DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

GlocalizationBiz.com

海外販売ナビセミナーと、Glocalizationbiz.com の新たな展開

mds_1282今日と明日のエントリーは、「海外販売ナビ」に関する2題の項目でお送りいたします。定期的に開催しております「海外販売ナビセミナー」。



従来通り、サービスの概略の説明、また、中東や南アジアでのDTSのビジネス経験を利用して、海外での製品・サービスの販売の方法や、各国の経済・IT情報なども公開しています。


前回のセミナーの様子
NAVI_1










また最近では、このセミナーをもう一歩踏み込んだ形式での開催も行なっています。これは、海外への事業展開と同時に、みなさまが「国内においてはどういった立場で仕事してらっしゃるか?」「日本での足場を固めて、海外進出をする」といったテーマを設けています。

これは、DTSのオントロジーやゲーミフィケーションを使用して、国内のビジネスを考えるということにも繋がり、現在試験的に開催するなど準備中です。

そして、海外販売ナビで使用されるECサイト「Glocalizationbiz.com」において、新たな展開もみえています。基本的に「海外販売ナビ」は、通常海外に販売するためのサービスですが、日本国内でも販売が可能という製品もあり、日本、中東、南アジアの同時販売という新たな販売方法も生まれています。

Glocalizationbiz.com」で販売されている実際の製品
ウォーターマックス(抗酸化水生成浄水器)

NAVI_2













明日のエントリーでは、この「Glocalizationbiz.com」で販売されている実際の製品ウォーターマックス(抗酸化水生成浄水器)をご紹介してみたいと思います。

DTSがお手伝いする日本発・海外への発信

mds_12525月3日(木曜)〜5月6日(日曜)は、休業とさせていただきます。みなさま、良い連休をお過ごしくださいませ。



さて、連休前最後のエントリーの今日のDTSブログでは、DTSの日本発・海外発信のプロダクツを今一度、お伝えさせていただきます。


DTS 海外販売ナビ
海外で自社製品・サービスを販売できるどなたでもご利用可能なインフラです。
専用webサイトとコールセンターが効率的に合体したマーケティングシステム。
初めての海外取引で販売先がわからない企業様にも。
対象地域は、南アジア・中東など。
http://www.dts-1.com/glocalizationbiz.html


Glocalizationbiz.com
「海外販売ナビ」で使用する専用のECサイトです。
海外のお客様に製品や企業の情報を紹介。
お客様にこのサイトを閲覧していただきながら、当社コールセンターのオペレーターが
製品やサービスのご説明
をさせていただきます。各国語対応。ライブチャット機能搭載。
http://glocalizationbiz.com/


MIKOSHIの会
日本の中小企業が持つすばらしい技術、品質、美術、芸術、和のこころを、全ての会員から募り、そこで投票によって選出された企業もしくは人を、世界に発信する応援を皆で行い、海外進出の実現を目的とする会です。すべて会員のみで運営されます。
http://www.dts-1.com/mikoshi.html


海外事業推進交流会
海外事業推進を行いたい企業様が集う交流会です。
海外進出としてのクールジャパン活動、海外からの来日者の推進としてVisit Japan関連企業様、
個人様も歓迎いたします。この交流会独自の企画として、
ご参加の方のプレゼンテーション発表を受け付けております。
次回開催は5月9日詳細はこちらからどうぞ。
●ご参加の方々のプレゼンテーションダイジェスト動画
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1460980.html



おかげ様で昨年運営がスタートしました「海外販売ナビ」を皮切りとして、様々なサービス、会合などが起動しました。今後とも、DTSの海外事業サービスを宜しくお願いいたします。

連休明けは「海外事業推進交流会」にてお待ちしております。それでは良い連休をお過ごしくださいませ。

★DTSブログの次回更新は5月7日(月曜)となります。

動画は世界のどの国でも共通の、強力な販促ツールです。

mds_12315昨日のエントリーでは、海外販売ナビのECサイトである「Glocalizationbiz.com」のオンラインサポート機能を営業的に利用するといったことをお伝えいたしました。



今日のエントリーでは、さらに積極的営業ツールとしてのオプションをご紹介いたします。以前、2つのエントリーでご紹介させていただきました「Glocalizationbiz.com」をテレビのショッピング番組のように利用するといった方法です。

1 テレビ(テレホン)ショッピングの効果についてのエントリー
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1381574.html

2 Movie fileによる、Webショッピング番組
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1442846.html



2の補足資料として、皆様の企業の製品に動画が掲載されたイメージです。

TV1




























webサイト上のテレフォンショッピングのようになります。動画は、YouTubeを利用します。

このMovie file による Web ショッピング番組は、商品を映像で紹介する事で他の国の方に多くの情報が提供できます。テキストと写真の説明だけでは伝わらない製品の特長も一目瞭然で伝えることが可能です。

さらに、動画を常に設置するだけではなく、テレビ番組のように、週に一度、特別特売日(時間)などを設けて、この時間にのみお安く提供するディスカウントプログラムを企画することも可能です。

動画を時間ごとに(製品アイテムごとのセールスタイムとして)毎日配信する
TV3












動画を決まった曜日(セールスタイムとして)配信する
TV2












ご存知のように、現在、日本国内でも製品やサービスを説明する動画が効果的に売上アップに結びついています。動画は世界のどの国でも共通の、強力な販促ツールです。

「営業ツール」としてのオンラインチャット

mds_12314昨年(2011年)に、DTS 海外販売ナビの EC サイトである Glocalization.com 内のスタッフとの連絡手段のひとつとしての Skype、オンラインチャットをご紹介いたしました。



2011年07月26日のエントリー
「GlocolizationBiz.com」内でのスタッフとの連絡方法
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1366023.html


2011年08月26日のエントリー
スカイプボタンとライブチャットボタン
http://blog.livedoor.jp/dts_1/archives/1377691.html



ライブサポートオンラインのボタン
chat



オンラインチャットの画面
chat_1












このオンラインチャットは、今まであくまでも「スタッフとの連絡手段」「製品に関する質問にお答えする」目的で設置されていました。

新たに、販売ナビご利用のお客様のご要望にお応えしまして、さらに積極的な「営業ツール」としてのご利用方法が可能となりました。

これは、従来のオンラインサポートにプラスして、Glacalizationbiz.com を訪れたお客様に専門のオペレータがあなたの企業の製品の詳細と機能、購入方法や売れ筋製品などお客様のご希望に沿った電子商取引のための推進、販売活動を行うサービスとなります。

また、対応時間は、契約により24時間コースもご用意しています。時間帯に関してはニーズにお合わせしたサポート体制を組み見込むことが可能ですのでご相談ください。



Glocalizationbiz.com
http://glocalizationbiz.com/
chat_2

「海外販売ナビ説明会」今週も3月7日(水)に開催

mds_12305今週もDTSブログを宜しくお願いいたします!さて、前2週に渡ってお送りしました「海外販売ナビ説明会」。今週も3月7日(水)に開催いたします。みなさまのお越しをお待ちしております。



<海外販売ナビ説明会>

Dr.Takahashi の他では聞けない、ここだけの話など海外情報と海外販売ナビの効果的な利用方法をご説明致します。

【日時】2012年3月7日(水)17時〜19時
【場所】DTS株式会社 東京支店
(東京都台東区東上野3-39-5 第一地所上野ビル5階)
【定員】20名
【費用】無料

お申し込み、お問い合わせは こちらまで
knavi@dts-1.com



海外販売説明会 より
(右:DTS CEO 高橋 宏尚
左:DTS本社取締役 パキスタン支社・CC のIrfan Siddiqui)

navi_photo












今日のエントリーでは説明会でいただきました質問にもあった、海外販売ナビの
ECサイト「Glocalizationbiz.com」の皆様の製品のページについて少しご説明いたします。

みなさまの製品のページの、ご支給いただきました製品の写真。この写真は見せ方の順番等が日々変わります。これは、アクセスされた状況により人気製品を分析しているわけです。

さらに、オペレーターがお客様に電話し、「こういった製品を販売しています」とセールスします。すると、顧客が「この製品のこの色の服が欲しい」とオペレーターに話した場合、価格などの情報も質問されます。そういったコールセンターとのやりとりなどはすべてレポートされ、そのレポートを分析すると「誰がどのような製品を購買しようとしているか」がわかります。

舞月、みなさまから出品する新しい製品の写真をご支給いただき、このような分析のもとに次々に売れ筋製品に切り替えていきます。「Glocalizationbiz.com」はみなさまからご支給いただきます製品の写真、資料を個別製品のマーケティングのもとに、掲載しています。


Glocalizationbiz.com
http://glocalizationbiz.com/

中東・南アジアと日本の共通点にビジネスのヒントを

mds_131海外販売ナビにおいて、日本製品の販売地域として、中東、南アジアをそのターゲットとしています。



DTSのパキスタン支社の仕事関連、海外販売ナビ関連で中東の方々と交流を持つとわかるのですが、実は日本人と中東の方には、共通点が多いのです。

まず、中東には親日家がたいへん多くいらっしゃいます。そして、生活の面でも、礼儀を重んじる点、(約束の)時間などには正確な点など大枠で類似点が多いのです。

UAEのリアルな情報サイト「UAE NOW」に、「アラブ人と日本人の共通点から見る『絆』の講演会開催」という今日のエントリーにタイムリーな講演会のお知らせが掲載されていました。

UAE NOW
http://uaenow-dd.com/
UAE












アラブ首長国連邦アジュマン首長家のアブドルアジーズ・アルヌアイミー殿下が、東日本大震災を契機に設立された友好団体「日本・UAE『絆』イニシアティブ」のメンバーの青年8名を率いて訪日されます
http://uaenow-dd.com/?p=2276

もちろん、断言は出来ませんが、日本製品を販売するならやはり、類似点が多い民族の方の国が製品の需要が多いかもしれません。

同じ生活習慣から来る製品やサービス。これは販売のヒントになるのではないでしょうか。今年からスタートした海外販売ナビの「B to Bプラン」。これは、他のプランとは異なり、最初から現地に販売代理店を見つけ、契約するというビジネスプラン。DTSの専属ディレクターが皆様の企業と現地の企業の橋渡しをいたします。このプランで契約の話を進行していくうちに、日本と中東や南アジアの共通点を見つけ出してみてください。そして、そこにはビジネスヒントがあると思います。


海外販売ナビ推進セミナー
「日本の志を世界に伝播し、元気な日本を復活しよう!」
(主催:一般社団法人 海外販売ナビ推進協会)
2月7日(火)15時30分〜17時30分
TKP会議室 上野
詳細はこちらのエントリーをご覧ください

海外販売ナビのパンフレットの最新版をダウンロードしていただけます

mds_125昨日のエントリーでは、2月7日に開催させていただきます「海外販売ナビ」推進セミナーのことをお知らせいたしました。推進協会が発足してからは初のセミナーとなり、終了後は懇親会なども予定しておりますので、みなさまのお越しをお待ちしております。


本日より、海外販売ナビのパンフレットの最新版をダウンロードしていただけます。

海外販売ナビのご紹介 (PDF)

brs













昨日のエントリーでは、2012年に新体制となりました海外販売ナビの料金プランについてご紹介しました。今日は、プランについて少し補足してみたいと思います。

●アラビック・欧州(コースA)

電話営業時間が、ベーシック(コースB)の約4倍時間となり、営業成果が見込まれます。一度の電話アクセスだけでは成立しない商談も、複数回のアクセスにより成功する可能性が高くなります。また、こちらはヨーロッパのお客様にも販売が可能となります。

●TPP(コースT)

農業などの他国の介入だけがクローズアップされ報道されている感のあるTPPですが、逆に日本から海外への輸出も拡がる可能性があります。こちらのコースは電話営業時間がコースAの倍にあたる40時間となり、販売対象国は南アジアとインドに絞られます。今年から新たに加えられたプランとなります。 

●B to B 契約専任サポート

こちらも今年から新たに加えられたプランです。「販売する現地にパートナーを見つけたい」という企業の方のために生まれたプランで、現地との販売契約に関して、経験豊富な専任者をご用意させていただきおます。契約サイン前の詰めの進行などを代行としてお手伝いさせていただきます。交渉役として専属ディレクターがフロントとなり進行いたします。

こちらのエントリーもご覧ください。
海外販売ナビ「B to B 契約専任サポートプラン」


その他のプランは、PDFパンフレットをご覧ください。

□電話通話料金、設備使用料金はすべて各プランの料金に含まれます。
□ご発注及びお支払いは6ヵ月単位とさせていただきます。
□消費税は表示価格の別途ご請求となります。


alyaban.net

mds_112先日のエントリーでご紹介させていただきました、
UAE(アラブ首長国連邦)に関する一般的な情報をリアルタイムに発信するサイト「UAE NOW」。



この「UAE NOW」にいち早くニュースとして掲載されていたのが「alyaban.net」。アラビア語で日本の情報を伝えているサイトだそうです。

alyaban.net
http://uaenow-dd.com/?p=2254
arab












トップ記事として、早速、先日のFIFAバロンドールを受賞した、サッカー世界年間女子最優秀選手にアジア初で受賞した、日本代表の沢穂希選手の話題が掲載されていました。

その他にも、野田首相の話題や、様々な日本のカルチャーのニュースが満載されているようです。日本国内において、中東の情報がリアルタイムに入りにくいのと同様、中東側でも同様に日本のリアルタイムな情報はなかなか伝わりません。

こうした、国と国とを結ぶようなサイト、あるいはSNSが増えていくのは必然的とも思えます。<DTS海外販売ナビ>で日本製品・サービスを販売する予定のある方はぜひとも、こういったサイトにも定期的に目を通しておいておくと良いと思います。闇雲に、日本からの情報をアラビア語に翻訳しているわけではなく、現地の編集部の「視点」で情報がフィルタリングされているわけですから、自ずと、現地のリアルタイムなマーケティングのようなものも見えてくるものです。


<DTS海外販売ナビ>のECサイト「Glocalizationbiz.com」。
アラビア語で、岩手の名産品が紹介・販売されています。

ringo

DTS ブログで2011年を振り返る

mds_111229今年ラストのエントリーとなります。今年も一年ご愛読いただきましてありがとうございました。来年も、DTS、そして DTSブログを宜しくお願いいたします!


毎年恒例ということで、ラストエントリーは DTS ブログで今年を振り返るエントリーとなります。


1
即効性のある営業成績をお手伝いするサービス


現在、<DTS海外販売ナビ(R)>にてスタートいたしましたプロジェクトの最初のエントリー。この時に既にサービスのポイントは決まっていたことがわかります。来月よりダイレクトコールの時間も延長され、様々なオプショナルサービスも準備されている<DTS海外販売ナビ(R)>を来年も宜しくお願いいたします。


2
「中は、DTSです!


2月のエントリーは、この「高速プラグ・アンド・プレイ USB メモリノベルティ」に関する多数のエントリーを掲載。USBメモリの中にDTSテクノロジーを使用した「C4」が含まれているというかなり贅沢なノベルティとなっています。


3
GAPS for Android


スマートフォン(Android)専用の、セキュアブラウザ「GAPS Secureブラウザ」を公表させていただきましたのが3月でした。そして、3月11日。災害の影響を受けた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。


4
「IT企業的」に新しいエネルギーに関連することを考える時


震災後から夏の国内企業の課題は「節電」でした。DTSのプロダクトは、Mcellをはじめとしてすべて「限られた資源をいかに効率的に使用することができるか」がひとつのテーマとなっています。


5
情報セキュリティEXPO 専門セミナーDTS講演へのご来場、ありがとうございました!


「情報セキュリティEXPO」の専門セミナーで弊社 CEO の高橋が講演。テーマは「web アプリケーションレイヤのセキュリティ」。背景から具体的実装例までをお話させていただきました。


6
スマートフォンをガンブラーから守る!GAPS Secure Browser P.V.

パキスタンのテレビ局の取材


6月は、「GAPS Secure Browser」のリリース、「Interop Tokyo 2011」への出展、<海外販売ナビ(R)>の本格スタートなどかなり賑やかな一ヶ月でした。ブースではパキスタンのテレビ局の取材も。


7
「DTS Japan Chowk」

海外販売ナビ〜政府公認のプログラムでの教育


7月のDTSは、<海外販売ナビ(R)>の内外各調整におおわらわの日々です。そんな中、雑誌や新聞記事として取り上げていただいたり、パキスタンのシンド州に「DTS Japan Chowk(交差点)」を認定していただいたりのうれしい報せも多かった月です。


8
統計を使用したヒューリスティック 〜ファルーク博士インタビュー

誰でもわかるオントロジールール


8月はDTSの技術開発研究チームの一員であり、NUST大学のファルーク博士が来日したこともあり、テクノロジーのエントリーが続きました。CEO高橋が説明する「オントロジー」の動画は必見です。


9
検索エンジンから、ソーシャルメディアへ。そして・・・


日本でFaceBookやTwitterがいよいよ浸透した感のあった秋に連動して<海外販売ナビ(R)>のECサイトである「Glocalizationbiz.com」と、海外SNSとの連動などが話題にあがることが多かった月です。


10
Expo Pakistanフォトレポート・2

現地 Facebook 上に ECサイトの埋め込みサービス


「Expoパキスタン」が開催され、DTSも招待いただきました。日本の所謂「展示会」とは少し違う空気感があり、ミニフォトレポートとして会場の様子をお伝えしています。

また、「Glocalization.com」のFaceBookへの埋め込み、書き込みのオプションサービスもこの頃から本格的にスタートしました。


11
DTS 海外販売ナビ・eBooksで製品や会社の資料を


<海外販売ナビ(R)>のオプションとして、海外企業とのB to Bのケースも多くなり、会社概要や製品の資料を様々な形でローカライズするサービスがスタート。eBooksを使用した電子カタログなども。


12
東京モーターショー 2011でのCOMS(コムス)


今月は、前半は<海外販売ナビ(R)>に関する細かなポイント、今日までの後半は今までのDTSブログではあまり登場しなかった「電気自動車」「エコスプレー」などがキーワードとなったエントリーも。



以上、駆け足でお送りしました、DTSブログで振り返る一年。今年の日本は・・・というよりも世界は、本当に様々なことが起こりました。2011年という年はかなり印象に残る年になったと思います。2012年は、今年学んだ様々なことを活かし、必ず良い年になることと思います。

みなさまにとって、2012年が躍動の一年になることをスタッフ一同願っております。どうか良いお年をお迎えください。

2011















■DTSの年末・年始の営業時間はこちらになります

休業日
2011年12月30日(金)〜2012年1月4日(水)

2012年1月5日(木)より、通常通りの営業となります。

■DTSブログの次回更新は、2012年1月5日(木)となります。


アラビア語

mds1112002今週最後のエントリーは、アラビア語についての話題です。昨日のエントリーでご紹介しました<海外販売ナビ(R)>のECサイトであるGlocalizationbiz.comでの日本の特産品の販売。




昨日は、岩手県の名物である「林檎っち」(セミドライフルーツ)と「黒にんにく18番」(熟成にんにく)が、Glocalizationbiz.com 上でアラビア語で販売(説明)されていることをお伝えいたしました。

「林檎っち」のキャプション(商品説明文)。アラビア語は基本的に日本語の横書きと逆で、右から左方向へと読みます。
4










Google翻訳で訳してみます。「アラビア語」を選択すると、既にカーソルが右はじに移動します。
1










Glocalizationbiz.com の「林檎っち」商品紹介ページの一文をコピーペーストしてみます。
2










日本語に訳されました。
3









アラビア語は単語の接続語が多く存在し、文節構造を持ちます。そのため、一件、日本語と同じ語順となります。

アラビア語は筆記上、右から左へと綴り、上記のような文法構造をもつゆえに、見た目の上では日本語と同じ語順となることがしばしばある。(Wikiペディア より)



ご存知のように、アラビア語は世界じゅうの言語の中でも、かなり広い地域で公用語とされている言語のひとつです。<海外販売ナビ(R)>の主要ターゲット国の中東、南アジアでも、もちろんアラビア語が主流です。みなさまの企業の製品もこういった現地の語学文化などを知っておくと、また様々な販売戦略が生まれてくるかもしれません。

東京の今日はかなり冷えました。お風邪などひかぬようお気をつけくださいませ。それでは良い週末をおすごしください。

Archives
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード