DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

カラチ

パキスタン・ビジネスセミナー・3

mds_2014_12_222014年 DTS ブログラストウイークの今週も最終日(26日)まで宜しくお願いいたします!



さて、先週末よりお送りしております18日に在京パキスタン大使館にて開催された「パキスタン・ビジネスセミナー(EXPO Pakistan 2015 - パキスタンと貿易機会を探る)」のミニレポート。今日のエントリーでは、高橋の講演の一部をご紹介しましょう。

講演中の高橋(DTS CEO・工学博士)

1














まずは、パキスタンでビジネス展開するには「イスラム教を知ることも必要」というテーマからです。

高橋「この国でビジネスをしようとする時に考えなければらないことに・・・もちろん、私はイスラム教徒ではありませんが、イスラム教に関連することをかなり勉強させていただきました。言語はアラビア語なのでウードゥー語に翻訳してもらい読み、つくづく感じることは私を含む日本人や欧米のコーランの考え方とはかなり異なる、ということなのです。もしかしたら、ミスリードしている部分があるのかもしれません。

ビジネス的な視点でみると、イスラム教徒の視点は常に意識しておいた方が得策です。」


(会場スクリーンより)

<イスラム教を知ることも必要>

パキスタン社会は、イスラム教の教えに則って動いていくので、最低限、イスラム教の行事、仕来り、人間関係、思考などは理解しておくべき。

・(高橋は)日本人なので、いわゆる無宗教なのですが、このイスラムの考え方を理解できないと、深く知れば知るほど「違和感」を感じます。

・(ビジネスを)パキスタンで展開する以上は、このイスラムの思想を理解した上で協力する、という姿勢が必要。

ちなみに、パキスタンの宗教比率ですが、当然、イスラム教徒が圧倒的に多くカラチ市の国勢調査では、カラチ市民の96.45%がイスラム教徒、キリスト教はわずか2.4%、その他の宗教は言うまでもなく圧倒的に少数派となります。

明日は、このイスラム教徒がほとんどを占める首都、カラチについてお話します。


関連記事

パキスタン・ビジネスセミナー・1
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1643805.html

パキスタン・ビジネスセミナー・2
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1643904.html


DTS 東京支店 年末・年始営業のお知らせ

下記を年末年始休業とさせていただきます。

12月27日(土) 〜 1月4日(日)

なお、1月5日(月)より通常営業となります。
何卒、宜しくお願いいたします。

Karachi Safari Park

mds_2013_12_25本日も、パキスタンからのご報告エントリーです。クリスマス・スペシャル(?)的に、IT 関連、ビジネスとはほぼ無関係の話題とさせていただきます!


実はビジネスとまったくの無関係・・・ではなく、「海外販売ナビ」関連でのお話です。

高橋がパキスタンはカラチの動物園「Karachi Safari Park」を訪問。サファリパークのスタッフの方直々に写真を送ってくださったのでそのまま掲載させていただきます。


高橋に動物たちの説明をする Karachi Safari Park の園長。向かって右側の強面(?)の男性は、DTS パキスタンのマネージャーであるMr. Uzair。
1














高橋が動物にジュースを差し出しています。この動物は・・・・・・
2














・・・・・・チンパンジー!ちなみに、日本の動物園では許可された時以外は動物に餌を与えるのは基本的に禁止になっていますが、パキスタンは OK のようです。
3














パーク内での記念写真。向かって右から、DTS CEO 高橋、Karachi Safari Park の園長さん、DTS パキスタン・マネージャーMr. Uzair、同じく営業担当の Mr.Sikander。
4













高橋とDTSパキスタンの社員たちからは、この他にも「象に鼻で催促されてバナナをあげたりした」と報告が来ています・・・ちなみに海外販売ナビのビジネス的にはとても良い回答をいただいたという報告も入っています。



------------------------------------------------------------------
DTS の年末・年始の営業日
12月28日(土)〜1月5日(日)を休業とさせていただきます。
1月6日(月)より平常通り営業とさせていただきます。

------------------------------------------------------------------

DTS からのお知らせ

海外販売ナビ・無料キャンペーン

海外販売ナビは、DTS が運営する日本国内企業の海外への進出のため、Webサイトとコールセンターの双方で積極的に製品もしくは企業をPRし、海外への販売を推進し、具体的な受注に結びつける販売促進活動です。

海外販売ナビ
http://www.dts-1.com/glocalizationbiz.php

2014年1月から3月までの3カ月間、この海外販売ナビの無料キャンペーンを行います。

2014年3月末までの3ヶ月間、新規のお客様限定で、
無料で海外販売ナビサービスを試してもらうキャンペーンとなります。

1月申込のお客様 : 1月〜3月までお試しできます
2月申込のお客様 : 2月〜3月までお試しできます
3月申込のお客様 : 3月のお試しになります

★お試しキャンペーンは、3月末まで。お早めにお申込みをいただければ、よりお得になります。

お申込は2014年1月6日(月)より受付開始します。

※尚、海外販売ナビのWebサイト(www.GlocalizationBiz.com)掲載に必要な写真・会社ロゴや説明文章(英語)は、お客様にてご準備が必要になります。
(事前にご準備頂けると、Webサイト掲載までの時間が早くなります。)


★お問い合わせはこちらからどうぞ
http://www.dts-1.com/dynamic_pages.php?pid=528



GIA の直営店(カラチ)

mds_2013_11_8今数も DTS ブログをご愛読いただきまして、ありがとうございました!今週ラストの今日のエントリーでは、パキスタンのブティックをご紹介。


以前このブログでもお伝えしたことのある「GIA」というアパレルブランドをご記憶の方も多いかもしれません。

GIA はパキスタンのテキスタイルブランドなのですが、ヨーロッパで人気のブランド。品質管理スタッフ、コーディネイターを配置する品質の高さ、実際にフランスでは再優良輸出企業として表彰された実績もあるブランドです。


GIA オフィシャルサイト
4
















DTS ブログでの記事
GIA(パキスタンのテキスタイル企業)〜その徹底的な品質管理
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1520584.html


さて、そんな GIA の直営ショップがカラチの繁華街にオープンしています。スナップしてきましたので御覧ください。

GIA 直営ショップの L&A 外観。
1

















店内の様子。

2

















日本や欧米のアパレル系ショップやセレクトショップと何ら変わりません。

3















DTS は、この GIA の日本との貿易に協力させていただいております。

以前の記事でもご紹介しました GIAの会社概要を引用します。

GIAは、製品のためのテキスタイルは、当社独自のシステムに従って品質管理を実施しています。これらは、お客さまのご要望のために使用された初期原料(布や糸)の試験、耐変色性、生地の縮み、色の均一性、生地の感触に加え、顧客の必要に応じてテストを徹底的に重ねます。衣服パターンとフィッティングのチェックだけでなく、縫製、仕上げ、というすべての点で、全行程を確認しています。ニッケルフリーテストと呼ばれるお客さまのご要望に応えたジッパーの引あげテスト、パッケージングコンテンツのテストも行なっています。



では、良い週末をお過ごしくださいませ!また来週もこちらでお待ちしております!

「常陽ものづくり企業フォーラム」技術商談会

mds_2013_11_1今週も DTS ブログをご愛読いただきましてありがとうございました!週末、連休前ラストのエントリーの今日は2つの話題でお送りいたします。


以前もお知らせいたしました 第6回「常陽ものづくり企業フォーラム」技術商談会(@つくば国際会議場・11月21日・木・10:00〜18:00)。北関東で最大級の企業フォーラムです。


このフォーラムに DTS も参加いたします。会場図が届きましたのでご案内いたします。

クリックで拡大します。

DTS



















会場のつくば国際会議場の「大会議室(101・102)」。「省エネ・省資源・地球環境系ゾーン」。DTS ブースはこちらに設定される予定です。出展内容など詳細を後日こちらのブログにてご紹介させていただきます!


「常陽ものづくり企業フォーラム」技術商談会詳細はこちら
http://www.joyobank.co.jp/enterpri/monozukuri/05/index.html




さて、連日お届けしております、パキスタンのレポート。今日は、連休前の週末ということで、現地ビジネスとは関係ありませんが、ホテルのスナップを。

パキスタンでは有名なホテルの Avari Hotel 。
Avari Hotel オフィシャルサイト

1
















ホテルエントランス。嫌味がないシックな感じでした。こういった場所は、先日レポートしましたショッピングセンターなどと同様、欧米や日本と変わらなくなってきています。

2















そして、こちら!なんと、1F のエレベータ前には日本の甲冑がディスプレイされていたのです。パキスタンでは美術品として、日本の甲冑が人気なのでしょうか?このあたり、調べてまたお送りしたいと思います。しかしこちらには驚きました。パキスタンに居ながら、国内出張をしている錯覚に・・・

3
















では、良い連休をお迎えくださいませ。次回更新は11月5日(火)となります。

DHA、CLIFTON について。そしてアンテナショップがオープンします。

mds_2013_10_11今週も DTS ブログをご愛読いただきましてありがとうございました!さて、今週ラストのエントリーの今日は、パキスタンの繁華街のお話と、お知らせです。



パキスタンはカラチの繁華街。DHA、CLIFTON という街です。富裕層が多く居住するエリアです。
居住地としては、白金や田園調布の感じに近いかもしれません。


パキスタンから持ち帰った地図より。このあたりの地域となります。
5















街の雰囲気は日本で言えば原宿や渋谷のような街です。

1
















この地域には大きなショッピングモールなどもあります。

6















この写真をみてもここがパキスタンだということはまずわかりませんね。
3

















そして、この繁華街にあるビルの2階に「DTS Glocalizationbiz.com」(DTS 運営のECサイト)のアンテナショップを工事中なのです。

2
























Glocalizationbiz.com に掲載されている製品をショップで実際に試して、購入することもできます。

Glocalizationbiz.com
4


















来週も現在のパキスタンに関する様々な情報をお伝えいたします。どうぞお楽しみに!良い連休をお過ごしくださいませ。

パキスタン情報に関連するネットの記事

mds_2013_3_6先週末より、DTS のパキスタン関連の情報をお伝えしております。今日は、その情報をより広く、深く知っていただくため関連するサイトのリンクを集めてみました。


3/1 のエントリーでお伝えいたしましたパキスタンに建設予定の世界一高いタワー。そして、現在の世界一はといえば、ドバイのブルジュ・ハリファです。(東京スカイツリーは第二位)


個人の方のブログで、ブルジュ・ハリファを様々な角度から写している写真を見ることができます。

世界一の高層ビル ドバイ ブルジュ・ハリファ

そして同じく3/1のエントリーから昨日まで連続してお伝えしているアブダビのパキスタンへの莫大な投資。

こちらは日本国内のニュースではほとんど報道されておらず、msn や現地のニュースのみで報道されていました。

アブダビのパキスタンへの投資を伝える msn の記事
http://arabia.msn.com/news/business/business-news/1303090/malik-riaz-abu-dhabi-group-sign-inves/


現地の Geo Business の記事 こちらにはより詳細が掲載されています。さすがに現地の媒体なのでかなりの共有数です。
http://www.geo.tv/GeoDetail.aspx?ID=88192

写真:Geo Business

GEO

















最後にパキスタンの貿易収支に関する情報です。1月の収支結果が日本語のサイトに掲載されています。
(新興国情報 EM eye より)

パキスタン1月貿易収支、輸出入ともに増加

約 250 エーカーの土地の再開発

mds_2013_3_4今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします!今週は中頃からいよいよ春めいて暖かい日が続くようです。本格的な春まであともう少し!


さて、先週末に DTS が協力させていただいている新しいプロジェクトについてのお話を少しだけさせていただきました。

世界一のタワーがパキスタンに建設されるというタイミングで、当然のことながらカラチ周辺が近代的に開発されていくことをお話しいたしました。

これから様々な国々からパキスタンへの投資が開始されます。主に日本の調整担当として DTS が任命を受けております。実際に進行している案件のひとつの例として、カラチの土地の開発の調整が進行しているところです。約250 エーカーの土地の再開発です。

写真:社内ミーティング時に、プロジェクターに映された資料

「工業地帯の設備」
the facility of industrial zone


オフィスタワーと、その設備。新しい発電所のための大規模なソーラーパネル・プラント。
Large scale solar panel plant for new electric power plant

ZONE













明日はこのあたりのお話をお送りします!


★インフォメーション

3 月12 日に予定しておりました「オントロジーセミナー」ですが、主催側の都合により開催日を変更させていただきます。なお、新たな開催日が決まり次第、こちらのブログなどでお知らせいたしますので今しばらくお待ちくださいませ。

一流レストランで1,000円以内で満腹に?

mds_2013_2_27今日は、DTS CEO 高橋がパキスタンに出張した際に訪れたレストランに関するエントリーをお送りしましょう。


高橋が今回訪れたのは、カラチのカヒチというレストラン。日本人の味覚にもまったく問題なく合う・・・というかかなり美味しいようです。

あえて、高橋が現地で撮影したものをスマホごと掲載しましょう。

1











海に面している場所にあり、ウッドデッキになっている半屋外のレストランで、ロケーションも申し分ないとのこと。デッキの下にスポットライトが仕込んであり、もう数え切れない程の魚が集まってくるのが見えるそうです。


日本でもカプチーノに絵や文字を描くデザインカプチーノが人気ですが、こちらパキスタンのレストランでは、スープに文字が。(スープに書いてあるのは、レストランの店名です)パキスタンのコーンスープと聞くとかなり辛いのでは?と想像してしまいますが、まったくそんなことはなく、いたって普通の味とのことです。

2










さて気になるお値段は・・・なんと、このスープが日本円にしておよそ 200 円!他の料理を頼んで満腹で 1,000円以内!これは羨ましい限りです。もちろん、ここは現地では一流のレストラン。

食べ物の価格の例として、パキスタンの5つ星ホテルに入っている日本食のレストランで寿司を一人前食べた場合、日本円にして 1,000 円くらい。まさに 回転寿司価格で一流レストランで食べられるわけです。

例えば他にも、パキスタンで特に美味しいフルーツの一つであるバレンシアオレンジ。これが大きな袋に12個入って、日本円でおよそ 78 円・・・100ルピーくらいです。高橋は現地で毎朝、オレンジを絞ってジュースにして飲んでいるそうです。

食べ物に関しては、そういった意味では日本よりも豊かなのかもしれません。

パキスタンの貨幣価値(経済的な考え方)については、また明日のエントリーで!

Expo Pakistanフォトレポート・1

mds111026今週のエントリーは、東京支社よりパキスタン支社訪問、そして Expo Pakistan のために出張に行って参りました、私、DTSの「 I 」がフォトレポートをお送りいたします!どうぞよろしくお願いいたします。



Expo Pakistan の公式サイト
http://expopakistan.gov.pk/
1










まずは、パキスタン・カラチEXPOセンターで10月20日〜23日まで開催されていた「Expo Pakistan」のレポートの第一日めをお送りします。今日は、会場の写真をご覧ください。

会場エントランス
2













会場のEXPOセンター外観
3













このEXPOセンターの建物は、DTSのパキスタン支社にほど近い場所に位置しています。会場の図の「N」のあたりなので、かなり近いということがわかります。
4













会場図。JETRO(ジェトロ・日本貿易振興機構)のブース面積はかなり広いのがわかります。JETROブースでは自動車関連の企業がプレゼンテーションをしていました。(因みに、隣のCCPITは、China council for the promotion of international trade~中国国際貿易促進委員会のブースです)
5













明日も、Expo Pakistanのフォトレポートをお送りいたします。

「DTS Japan Chowk」

mds11719三連休明け、そして台風が接近中の週初めです。今週もDTSブログを宜しくお願いいたします。


今日は、我々DTSのパキスタン国内での活動についてのご報告のエントリーとさせていただきます。

パキスタンの南部の州、シンド州(州都はカラチ)。このシンド州の産業地区にこの度、「DTS Japan Chowk」が正式に認定されました。

dtsst













Chowk(チョウク)とは、ヒンデゥー語で交差点、広場を意味するものです。例えば、インドやネパールなどの市場に位置し、市場に向かう人々が行き交う非常に活気溢れる交差点も、チョウクと呼ばれています。

「DTS Japan Chowk」という名前の交差点(広場)となったわけです。

ITセクターにおける対外投資をもたらし、多くの仕事を生んだDTS Japanの努力に対し、カラチはDTS日本Chowkとして宣言したという旨の文書。

dtsst_2











これは非常に名誉なことであり、我々のパキスタン国内でのテクノロジー開発の活動が政府にも認められたという証となるものです。後日、現地の「DTS Japan Chowk」の写真もこのブログにて公開させていただきたく思います!

関東にも、台風が接近しているようです。今回の台風はかなり勢力が大きいという話ですので、じゅうぶんお気をつけくださいませ。
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード