DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

ウオーター・ハート

Water Heart 関連の投稿(DTSグループフェイスブックより)

mds_2014_12_9先日、パキスタンの第一号店、第二号店がオープンしたことをお伝えした「Water Heart(ウオーターハート)」。DTS のパキスタンでのプロダクトのひとつである「美味しい水」です。


こちらも先日よりスタートしました DTS グループ FaceBook においても、連日、Water Heart 関連の投稿が続いているようです。

フライヤーのデザインでしょうか。バラエティに富んだビジュアルがどんどん投稿されています。

2














3














1














私たちは高品質の飲料水をパキスタンの方々にご提供いたします。この水は日本からの飲料水供給インフラ技術を用いています。「人間の身体の70%は水でできています」。健康的な生活は質の高い水から来ると私たちは信じています。


DTSグループ Facebook
https://www.facebook.com/pages/DTS-Group/1542835722600589?sk=timeline


関連記事
Water Heart (ウオーター・ハート)がオープン!
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1640633.html

Water Heart (ウオーター・ハート)2号店のエクステリア
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1640760.html



DTS CEO 高橋宏尚(工学博士)著作の書籍発刊のお知らせ

宝はアジアの西にあり!」1,200円+消費税 平成27年1月1日発行予定

12月に先行予約の受付を開始します。(日程は現在調整中)工学博士 高橋宏尚 が、現地で他分野にわたる事業実験を実施した、ビジネス立ち上げのドキュメンタリーです。

Water Heart (ウオーター・ハート)2号店のエクステリア

mds_2014_11_19今日のエントリーでも、昨日に続きDTS が開発・販売するパキスタンを中心とした「美味しい水」のプロジェクトである「Water Heart」、現地でのキックオフ状況のミニレポをお送りいたします。


「Water Heart」が晴れて開店。今日は2号店のエクステリアの様子をスナップでご覧頂きましょう。

2号店の看板。

1




















なんと!よく見ると、日本語も表記されているのです。

2












“まごころのお水””水は生命”
日本の最新フィルター技術による高品質ミネラルウオーターは、
DTS株式会社が提供しています。



こちらが正面。あえて、シャッターをパチリ。

3


















キュートなシャッターです。さらに、柱や梁、壁面まで同テイストの割とガーリー(?)でポップな雰囲気。

4













今月は、本店と2号店の2店舗で Water Heart がいよいよスタートします!

関連記事
Water Heart (ウオーター・ハート)がオープン!
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1640633.html

エネルギー回収システム

mds_2014_8_22今週も DTS ブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございました!今日は、今週ずっとお送りしてきましたパキスタンでの DTS の新たなプロダクトである「ウオーターハート」のラストのエントリーとなります。



昨日少しだけお話しましたウオーターハートフィルタリングのエネルギー回収システム説明図(圧力交換器を使用する逆浸透脱塩システムの概略図)の詳細を。

専門的な図ですが、複雑ではないのでその仕組みがご理解いただけるかと思います。

エネルギー回収システムの一部
圧力交換器を使用する逆浸透脱塩システムの概略図。

1












1: 海水流入

2: 真水フロー(40%)

3: フロー(60%)を集中

4: 海水フロー(60%)

5: 濃縮物(排水管)

A: ポンプ・フロー(40%)

B: 循環ポンプ

C: 薄膜を備えた浸透ユニット

D: 圧力交換器



エネルギー回収ポンプを使用する逆浸透脱塩システムの概略図。
2












1: 海水流入(100% 1bar)

2: 海水フロー(100% 50bar)

3: フロー(60% 48bar)を集中

4: 真水フロー(40% 1bar)

5: 濃縮物を排水管へ(60% 1bar)

A: 回収ポンプ

B: 薄膜を備えた浸透ユニット


エネルギー回収システムは、エネルギー消費を50%以上も削減することができます。
高い圧力ポンプ投入エネルギーの多くは濃縮物フローから回復することが可能で、
エネルギー回収装置の効率アップは、逆浸透脱塩のエネルギー需要を大幅に縮小。


さて、来週も平日毎日更新の DTS ブログを宜しくお願いいたします!
夏の終わり・・・良い週末を。


関連記事

「Water Heart」(ウオーター・ハート)
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1628714.html

「美味しい水」と「日本の水道水」
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1628828.html

「Water Heart」資料より
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1628924.html


Archives
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード