DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

アンドロイド

IPA発表〜コンピュータ・ウイルス・不正アクセスの届出状況 2012年8月分

mds_12905本日9月5日、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)から、「コンピュータ・ウイルス・不正アクセスの届出状況 2012年8月分」がプレス発表されていました。


プレス発表はどなたでも、閲覧可能ですのでぜひともご一読くださいませ。

IPA

















IPA の報告によりますと、最重要の注意喚起として「情報を抜き取るスマートフォンアプリに注意!」とあります。

これは、Android OS のスマートフォンに登録している電話帳の中身を窃取するという悪質なアプリです。報告によりますと、
「発見当初はセキュリティセキュリティ対策ソフトを導入していても検知されないことがあり、インストール後に起動してしまうと情報窃取の被害に遭ってしまう」
という動きをするとのこと。

いよいよスマートフォン関連のウイルスが急増しているたという印象の報告です。今回は、メールでの被害ですが、他にもwebブラウジング、偽のアプリケーション、そしてクラウド・ストレージサービス・・・ウイルスや不正アクセスが侵入する入口は何箇所も存在しますので注意が必要です。

法人様向けセキュリティ製品がメインのDTSにも、「GAPS Secure Browser」というAndroid アプリベースのセキュリティ製品もリリースしています。

Google Play の「GAPS Secure Browser」ページ
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.me.gaps_browser&hl=ja
GAPS











今回のIPAの発表の、「別紙資料」PDFにスマホの不正アプリインストールまでの手口と、防御対策がかなり具体的に書かれていますのでこちらもぜひダウンロードを。
http://www.ipa.go.jp/about/press/pdf/120905press2.pdf

各アンドロイド端末に対するセキュリティ対策時期の差異

mds11624各サイトのニュースでも取り上げられていて、ご存知の方も多いと思います。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が今週22日に発表した『スマートフォンへの脅威と対策』各アンドロイド端末に対するセキュリティ対策時期の差異が明らかになったようです・・・


『スマートフォンへの脅威と対策』 (IPA)
http://www.ipa.go.jp/about/technicalwatch/20110622.html
IPA











このIPAの発表はつまり、同じOS(Android)が搭載された端末でも、端末ごとにセキュリティの対応時期が異なる、ということなのです。

iPAの別資料(ぜひご覧ください)にもありますように、PCのOSに何か脆弱性が発見された場合、どのPC端末を使用しているユーザーもOS開発者がプログラムを修正すれば、同じように脆弱性を解消できます。ところが、Androidの場合、OS開発者が開発したOSを各スマートフォンのメーカーがカスタマイズして使用しているため、OSにバラつきが生じます。例え、Androis自体の脆弱性を修正したとしても、スマートフォンによって対策の時期がまちまちになってしまうわけです。

IPAの資料には、今年3月の段階で「ドロイド・ドリーム」(2008年に発見されたウイルス構成プログラム)に対する国内スマートフォン端末の調査結果を公開していますが、やはり、結果はまちまちでした。対策済みの機種はわずか3機種のみだったのです。3ヶ月を経て、現在は2機種を残して対策済みとなっていますが、このように脆弱性に対する対策時期に差異が生じてしまっています。

DTSでも、先行リリースしたアンドロイドアプリ「GAPS セキュアブラウザ」をはじめとして、アプリケーション側からのセキュリティシリーズを準備しています。スマートフォンには、PCとも異なり、フューチャーフォン(携帯電話)とも異なる、新たな対策が必要となっています。

22
GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)
http://www.dts-1.com/gaps_sb.html














昨日、今日と猛暑が続いています。お身体にお気をつけてお過ごしください。また来週、平日毎日更新のDTSブログを宜しくお願いいたします!

スマートフォンをガンブラーから守る!GAPS Secure Browser P.V.

mds11603スマートフォンをガンブラーから守る、GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)。PV的な動画をDTSブログで先行して公開させていただきます。









スマートフォンをガンブラーから守る!GAPS Secure Browser

Androidマーケット
https://market.android.com/details?id=org.me.gaps_browser&feature=search_result

現在、GAPS Secure Browser のデモンストレーション動画も盛り込んだ、ランディングページを急ピッチにて制作中です。来週にはご覧いただけます予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ!

また、6月8日(水)より10日(金)まで開催されます「Interop Tokyo 2011」DTSブースにおきまして、実際にスマートフォン端末(Android)を使用して、GAPS Secure Browser のデモンストレーションを行います。

※入場料は、3,000円ですが、Webでの事前登録又は招待状ご持参の場合は無料になります。招待状をご希望の方は、担当営業またはメールにてお問い合わせ下さい。
皆様のご来場、心よりお待ちしております。

inter_1

AndroidPIT、Interop で GAPS を!

mds11601ニューリリースしたAndroid用ガンブラー対策アプリ・GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)。各国のAndroid関連サイトでも続々と掲載いただいております。




今日ご紹介しますのは、AndroidPIT(アンドロイド・ピット 編集部はドイツ・ベルリン)。こちらも、ドイツ国内では有名なAndroidサイトです。(デフォルトではドイツ語表示ですが、最上部に英語、スペイン語ページへのリンクも有ります。Android関連の最新ニュースやその他コンテンツもなかなかに興味深い記事が満載のサイトですので、ぜひご一読を。


PITAndroidPIT のGAPS Secure Browserのページ。
















現在、GAPS Secure Browser のデモンストレーション動画も盛り込んだ、ランディングページを急ピッチにて制作中です。来週にはご覧いただけます予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ!

また、6月8日(水)より10日(金)まで開催されます「Interop Tokyo 2011」DTSブースにおきまして、実際にスマートフォン端末(Android)を使用して、GAPS Secure Browser のデモンストレーションを行います。

※入場料は、3,000円ですが、Webでの事前登録又は招待状ご持参の場合は無料になります。招待状をご希望の方は、担当営業またはメールにてお問い合わせ下さい。
皆様のご来場、心よりお待ちしております。

inter_1







GAPSGAPS Secure Browser
ギャップス・セキュアブラウザ
GAPS Secure Browser はアクセス先を見越すアプローチを使用し、ガンブラーサイトへのアクセスの危険を避けた高速で安全なブラウジングをご提供いたします。

GAPS Secure Browser はブラウジング中に常時バックグラウンドで起動し、ガンブラーに感染しているサイトに遭遇した場合、アクセスを中止して潜在的な危険性を知らせてくれます。ガンブラーはあなたの個人的なデータ、位置情報、SDカード内のファイル、コンテンツの変更情報にアクセスし、あなたのスマートフォンのすべてをコントロールされてしまう危険性を持っています。


Androidマーケットへ
https://market.android.com/details?id=org.me.gaps_browser&feature=search_result








スマートフォンに、ギャップス・セキュアブラウザ

midashi11527スマートフォン(Android)をガンブラーサイトから守るDTS「GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」がAndroidマーケットにてニューリリースされました。



昨日、一昨日とGAPS Secure Browserリリースのお知らせをさせていただきました。そんな中、フィンランドのセキュリティ会社がスマホのフィッシング詐欺についての注意を呼びかけたようです。

これは、非常に簡単なことでありながら、実はスマホの物理的な弱点を突いたことで、「ブラウザのアドレスバーが短い」ので偽サイトのURLアドレスに気が付きにくい
ということなのです。確かに、スマホのブラウザはアドレスバーのサイズが制限されていますから、URL前半部分のみの表示となります。さらにスクロールするとアドレスが隠れてしまうスマホのブラウザも多いのです。

B2某社スマートフォン搭載の通常のブラウザ

ページをスクロールすると、URLアドレスバーが隠れてしまいます。









B1GAPS Browser

ページをスクロールしても、URLアドレスバーは表示されたままで隠れません。









ガンブラーサイトの場合も、通常サイトURLを装った場合、うっかり見落としてしまいます。PCでも常時アドレスをじっくり確認してブラウジング・・・というわけにはいきません。ましてやそれがスマホであれば・・・。

日を追ってスマートフォンの話題、ニュースが増加しています。みなさんの周りでも、スマートフォンユーザーになられた方々が目に見えて増えていませんか?それだけ、セキュリティにも力を入れていかなければならない時期になったのです。

22
GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)
https://market.android.com/details?id=org.me.gaps_browser&feature=search_result














★INFORMATION

「Interop Tokyo 2011」
スマホ向けのセキュリティサービス「GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」は、来月開催の「Interop Tokyo 2011」でもDTSブース内にてデモンストレーションさせていただきます。
inter_1

スマートフォン(Android)をガンブラーサイトからアクセス制御可能な唯一のセキュアブラウザアプリ

mds11526スマートフォン(Android)をガンブラーサイトからアクセス制御可能な唯一のセキュアブラウザアプリGAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」が昨日、リリースされました。ガンブラーに特化した、高速アクセス可能なセキュアブラウザです。



GAPSGAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)
https://market.android.com/details?id=org.me.gaps_browser&feature=search_result


※ガンブラーサイトアクセス防御に特化してアジャストされているため、高速チェックが可能です。お使いの通常のブラウザと同等のスピードでサイトアクセス可能です。

※現在のバージョン(ver.1.0)には、通常のブラウザに搭載されている「お気に入り」「履歴」などは搭載しておりません。今後のバージョンアップにより、通常のブラウザに搭載されているこれらの機能が搭載される予定です。

※ガンブラー以外のマルウエアのチェック機能のバージョンも近日リリース予定です。




今日はガンブラーに関して再度、まとめてみました。

Gumblar(ガンブラー)とは「Webサイト改ざん」と「Web感染型ウイルス(Webサイトを閲覧するだけで感染するウイルス)」を組み合わせて、多数のパソコンをウイルスに感染させようとする攻撃手法(手口)のことである。Gumblarによって、国内外でWebサイトの改ざん被害が相次いでいる
(wikiペディアより引用)

http://ja.wikipedia.org/wiki/Gumblar

ガンブラーの特徴は、「ドライブバイダウンロード」と呼ばれる、ユーザーが意識しないうちにソフトウエアを勝手にダウンロードさせる攻撃。FTPアカウントを攻撃者に送信させることによって当該Webサイトの改ざんが行われてしまいます。つまり、どんなにスマートフォンやminiSDの中身をウイルス対策アプリなどでスキャンして防御策をとっていたとしても、ガンブラーサイトにアクセスしてしまったらその瞬間にアウトなのです。

では、ガンブラーの対策の方法。これはもう、ガンブラーサイトには絶対にアクセスしないこと。現在、これがまずは有効です。ところが、ガンブラーは通常のサイトのフリをして、攻撃コードを埋め込んで潜んでいるのです。みなさんもうご存知のように、大手企業のサイトが被害にあっています。また、Androidでも使用するAdobe Flash Playerなどを利用して攻撃をしかけてくる可能性が高いという特徴もあります。

ガンブラー攻撃によりスマートフォン(Android)に侵入したマルウエアは悪質です。当然のごとく、スマホの中にはPC以上にプライベートな情報が入っています。位置情報や電話番号などはほとんどのユーザーが利用しているデータです。なにしろ、携帯電話を兼ねているわけです。そういったプライベートな情報を狙われてしまうわけです。

そして、最も恐ろしいのは、このブログで何度もお話してきたように、「今までフューチャーフォンを使用していたユーザーが、携帯電話と同様に使用する」であろうという予想です。フューチャーフォンの場合、基本的にはキャリア側でセキュリティ管理が行われます。これが、スマホに変わった途端に、管理はユーザー側で行わなくてはなりません。こういった方々のためにも、難しい設定は一切不要のセキュアブラウザをお勧めしたいのです。


ガンブラーサイトにアクセスする前に警告してくれるのが、「GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」です。現在、テスト結果や動画などをまとめた資料を制作しています。今しばらくお待ちください!


★INFORMATION

「Interop Tokyo 2011」
スマホ向けのセキュリティサービス「GAPS Secure Browser(ギャップス・セキュアブラウザ)」は、来月開催の「Interop Tokyo 2011」でもDTSブース内にてデモンストレーションさせていただきます。
inter_1







microSDを通してPCの動画をスマホで再生

midashi11113みなさまに今年の福のおすそ分けをさせていただきました昨日のエントリーに続きまして、今日は一昨日のエントリーで取り上げましたmicroSDカード関連です。



スマホ時代の今、なくてはならないメディアになりつつあるmicroSD。今日は、DTS一番のガジェット好きな、Yがお送りします。

今日は、YouTubeでダウンロードした動画をスマホ(Android)で閲覧するというテストをしてみました。個人的にはiPhoneユーザーですので、こうした単純なテストもなぜか興味深々です!


12GBのmicroSD。ご存知のように驚異的に小さいです。ホルダーやケース、アダプターに入れておかないと紛失しそうな程のサイズですよね。







2PCからYouTubeにアップされているDTSのWAF(SWAF)の開発リーダーである、M.Ali Hurのインタビュー動画をダウンロードします。ファイル形式はMP4。






3PCへアダプタを装着したmicroSDを挿入して保存します。








4動画を保存したmicroSDをスマホに挿入。難なく、動画のサムネが表示されました。








5問題なく、動画を閲覧できました。iTunesを通さないとならないiPhoneよりも便利だなあというのが第一印象です。microSDに何も考えずに動画ファイルを保存しておけば、スマホの方で動画を認識して保存されている動画のサムネを表示してくれます。




こうした動画のやりとり等もこれからどんどんスマホ間、あるいはクラウドで行われていくのでしょうね。microSDを利用した様々なソリューション、コンテンツも続々と誕生する予感もします。これからも、私が担当の日のエントリーではmicroSDを利用したテストなどもアップしていきたいと思っています。




スマートフォン

midashi11107さて、今年の最初のエントリーにも書いた通り、今年は去年末に始動した本当の意味での「スマフォ元年」になりそうな気配ですね。



spgannnen個人的にも、そしてDTS的にもそのスマフォ(スマホ)はもう関わりだして
いるようです。








なんといっても、このスマホの台風の目となっているのが、アンドロイド。ここ数年、日本国内はiPhone一色だったスマホ界がここに来てガラリと様相を変えようとしています。もちろん、そのコアの部分に存在しているのがアンドロイド。
そして、Google。

アンドロイドのフットワークの軽さが、日本のガラケーと手を組んでauのIS03やdocomoのギャラクシーが生まれました。このおかげで、本当の意味でスマホが国内に急速に浸透しています。

そして、今までガラケー一色だった「携帯電話」の世界がガラリと変わります。より、コンピュータに近い・・・というか、既にコンピュータといえるのですが、情報端末としての機能が段違いにアップして、コンテンツや周辺機器などもガラケーとは比較できません。

もちろんDTSも、このスマホ関連のプロジェクトは既にいくつか進行しています。ここでは公表できないのですが、どれも、今まで培ったストレージ、セキュリティ技術等をスマホ関連の事業にどんどん移植・進化させているのです。

最後に、個人的に気になった最近のスマホ関連のニュース。年末の日本通信からリリースされた「IDEOS」です。早くもSIMロックフリーを売りにした、安価のアンドロイド端末の登場です。ツイッター等でかなり話題になっているのでご存知の方も多いかと思います。スマホ市場が、大手キャリアに限定されずにどんどんその規模が拡大化、というか拡散していくような気がします。今年のこの大きな市場は絶対に無視できないところまで来ているようです。
(DTS・Y)

DTSのある日のブレスト5

midashi091222本日のエントリーは、ちょっと変わりダネという感じでお送りします。先週に行われた会議・・・というより、DTSの場合、ブレストなのですが・・・


そのブレストで、なんとなく出た話題。それを集めてみました。なんとなく、twitterっぽいでしょうかね?

今日のエントリーには、結論はありません。tweetのように流して読んでいただくのが正解です。

その時のテーマはクラウド。

1



やはり、クラウドと言えば、トーマス・ワトソンのこの言葉。クラウド関連の記事では頻繁に引用されているのでご存知の方々も多いと思います。もう66年も前のIBM創業者の言葉ですからかなりの重みがあります。そして、クラウド化しつつある今日。その60年(!)後に、サン・マイクロシステムズのグレッグ・パパドポラス氏がこの言葉を引用した話もすでに歴史です。




2




1946年あたりのコンピュータの歴史は、やはり外せない出来事だと思います。ENIAC。諸説ありますが、とりあえずは世界初のコンピュータ。弾道計算のためにつくられた話も有名です(結局、実際には使用されませんでした)。




3




そして、1980年。今からわずか29年前。4MB、80MHzのコンピュータが5百万ドルの時代・・・




4



いきなりさらに29年後。アンドロイドは手のひらの中で92MB。528MHzです。



こうしてコンピュータの歴史を、というか、歴史の中の1行をただただ流して読んでいくと何かのアイディアに繋がるのかもしれません。それこそ、twitterのタイムラインの如く・・・

こんなのもありました。
「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。」(スティーブ・ジョブズ)


Information
低コストで、ハイブリッドメモリーディスクMCell搭載。30TBバージョン!
MCell(120GB)を4台搭載のウルトラマシンをキャンペーン価格でのご提供です。

●4U Rackmount YB-24S3EF(24bayタイプ)
●MCell 120GB(MCL-1/120)×4
●SATA 1.5TB HDD×20

期間限定価格:2,480,000円(税別)
2010年3月末日まで

スペック詳細、製品画像などは製品詳細ページをご覧ください。メールでのご購入・お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード