DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

セミナー

今年も一年ご愛読いただきまして 誠にありがとうございました!

mds_2014_12_26今週、そして今年も一年ご愛読いただきまして誠にありがとうございました!本日、年内ラストのエントリーとなります。



ラストエントリーは、先週開催されました「パキスタン・ビジネスセミナー」のまとめエントリーとさせていただきました。

パキスタン・ビジネスセミナー・1
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1643805.html

12月18日に在京パキスタン大使館にて「パキスタン・ビジネスセミナー(EXPO Pakistan 2015 - パキスタンと貿易機会を探る)」開催されました。DTS CEO 高橋(工学博士)も講演を行いました。

2














パキスタン・ビジネスセミナー・2
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1643904.html

会場のミニフォトリポートです。

1













パキスタン・ビジネスセミナー・3
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1644209.html

DTS CEO 高橋(工学博士)の講演の一部をご紹介。「パキスタンでビジネスする際にはイスラム教を知ることも必要」。

5













パキスタン・ビジネスセミナー・4
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1644456.html

「カラチでビジネス展開するにあたって」(動画)





パキスタン・ビジネスセミナー・5
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1644544.html

「不足するパキスタンのインフラ」(動画)







それでは、みなさま良いお年をお迎えくださいませ。来年も DTS を宜しくお願いいたします。



DTS 東京支店 年末・年始営業のお知らせ

下記を年末年始休業とさせていただきます。

12月27日(土) 〜 1月4日(日)

なお、1月5日(月)より通常営業となります。
何卒、宜しくお願いいたします。

高橋宏尚(工学博士)著作の書籍発刊のお知らせ

mds_2014_11_28今週も DTS ブログをご愛読いただきまして
誠にありがとうございました!


今日は、DTS CEO 高橋宏尚(工学博士)著作の書籍発刊のお知らせエントリーです。

既にご存知のように、高橋はパキスタン国内において多分野にわたる事業実験を実施しています。この書籍はそのビジネス立ち上げのドキュメンタリーとなっています。

高橋のプロフィールの一部(日本ハラルファンデーション公式サイトより)
http://nipponhalal.org/profile.html

PRF













この書籍は基本的にはビジネス書の体を成していますが、体験記としても読み応えのあるものとなっています。もちろん、書籍本文にはハラルについても記載があり、日本ハラルファンデーションについても言及しております。

発売予定は平成27年1月1日。販売は DTS 直販と Amazon での販売となります。12月より先行ご予約の受付をスタートする予定です。
詳細は決まり次第こちらのブログに告知させていただきます。


それでは、11月ラスト、良い週末を!




高橋宏尚(工学博士)講演ビジネスセミナー開催のお知らせ

開催概要

パキスタン・ビジネスセミナー
(EXPO Pakistan 2015 - パキスタンと貿易機会を探る)

【日 時】 12月18日(木) 14:00〜15:30
【会 場】 在京パキスタン大使館
      (東京都港区南麻布4−6−17)
【主 催】 在京パキスタン大使館
【参加費】 無料
【お問い合わせ先】 在京パキスタン大使館・商務部
http://www.pk.emb-japan.go.jp/indexjp.htm
【申しみ方法】 申込書をFAXにて送付
【申込締切】 12月4日(木)

【内 容】 
1. 開会式
2. 講演
3. EXPO Pakistan 2015のご紹介
4. 去年のEXPO Pakistan 2014参加者との交流会(軽食)

パキスタンユーザー(消費者)の特徴と、保証、配送と代金

mds_2013_10_4今週も DTS ブログをご愛読いただきましてありがとうございました!今週ラストの今日のエントリーでは、先日開催いたしましたパキスタンISEZ(国際経済特区)セミナー(@パキスタン・イスラム共和国大使館)スピーカーのおひとりであります山崎雪舟様のスピーチを抜粋してお送りいたします。


山崎雪舟様
1

















山崎雪舟様より、「パキスタン市場への新規参入」につきまして、展開プラン例などを用いてかなり具体的なお話をいただきました。パキスタン現地の経済環境、そして投資環境に関しても具体的でわかりやすい資料なども公開していただきました。


<パキスタンユーザー(消費者)の特徴>

パキスタンのローカルな事情として、経済成長に伴い、酷暑対策として家庭・商店・中小企業などにエアコン、冷蔵庫などが急速に普及。電力急増にインフラが追いつかない状況となっています。このために、大都市でも一日に数買い、一回あたり10分から1時間強の停電が繰り返されています。(例えば、富裕層はパーソナル発電機を各家庭に設置していたりします)

停電の頻発、あるいは砂埃などの影響により、エレクトロニクス製品の故障が多く、購買力のある消費者は耐久性が高く、サポートもしっかりしている日韓欧メーカー製品を選択する傾向となっています。労働者層は価格重視で、国内生産品、あるいは中国製を購入する傾向があります。

いずれにしても、家電選びには日本と同様、耐久性、故障時の対応、既存ユーザーの口コミ(SNS)が重視されています。このように、ローカルの事情を除けば、製品の流行はパキスタンも先進国もまったく変わりなく、例えば iPhone(Apple社)などは価格に無関係に人気となっています。

<パキスタンにおける保証、配送と代金>

【製品配送の事例・1】
本社支店所在大都市は、自社スタッフによる直接配送を優先。例えば、カラチ、ラホールなどは注文当日、遅くとも翌日に直接配送し、代引きによる支払いも可能となっています。

代引き以外には、銀行振り込み、ネットバンク、ATM送金などで着金・平均で翌日に宅急便配送と、こちらも先進国とほぼ同じ状況になっています。

【製品配送の事例・2】
原則交換で対応。エレクトロニクス製品の保証基準を定めている販売会社の事例では、配達から2日以内にトラブルの連絡があれば無条件で交換、1週間以内であれば(動作不良、キズ)交換。

また、修理についてはメーカーごとに異なる保証期間の他、一年間販売会社の修理サービスが尽きます。(ただし、交換部品の在庫が無い場合は待たされることも多い状況です)パキスタンでは、サービスセンターが少ないと修理に長く待たされるため、購入者は(アフター)サービス体制を重視する傾向にあります。サポートはクーポン制を採用していることが多い状況です。




この続きはまた来週に。パキスタンのマーケティング情報は貴重です。
次回もぜひご一読を!

では、良い週末をお過ごしください。





9月の動画まとめエントリー

mds_kihong今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします!さて、今日で9月も終わり。少しづつですが、秋めいた日も多くなってきました。


というわけで、週初めの今日は 9 月のエントリーから、動画での話題をピックアップ。それにしても、一ヶ月・・・というか、一年早いですね・・・。


9月前半は、8月に開催の<パキスタン ISEZ(国際特区)セミナー>のレポートエントリーが続きました。Dr.Talat Imtiaz様(経済大臣)のスピーチ一部抜粋した動画です。
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/2013-09-03.html




「EXPO パキスタン 2013」にも出展された「アクモキャンドルの原理」の動画。簡易版 PV。簡単なキットを組み立てて、水につけるだけで光ることがわかります。
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/2013-09-19.html




「アクモキャンドルの原理」の動画。社内ミーティングでの DTS CEO 高橋(工学博士)の説明の一コマです。
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1580189.html





10月のエントリーでは、みなさんお待ちかねの「EXPO パキスタン 2013」のレポートもお送りできる予定です。お楽しみに!

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜Dr. Hiron Takahashi / BOI によるISEZ 経済特区について・3

mds_2013_9_9今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします!さて、信じられないことに(?)7 年後の 2020 年に東京オリンピックが開催されることとなった週末でした・・・


今週は新たな iPhone の新型が発表されることとなりそうですし、某大手キャリア様での扱いも気になるところです。(そして、それにより、Android スマホではなくいよいよ世界でも類をみない iPhone 大国となるのかもしれないと予想している方も多くいらっしゃいます)さらに今週末から 3 連休の方も多いと思います。そんな落ち着きのない(?)一週間の始まりですが、今週スタートのエントリーは先週の続きで、先月開催の「パキスタンISEZ(経済特区)セミナー」Dr. Hiron Takahashi / BOI による ISEZ 経済特区についての続きをお送りいたします。

Dr. Hiron Takahashi / BOI @パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー
1












●SBI はプロジェクト用の一つのウインドウ・ファシリテーターとして働くことになります。ガス、電気などは公共事業会社により提供されます。

SBI・・・・・・Sindh Board Of Investment の略です
http://www.sbi.gos.pk/


●自家発電も地区開発側に許可される予定です。また、地区のインフラ整備支援のための準備のために、シンド州政府は、日本、韓国、中国及びそのほかの外国投資家たちと契約しています。

自家発電が許可されるということで、かなりローコストが期待できます。こういった部分を、我々(DTS)が開発におきまして、(日本の技術を)この自家発電という部分で取り込むことを計画しています。取り込むことができるような、あるいはご協力いただける開発企業様のご連絡もお待ちしております。

当然のことながら、太陽光パネルによる自家発電システムに、パキスタンの気候は理想的です。

ノンストップの自家発電システム
1












次回はさらに具体的に経済特区の計画をみていきましょう。

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜Dr. Hiron Takahashi / BOI によるISEZ 経済特区について・2

mds_2013_9_6今週も DTS ブログをご愛読いただきまして、ありがとうございました!今日も、パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜Dr. Hiron Takahashi / BOI によるISEZ 経済特区についての続きをお送りいたします。


Dr. Hiron Takahashi / BOI @パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー
1












<パキスタン ISEZの概略>

●パキスタン経済特区は、現代のインフラを完備しており、税制上の融合措置もとられている注目すべき要素が含まれています。

●特区内の投資はすべて、SEZ(経済特区) ACT 2012 の特典で補われます。

★SEZ ACT 2012について


2













<プロジェクト概要説明>

●(パキスタン)シンド政府は、2,000エーカーの土地を thatta 地区の dhabeji エリアの国道上の国際的な特別経済地区に指定。

●この土地の最寄りには Qasim 工業地帯があり、カラチ空港からわずか 50km という立地の良さです。

●先進国からの既存の産業拠点の移転など、新しいビジネスを設立するための理想的な土地と最先端のインフラを完備しています。

来週月曜も、この続きをお伝えいたします。動画も編集中ですのでお楽しみに。良い週末をお過ごしください!


関連記事(パキスタン ISEZ セミナー)
関連記事

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜スピーカーの方々

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜Mr. Farukh Amil 様(パキスタン大使館 在日大使)の開会のご挨拶

経済大臣の Dr.Talat Imtiaz 様による「パキスタンへの投資プロスペクト」

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナーレポート続き

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜Dr. Hiron Takahashi / BOI によるISEZ 経済特区について・1

パキスタン Dr.Talat Imtiaz様(経済大臣)のスピーチ(動画)

mds_2013_9_3昨日お知らせしましたように、本日から少しづつ先日開催されました<パキスタン ISEZ(国際特区)セミナー>の動画をアップいたします。



初回は、先週末、そして昨日レポートさせていただきました Dr.Talat Imtiaz様(経済大臣)のスピーチ一部を抜粋させていただきましたものをアップいたします。





関連記事

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜スピーカーの方々

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜Mr. Farukh Amil 様(パキスタン大使館 在日大使)の開会のご挨拶

経済大臣の Dr.Talat Imtiaz 様による「パキスタンへの投資プロスペクト」

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナーレポート続き

今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします!パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナーレポート続き

mds_2013_9_2今週も DTS ブログを宜しくお願いいたします!そして、昨日から 9 月に突入。先週からお送りしておりますパキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナーレポートの続きをお送りいたします。


先週末にご紹介しました Dr.Talat Imtiaz様(経済大臣)のスピーチ(抜粋・編集)の続きを多くいたします。


Dr.Talat Imtiaz様(経済大臣)
1












パキスタンの国家経済への貢献として、ここ10年での海外直接投資流入額は 256 億 6 千万ドルになっています。オイルやガス、金融、貿易。建設、そしてエネルギーと通信の主要部門は投資を引きつけています。

国別では、アメリカ、イギリス、アラブ首長国連邦、香港、スイス、オランダ、ノルウエー、サウジアラビア、そして日本が主要な投資パートナー国となっています。現在の投資機会としては、まずはエネルギー、採掘、IT、電気通信事業が挙げられます。

2












さらに、パキスタンは水力電気も有望な投資機会となっていて、貯水ネットワーク、水力発電所、河川利用などが挙げられます。

明日もこの続きをお送りいたします(動画などもアップ予定ですのでお楽しみに!)


関連記事

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜スピーカーの方々

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜Mr. Farukh Amil 様(パキスタン大使館 在日大使)の開会のご挨拶

経済大臣の Dr.Talat Imtiaz 様による「パキスタンへの投資プロスペクト」

パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー〜スピーカーの方々

mds_2013_8_28編集作業もだいたいアップされておりますので、本日より、「パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー」のレポートをお送りしたく思います。


初日の今日は、まずは当日のスピーカーの方々を順を追ってご紹介させていただくことにしましょう。


Mr. Farukh Amil 様(パキスタン大使館 在日大使)
1












開会のご挨拶(オープンスピーチ)は、パキスタン大使館から在日大使の Mr. Farukh Amil 様。当日は、「パキスタン政府は、全ての企業、投資家の皆様がパキスタンの発展と繁栄へと向かうパートナーとなるべく政策を施行していて、過去30年間に民間セクターがの活動に協力しています」といった、パキスタン政府側の過去、現在、そして将来的な意気込みを語っていただきました。


Dr.Talat Imtiaz 様(経済大臣)
2












続いて、経済大臣の Dr.Talat Imtiaz 様によるスピーチ。パキスタンの投資制度についてかなり具体的なところまでご説明いただきました。パキスタン経済の潜在的な成長性、投資概況、そして投資政策のお話をいただき、この流れで次のスピーカーであります高橋(工学博士/DTS CEO/BOI)に繋げていただきました。


Dr. Hiron Takahashi(工学博士/DTS CEO/BOI)
4












続きまして、Dr. Hiron Takahashi(工学博士/DTS CEO/BOI)による、建設中の ISEZ 経済特区に関する具体的な説明をさせていただきました。地域の紹介、パキスタンのマテリアルや、開発スケジュール予定など。こちらは後に詳しくレポートさせていただきます。


山崎雪舟様
3












最後に、山崎雪舟様より、パキスタン市場への新規参入につきまして、展開プラン例などを用いてかなり具体的なお話をいただきました。パキスタン現地の経済環境、そして投資環境に関しても具体的でわかりやすい資料なども公開していただきました。

政府運営が安定し、経済活動が活発化しているパキスタン

mds_2013_8_21さて、本日から来年開催のブラジルワールドカップのチケットの販売がスタートしたという報道がありました。


今回のチケットは一次販売で、次回が12月。そして4月が最終販売となるようです。価格は最低(グループリーグ)が9,000円で、決勝戦が日本円にして約100,000円。この価格はサッカーファンにしては驚くような高さではないのかもしれません。(そして、後々、プレミアが付いて上昇していきますよね・・・)

そんなサッカーのニュースの中に、こんな報道もありました。


親善サッカーで厳戒 アフガンで36年ぶりパキスタン戦
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130821/asi13082109160000-n1.htm


アフガニスタンでの試合で、パキスタンチームが出場しました。特に混乱はなかったということで、こんなところからも少しづつ、世界情勢の変化を感じ取ることができるのではないでしょうか。



今年6月の新政権によって、政府運営が安定し、経済活動が活発化しているパキスタン。NEXT 11として将来的に最有望国のひとつとなっています。来週8月26日(月曜)、パキスタン大使館にて開催されるのが「パキスタンISEZ(国際経済特区)セミナー」。

パキスタンはもちろん、日本国内ではなかなか入手しにくいリアルな中東、南アジアの経済状況やビジネス情報を。パキスタン政府公式のセミナーですので、この機会をお見逃しなく!


●8/26 パキスタン ISEZ(国際経済特区)セミナー

パキスタン・イスラム共和国大使館の協賛により、パキスタンの実情と、パキスタンで新たに開発される経済特区をご紹介し、皆様の同国での事業展開をお手伝いするセミナーを開催いたします。

詳細・お申込みはこちらからどうぞ
http://kokucheese.com/event/index/106773/
ef1ff88b

Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード