DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

DHA Suffer University

PhD Students' Supervision トレーニング (2017.5.8)

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

5月1日、2日と有給を取れば、9連休!

かなり、有意義に使える日数でしたね。

パキスタンでは、4月28日にDr.TakahashiがPhdの学生を指導するための
「PhD Students' Supervision 」のトレーニングを受講して、認定書を
受領しました。

パキスタン政府が教育に力をいれているので、大学教育のルールなどが
年々増えているようで、今回のトレーニングも新たに追加された
プログラムのようで、DHA Suffer Universityからは、Dr.Takahashiが
選ばれて、参加してきました。

いろいろな分野の教授達が集まり、ディスカッションなどを行い
異業種交流会のような、国際学会のような、刺激のある1日だったそうです。

その時の写真は、こちらです。

IMG-20170429-WA0000IMG-20170429-WA0001









PhD(博士課程)の学生を指導するのは大変ですが、今後も指導できる
学生がいれば、PhD取得の指導をしていきたいそうです。


DHA Suffer University (2017.1.17)

前回のブログでお知らせしました、Dr.Takahashiの
新しい勤務先をご報告致します。

今週から、
「DHA Suffer University」で、コンピュータサイエンスの授業を
教えることになりました。

20170117-Suffer




DHA Suffer University は、2012年に設立された、新しい大学なので
建物などの施設だけでなく、コンピュータマシンや図書館にある本も
充実していて、研究を進めるための環境がとても整っている大学だそうです。

既に、Dr.Takahashiの研究室も準備されていて、初日から授業も入っているようです。

2012年設立のため、まだ卒業生がいなくて今年最初の卒業生が出るのですが
パキスタン国内の順位は、昨年までいたGreenwich Universityよりも上位にあります。

ここで、コンピュータサイエンスの授業を行いながら、人口知能(AI)の研究を進める
予定ですが、まずは、大学に慣れるのが先のようで、今週は周りの教員や学生との
コミュニケーションを取る事に専念するそうです。

DTSと大学との共同研究が早く実現出来る準備は着々と進んでいます。

日本でもAI関連のニュースやセミナーなどが沢山ありますが、DTSは、
DTSの社風でもある、他とはちょっと違うAIの研究を行っていますので、
大学との共同研究が実現すれば、研究開発の進捗が早くなります。

今から、本当に楽しみです。


Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード