは
もちろん、OICに通用します。

パキスタン国内での、ハラル認証を見ると、現地のローカル法人よりも
外資資本が入った、ジョイントベンチャー企業が、ハラル認証を取得して
ハラルマークをつけている商品が多いように感じます。

ローカル法人の言い分は、自分達はムスリムだから、ムスリムが製造する物は
ハラルに決まってるよ、という事らしいです。

ただ、実際に購入する消費者に聞いてみると、同じ種類(ポテトチップス、
冷凍食品、レトルト食品、などの種類)で、ハラル認証マークがついていれば
多少高くても、そちらを購入する、という意見が多かったです。

特に化粧品について、女性にヒアリングすると、肌に直接触れるものなので
ハラル認証マークがついていれば、必ずその商品を買います!という
意見が圧倒的でした。

日本の化粧品は、品質が良いと認識されているで、ハラル認証マークが
ついていると安心します、という事でした。

P1040731P1040732P1040733P1040734P1040739P1040740P1040683P1040738P1040736P1040737P1040735

成田空港のハラール対応レストラン (2015.6.22)

今月は、毎週のように成田空港に行く機会がありました。

レストランの案内を見ると、「ハラール」と記載されているレストランが
ありましたので、ご紹介したいと思います。

P1040529P1040530








まずは、天ぷら屋さんの「天亭」

入り口に「ハラール」の認証マークがあり、ムスリム向けの説明があります。

P1040536P1040535P1040534P1040533

















もう一軒が、カレー屋さんの「La Toque」

こちらも入り口に「ハラール」の認証マークがあります。

このお店は、ハラールチキンを使っているようです。

P1040541P1040539P1040540
















どちらのお店も、おいしそうなメニューなので次回ムスリムの方が
来日した際に、教えてあげたいと思っています。

ドンキホーテでハラル食品を発見! (2015.6.18)

白金台のプラチナ ドンキホーテで、食品売り場を
見ていたら、ハラル食品を発見しました!

NCM_0404












お菓子売り場のヌガーでしたが、ハラルとコーシャの両方の
認証を取っているようです。

どこの国のお菓子かな?

と思って、箱の裏を見てみると、南アフリカ共和国産でした。

ここは、外国のお客さんも多く、多分イスラム圏の人だろうな?
と思う人も、ときどき見かけるので、ハラル食品の需要も
あるのでしょうね。

先週のGreenwich University からの来日時にも感じましたが
日本では、まだまだハラル食品が少ないので、イスラム圏の
人達が来日したときの食事は、かなり制限があるので、
もっとハラル食品が出てくるといいのにな、と思います。

「和牛のステーキ」、かなり食べたかったようです・・・

今回は、時間がなくて食べられなかったので、次回の
来日時にお連れしたいと思っています。

上智大、イスラム教徒向け「ハラル弁当」を販売 1日150食が完売 (2015.4.28)

昨日のニュースからの掲載です!

上智大、イスラム教徒向け「ハラル弁当」を販売 1日150食が完売

ニュースサイト

----------------------------------------------------------------

上智大学(東京都千代田区)は27日、イスラム教徒向けの食事
「ハラルフード」の弁当販売を四谷キャンパスで開始したと発表しました。

同大はキリスト教系の学校でありながら、イスラム教徒がお祈りする部屋も
学内に設置するなどしてきましたが、ハラルフードの導入は初めてで、
全国でも異例です。

 ハラルフードとは、イスラム教の戒律にそって調理された食事で、
豚肉や豚肉由来の調味料、アルコールなどを一切使っていません。

上智大では「日本イスラム文化センター」が厨房や調理器具に
いたるまで入念にチェックし、ハラルフードであることを認証しています。

メニューはハンバーガーやカレー、鶏カラ弁当など(240〜500円)が
あり、授業や試験がある平日であれば毎日、利用できます。

上智大によると、販売車の前には16日の販売開始から
連日長い行列ができ、イスラム教徒ではない学生や教職員にも
人気となっています。

イスラム教徒とみられる学生は30人ほどだそうですが、
1日約150食の完売が続いています。

---------------------------------------------------------------------

ニュースサイトには、お弁当の写真が掲載されていますが、
とても美味しそうなお弁当です。

一度、食べてみたいですね。



ハラールマーケットフェアは明日まで! (2015.4.16)

昨日から、東京ビッグサイトで開催されている
「ハラールマーケットフェア」に行ってきました。

P1040142











ファベックス 2015、ワイン&グルメ、デザート・スイーツ&ドリンク展、
2015 職人産業展、2015麺産業展、
食品&飲料PB・OEM ビジネスフェア2015と
7つの展示会が同時開催です!

実は、今回のお目当ては「ハラール」よりも新規企画の調査で
「スイーツ」だったのですが、そちらはもう少し企画が進んでから
ご報告させて頂きますが、「スイーツ」関係の調査は、
良い感じで情報収集できました。

昨日はセミナーを聞くための時間しかなく、今日改めて会場に行き
展示会場を見てきました。

食品関係の展示会は、初めてだったのですが、試食・試飲が多く
7つの会場を1周すると、お腹がいっぱいになってしまいました。

そして、「ハラールマーケットフェア」ですが、皆さんハラール認証書を
ブースに展示していますが、気になったフレーズが
「ローカルハラル認証書」です。

これは、日本に合わせた日本独特のルールのようですね。

レトルトカレーや麺、海苔、醤油、お菓子、お米、油など、
出展されている商品は、いろいろありました。

ただ、一般社団法人 日本ハラルファンデーション に
海外から要望がある、日本製のハラル食品 は、
圧倒的に 「和牛」 が多いのです!

今回の出展に 「和牛」 がなかったのは残念です。

P1040150P1040151





ハラルウォーター-ハラル認証での苦労話 (2015.2.24)

今回のWater Heart ハラル認証取得に際して
一番の功労者は、D.T.S. Inc. Pakistanの
マネージャである Mr. Uzairです。

(昨日のブログ掲載の写真にも写っています)

ミネラルウォーターでのハラル認証は、業界初の事
なので、いろいろと苦労もあったと思います。

その苦労話を彼に聞いてみたいと思います。

【インタビュー形式になります】

質問 「ハラル認証の承認まで、どれぐらいの期間が
    かかりましたか?」

回答 「Halaal Foundationの協力もあり、通常よりも
     短い期間での取得を目指しましたが、細かい
     指導項目もあり、約2か月での取得となりました」

質問 「どんな事が、ハラル認証で問題になりましたか?」

回答 「品質管理に関しては、かなり細かいチェックが
     入りました。例えば、トイレのスリッパと水の充填
     場所でのスリッパは必ず交換し、トイレと部屋の
     境には、塀かカーテンで完全に仕切りをする、などです。」

質問 「Water Heartのハラル認証が完了して、今は
     どんな気持ちですか?」

回答 「無事にハラル認証を取得でき、安心しています。
     これからも、安全安心な日本クオリティーのおいしい水を
     販売していきたいです。」

「どうも、ありがとうございました」

Halaal Foudationは、OIC(イスラム諸国会議機構)で
認められた団体ですので、パキスタンだけではなく
今後は、UAEなどにも「ハラルウォーター」を浸透させていきたいと
思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



IMG_20150216_125907_384

ハラル食品 - 宝はアジアの西にあり! (2015.2.12)

今日は、ムスリムの人達にとって重要は、ハラル(ハラール)に関する
お話です。

このハラルに関しても、「宝はアジアの西にあり!」に記載されていて
著者の工学博士 高橋宏尚氏 が語っている動画がありますので、
そちらを、どうぞ。

「宝はアジアの西にあり!」著者 工学博士 高橋宏尚氏



LOGO _4 Color (2)
一般社団法人 日本ハラルファンデーション








先日、ムスリムのお客様が来日した際のお話です。

その方は、日本食が大好きで、自分の国でも
和食屋さんの常連だそうですが、
「日本でしか食べられない食事がしたい!」と
「しゃぶしゃぶ」にとても興味を持っていました。

しかし・・・

お肉が「ハラル」ではないので、今回は諦めて「お寿司」を
一緒に食べました。

茶碗蒸しは初めてだったようですが、「美味しい!」と言って
もらえて、嬉しかったです。(私は茶碗蒸しが好きなので)


次回は、「ハラル和牛」で、一緒に「しゃぶしゃぶ」を
食べたいと思っています!





工学博士 高橋宏尚 著 「宝はアジアの西にあり!」

P1030734

アマゾンにて好評発売中!




異文化圏にくらすムスリムの食、非ムスリムによるハラールビジネス  (2015.2.2)

今日は、ハラールビジネス関連の講座のお知らせです。

東京工業大学 「ぐるなび」食の未来創成寄附講座
食文化共同研究会 公開講義シリーズ 第6回 公開講座

「異文化圏にくらすムスリム食、非ムスリムによるハラールビジネス」

【日時】 2015年3月7日(土) 13:30〜17:40 (開場13:05)

【開場】 東京工業大学
     キャンパス・イノベンションセンター 2階 多目的室2

【受講料】 無料 (要申し込み)

P1030824P1030825









【申込方法】 ぐるなび寄附講座のWebサイトからのお申し込み

お申し込みサイト

【定員】 50名

【申込締切】 2015年2月26日

【講義内容】 

第1講義 「ハラールの基礎と印バウンドビジネスにおけるムスリム対応」

第2講義 「ハラールメニューをつくる 早稲田大学学生食堂におけるハラール導入の事例から」

第3講義 「ムスリムの国へ行ったムスリムの食」

第4講義 「佐賀県のハラール対応事業および県在住のインドネシア人ムスリムの食」

第5講義 「岡山でのハラール食品をめぐる諸動向 手作りハラール肉とハラール土産品」


ハラルビジネスをご検討中の方やハラルって何?と思っている方など
講演料は無料なので、こういう機会に講演会にご参加されてるのは
いかがでしょう?

講義終了後に懇親会(会費500円)も開催されるそうです。





ハラル・ウォーター(Water Heart) (2015.1.30)

2月から、Water Heart 2.0が新しくなります。

それは・・・

ミネラルウォーターをハラル・ウォーターで販売する事です!

現在ハラル認証の申請中ですが、もうすぐ認証が取れそうですので
皆様に先にご報告させて頂きます。

細かい要求事項もありますが、それに対して一つずつ問題を解決して
申請までたどりつきました。

今回のハラル認証申請までは、日本ハラルファンデーションの母体となる
NPO法人 Halaal Foundationの協力が大きく、大変感謝しています。

来月のEXPO Pakistanで、このハラル・ウォーターも展示し、EXPOに
ご参加の皆様に味わってもらう予定です。

まずは、デザインを先にお披露目させて頂きます。

001
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード