DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

PlatinumREWAF

情報伝達とPlatinumRE WAF5

見出し091216今日のエントリーでは、PlatinumRE WAFに関連する、ある種の概念についてお話したいと思います。


インターネット、web、そしてアプリケーションレイヤー7によって、情報伝達の概念が変化してきたのはご存知の通りです。

1






ネット以前の既存メディアでの情報伝達は、情報ソースが一つで伝達するコンテンツは多くて数種類でした。つまり、同じ製品でも使用するユーザーが異なる場合、例えば広告の場合、ひとつの広告で、コンテンツで伝達しなければなりませんでした。(勿論、予算のある大企業などは別としてもです。予算が莫大にあったとしても、伝達種類は限りがあります)

2








webでは、複数(やり方によっては無数)の伝達種類があり、それは既にみなさんの企業で実行されていることです。中心となる自社サイト、メールマガジンやtwitter等で技術的にはそれが可能となったわけです。

webであれば、可能である。

DTSのWAFテクノロジーは、まさにここに目を付けた技術なのです。リリースされた、PlatinumRE WAFは、DBに頼らないオントロジー型のセキュリティ。

そしてこのオントロジーこそが、「人の感情」「人の趣向」をデータベースという手段以外で関連づけすることができるのです。

例えば、サイトで買い物をした時、決済時などよく見かける、リコメンド。
「これを買った方はこれも買っています」。あれなどはまさにデータベースをうまく利用しているわけですが、慣れてくるとあくまでも売る側のリコメンだと意識するようになります。DTSの場合、セキュリティエンジンではなく、そういったある種のマーケティング的な利用方法もオントロジーベースで研究中です。「人の感情」と「人の感情」を関連付けること。これが可能になれば、伝達方法はさらにステップアップするのです。


DTS PlatinumRE WAF〜オントロジーを用いた独自のセマンテック(意味的)ルールエンジン

DTS PlatinumRE WAF のデモンストレーションについて5

見出し091207いよいよ12月2日より販売開始いたしました、ゼロデイアタック対応型WAF DTS PlatinumRE WAF。




先日、アップいたしましたPlatinumRE WAFのテスト風景の動画、もうチェックいただけましたでしょうか?近日、正式のデモンストレーション用の動画もアップ予定です。

そして、「動画ではなく、実際にデモンストレーションを見たい」という方々のために、DTSの東京支社(上野)におきまして、デモンストレーションを開催いたします。定期開催ではなく、こちらのメールフォームよりご要望のご連絡をいただき、スケジュールの調整をさせていただきます。ぜひ、ご応募をお待ちしております。

さて、そのPlatinumRE WAF関連のミーティングで出た用語なのですが・・・


cia





C.I.A.をご存知でしょうか?セキュリティ関連のお仕事に就かれている方々ならもうおなじみの用語です。セキュリティの3大基本理念である、「気密性」「完全性」「可用性」の略です。

経済協力開発機構(OEDD)が決めたセキュリティのガイドラインです。一見、「専門的な知識で、基本的には無関係だろう」と思いがちですが、実はインターネットにアクセスした時点で、「情報セキュリティー確保のための責任を有する」わけです。

そして最近では、この「気密性」「完全性」「可用性」の他にも管理統制、利便性なども追加される方向性にあるようです。

さらに、最近のクラウドコンピューティングのために状態の追加は必至。
クラウドのおかげでコンピュータの未来は明るい。しかしながら、クラウドのために混沌さも増しています。C.I.A.のガイドラインを守っていても、未知のアタックは日々形状を変えて攻撃してきます。PlatinumRE WAFは、そんな未知のアタックから企業サイトを守ります。ぜひ、デモンストレーションのご応募をお待ちしております。

本日もご来場ありがとうございました!5

見出し09919本日、Inter BEE 2009、そしてWebDB Forum 2009にご来場のお客様、誠にありがとうございました。Inter BEE 2009は、明日が最終日です。ぜひみなさまのお越しをお待ちしております。



さて、展示会、そして今日のフォーラムのお知らせに挟まれてスタートしました、DTS PlatinumCache(R)RE WAF特設ページ

1今までこのブログでは、このゼロデイアタック型WAFのエンジン部分の関連記事のみエントリーさせていただきました。DTS PlatinumCache(R)RE WAF特設ページでは、このセキュリティエンジンを搭載したアプライアンスのページもご用意しています。










2DTS PlatinumCache(R)RE
インストール済
REX365A,REX365A,REX365A

各モデルにハイブリッド型HDD、SSDにより検索情報が高速化、及びアタック情報のアップデート、ログデータ書込みを確実にコミットします。




特設ページには構成例、スペックが掲載されています。ぜひともアクセスを!

「Inter BEE 2009 2009国際放送機器展」は明日(金曜日)で終了です。ぜひともこのチャンスにDTSのSSDをご覧ください。
展示会詳細エントリーはこちら


★明日のエントリーは本日開催されましたWebDB Forum 2009のミニレポートをお送りする予定です。お楽しみに!

PlatinumRE WAF特設ページは17日(火曜)スタート予定です。5

見出し091113今週は、来週DTSが参加する2つのイベントや、パンフレットの更新情報などのエントリーが続き、すでに週末です。


そして、本日もお知らせです。長らくお待たせしておりました DTS のゼロデアイアタック対応型 WAF、PlatinumRE WAF の特設ページが17日(火曜)未明よりスタート予定です。


WAFサイトこの業界初のオントロジー型ベースのセキュリティエンジンにつきましては、今までもこのブログで様々な情報をお伝えしてきました。おかげ様でお問い合わせも数多くいただいております。DTS の SSD ページと同様、ページスタート後も情報を随時追加掲載していきますのでよろしくお願いいたします!昨日よりアップいたしました、カタログの方もぜひともダウンロードを。









さて、昨日あたりから急に寒くなっています。インフルエンザなどもあり、じゅうぶんご注意くださいませ。そして、来週はイベントにてお会いしましょう!


来週、DTSが参加する展示会詳細のエントリーはこちらです



「製品情報ダウンロード」新カタログを2ファイル追加しました!5

見出し091105今日のエントリーは予定を変更させていただきまして、dts-1.com の「製品情報ダウンロード」ページ更新のお知らせです。


wafまずは、このブログでもお知らせ中の、アプリケーションレイヤーセキュリティ・PlatinumRE WAF(プラチナム・アール・イー・ワフ)のカタログを先行ダウンロード開始です。

セマンテックで意味的に類推、判断、検出を行う唯一のセキュリティエンジンPlatinumRE WAFの概略です。ぜひダウンロードを!
★PlatinumRE WAF特設サイトは、11月17日よりスタート。こちらも宜しくお願いいたします。








ssdさらにダウンロードページには、PlatunumCache(R) SSDのカタログも新たにアップロード。長寿命、超高速のDTS SSDの概略はこちら、そして特設ページにてご検討ください。












というわけで、明日は予告通り、「いま、シリコンバレーでは」というエントリーで、DTS CEO 高橋のシリコンバレーレポートをお送りします!






Webアプリケーションレイヤーに対する攻撃例5

見出し091022いよいよWindows(R) 7がリリースされました。AppleコンピュータもiPhoneでの好調ぶり、ネットブックの浸透などと同様に、増々ウエブアプリケーションの需要が高まっています。


このウエブアプリケーションを守るのがゼロデイアタック型のWebアプリケーションレイヤーファイヤーウオール(WAF) DTS PlatinumRE WAF。オントロジーを利用した、DTS独自の、セキュリティエンジンを利用した、類をみないエンジンです。

クラウドコンピューティングの需要と共にウエブアプリケーションの危険性も激増。9月9日のエントリーでもお話させていただきました。

今日はdts-1.comの特設ページにも掲載予定の、Webアプリケーションレイヤーに対する攻撃例をまとめたものをご覧いただきましょう。


攻撃例
























代表的なタイプだけでもこれだけあるわけです。ひとつの攻撃タイプを違う攻撃方法でしかけてくることもあります。さらにこれに、前例のない「未知のアタック」が加わるわけです。公表前に攻撃をしかけてくるのですから、この「未知のアタック(ゼロデイアタック)」が実は最も怖い。

「ゼロデイアタック」に有効な方法。これが、データベースや、数値に頼らずにオントロジーベースのDTS PlatinumRE WAFなのです。

★PlatinumRE WAFに関する、DTSブログの記事はこちらです。開発スタッフの一人であるNUST 大学教授・ファルーク博士のインタビューも。
★dts-1.comにて、PlatinumRE WAF特設ページ準備中。

Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード