DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

PlayMagic

QuickTime(クイックタイム)

midashi10714昨日は、世界標準の映像フォーマット「MXF」についてを簡単に説明させていただいたエントリーでした。今日は、QuickTime(クイックタイム)についてのエントリーです。




DTS SSD搭載の音声・映像送出サーバ・PlayMagic(TM)の仕様には、MXFの他にも「QuickTime対応」と記載されています。


qtみなさんのデスクトップにあるQuickTimeプレーヤーで使用されているのが、QuickTimeの技術です。Macintoshユーザーの方々は詳しいと思いますが、QuickTimeはiTunesなどのマルチメディア系のアプリケーションの動作のコアにある技術です。(例えば、WindowsでiPhone4のiOSを同期させようとした場合、iTunesの最新バージョンと共にQuickTimeもバージョンアップさせないとならない)。

QuickTimeはどんどん進化しました。QuickTimeで使用されているレイヤー構造がMPEG-4などのベースになっています。

現在のバージョンでは、H.264も採用されています。さらに、3GPP、3GPP2にも対応しています。みなさんの携帯電話でムービーを撮影した場合、QuickTimeプレーヤーで再生できるわけです。パーソナル使用にとどまらず、QuickTimeのフォーマットはストリーミングサーバソフトウェアやLinux、Windowsで運用可能なオープンソース(Darwin Streaming Server)などもあり、その拡張性は大きく、構造も非常に柔軟です。今では、ほとんどの映像ファイル形式を再生することが可能となっています。

アップルコンピュータのQuickTimeのページはこちらです。

次回のPlayMagic(TM)関連のエントリーでは、MPEG-2についてお話しましょう。

音声・映像送出サーバ PlayMagic(TM)

DTS SSD特設サイト 


MXFは、世界標準の映像ファイルフォーマットです。

10713midashiIPTVや、USTREAMなどのストリーミング放送などが日を追うごとに
リアルなものとなりました。今日のエントリーでは、DTSのSSDが搭載
されている音声送出サーバ・PlayMagic(TM)(株式会社アイ・ディー・エクス)についてお話してみます。今日は、「MXF」について。




10713







IPTVがケーブルテレビにとって代わったように、映像をテープではなく、データファイルとして扱うことが常識となりました。

PlayMagicサイトの「主な機能」のトップに仕様として「MXF/QuickTimeに対応」と記載されています。

MXF(Material Exchange Format)とは、世界標準の映像ファイルフォーマットです。圧縮の形式、解像度、画角とは関係なく映像/音声の各々にメタデータをファイルの中に入れることができるフォーマットです。オーサリング用のフォーマットではありません。素材や番組そのものの交換するための規格です。放送局と放送局との間のファイル交換のみならず、局内外のシステム間共通のフォーマットとしても利用できます。

そして、ご存知、QuickTime。もちろん、我々が普段使用しているあのアプリケーションのことではなく、技術のことを指します。音声映像サーバにおけるQuickTimeについては、次回お話させていただきます。


音声・映像送出サーバ PlayMagic(TM)

DTS SSD特設サイト 

USTREAMがいよいよ本格的にスタート

midashi10706さて、今日もDTSのSSD関連のエントリーが続きます。もうこのブログでも何度もご紹介させていただいている、(株)アイディーエクス様の映像・音声送出サーバ・PlayMagic(TM)。今日からUSTREAMのAndroid端末用のアプリもリリースされたということで、増々配信サービスから目が離せない状況になっています。



Android端末用のアプリリリースと同時にUSTREAMの方は、USTREAM asiaからJASRAC等との包括契約も締結されて、USTREAM上で、音楽著作権管理団体の管理楽曲が演奏OKとなったようです。

ユーザー(演奏者)が、使用した楽曲の情報をUSTREAMに報告するという形式がちょっと新鮮です。この辺、増々、パーソナルなブロードキャストのスタートを感じませんか?

さて、PlayMagic(TM)。DTSのSSD使用のため、高運用性とコストダウンが実現するサーバーです。

MFPSMFPS動作イメージ
内蔵されたDTSのSSDが長寿命エンジンをMLCで画一化。
SCL-SSDと同等の高速I/O性能と長寿命を実現します。




PlayMagic(TM)の詳細ページへ

DTSのSSD詳細ページへ

「ケーブルテレビショー2010」は26日まで開催です!

midashi10624本日(24日)から26日(土曜)まで、池袋サンシャインシティの展示ホールにて「ケーブルテレビショー2010」が開催されています!




「ケーブルテレビショー2010」では、映像・音声サーバ「PlayMagic(TM)」が(株式会社アイディー・エクス様)合計5社様のブースにて展示されています!



cabletelevi「ケーブルテレビショー2010」オフィシャルサイト








ご存知のように、この「PlayMagic(TM)」には、DTSの高性能・長寿命のSSDが搭載されています。また、「PlayMagic(TM)」にNASを組み合わせた展示を行っているブースもありとの情報が入りましたので、ぜひこの機会に。



100







PlayMagic(TM)(株式会社アイディー・エクス様)



ssdDTSのSSD特設ページ












放送のデジタル化の夜明け、そして混沌も?5

10513お馴染み、DTSのSSDを搭載した、映像・音声送出サーバ PlayMagic(™)。先日開催された世界最大級の放送機器展「NABショー」での反響も大きかったようです。


さて、DTSのSSDが最近、こうした放送機器に使用していただく機会が増えたわけですが、何度かこのブログのエントリーでも書いてきたように今がまさに「放送のデジタル化の夜明け」という状況なのですね。

というわけで、本日のエントリーでは最近のこのデジタル放送配信についての話題を2つとりあげてみたいと思います。



domuまず、USTREAMでの配信番組なのになぜかテレビガイド誌の特集を飾って話題の「DOMMUNE(ドミューン)」。







映像クリエーターでありながら、大学で教鞭などもとる多才な、宇川直宏さんが個人で主催するUSTREAM番組です。あまりテレビ番組ではお目にかかれないような専門的、サブカルチャー的な出演者たちが毎晩興味深い世界を展開しているようです。これが3月にスタートしたばかりで、既にネット内では大反響。驚くべきことに、毎晩、ビュワー数が世界一になっているという現象が起こっています。先日、著名なテクノミュージックのアーティストが出演した際には1万人を超えるビュワーを記録して、問題なく視聴可能だったことも話題となったようです。

Tech Wave.jpの記事へ


番組主宰の宇川さんも言っているように今はまさに「放送の過渡期状態」。


過渡期には、もちろん、技術や番組内容だけではなく様々な規則なども混沌としてる状況のようです。

昨日、某配信サイトで個人的に音楽をBGMとして配信していた男性が、いきなり逮捕されるという事件がありました。日本音楽著作権協会(JASRAC)からお咎めがあったことから警察が動いたようです。個人での配信には、法人での配信と異なり、このあたりの知識を知っておかないとちょっと怖いことになるのかもしれません。ただ、この配信ルールも、配信メディアによっても形態がまちまちでまだまだ混沌としている状況。

DTSでは、デジタル化されるブロードキャストに使用される技術はもちろん、こういった「新しい放送に関する事象」も並行して注目していきたいと思います。


今日のエントリーは特別編です5

見出し10303今日のエントリーは特別編として、DTSのSSD搭載の音声送出サーバーPlayMagicを販売している(株)アイ・ディー・エクス様(以下敬称略)の、気になるキャンペーン製品をご紹介したいと思います!



去年末の12/1から、旅客機の機内持ち込み荷物の制限規則の一部が変わったことが話題になっていました。

JAL国際線 - お手荷物について

機内持ち込み手荷物について/手荷物について航空券ANA国内線

1今、(株)アイ・ディー・エクス様がスタートしたキャンペーン製品が機内でかなり便利そうなスグレモノなのです。











2対象製品を購入すると進呈されるのが、この「機内持込用バッグ」。そして、旅客機に持ち込める持込手荷物の制限サイズが3辺計115cmまでと改定後のサイズ規定も、このバッグなら合計105cmと軽くクリア。カメラはもちろん、バッテリーや充電器もコンパクトに収納できるモノ。ちょっと預けるのが怖い機材。やっぱり、手荷物で持ち込めるって安心ですよね。




(株)アイ・ディー・エクス 機内持込用バッグキャンペーン詳細はこちら

ハイブリッドHDD MCell 台数限定キャンペーン終了のお知らせ5

見出し10204今日はまずお知らせです。「ハイブリッドHDD MCell 台数限定キャンペーン」は終了いたしました。ご購入、誠にありがとうございました!



同じく、DTSの限定キャンペーンが「Mcell RAID キャンペーン」 。こちらは3月末日までの期間限定キャンペーンとなっております。Mcellが4台プラス30TBで248万円の特別プライスです。

キャンペーン詳細ページはこちら




さて、ここのところのエントリーで触れています、「昨今の配信(ストリーミング)」話題ですが、やはり業界は早い!早くも、USTREAMとは異なるライブキャスティングサービスが。



TCASTこちらは「モバイル専用。ストリート・ライブキャスティング」というキャッチでiPhone APPが無料配布されている「TwitCasting」。USTREAMとはまた違う特徴があり、増々盛り上がるパーソナルキャスティングです。





こういったサービスを使用して、既にtwitterのあちらこちらで、あらゆるライブキャスティングのオンエア状況を目にすることが多くなっています。ラジオ番組なども、ライブキャスティングを利用して、「ラジオなのにテレビ」のような状況に。ソフトバンクのUSTREAM出資のニュースからライブキャスティングが加速しています!



☆DTSのSSD搭載映像・音声送出サーバー・「PlayMagic(TM)」

内蔵されるDTS SSDは、高性能のロングライフアクセンスエンジンをMLCにて画一化することにより、SCL-SSDと同等の高速I/O性能とライフサイクルを実現。自動キャッシュポリシー制御による高いデータの安全性確保。

個人でマルチアングルの生放送が?5

見出し10201先日のエントリーでは、「すべてがデジタル化されていく放送の世界」と題して、個人レベルで音声・映像をリアルタイムで配信できることで人気のUsteamについて書きました。



そして、このUSTREAMのソフトウエア、Usteam Producerなるソフトがリリースされました。

無料版でも、パソコンのデスクトップキャプチャーとカメラの切り替え等ができるので、ライブでプレゼンをする時などかなり役立つのではないでしょうか?

有料版になると、制限台数なしでカメラを切り替えることが可能になり、レイヤー機能なども搭載されているようです。画面ショットをみた限りでは、まさパーソナルなテレビ局状態です。個人でマルチアングルの生放送!

もちろん、HD画像等の良い条件で配信するのには通常のPCでもかなりパワーがいるのでプロ用にはまだまだ追いつくわけはありませんが、近い将来、放送局並みのシステムを個人が持つ日もやってくるのでしょう。


☆DTSのSSD搭載映像・音声送出サーバー・「PlayMagic(TM)」

内蔵されるDTS SSDは、高性能のロングライフアクセンスエンジンをMLCにて画一化することにより、SCL-SSDと同等の高速I/O性能とライフサイクルを実現。自動キャッシュポリシー制御による高いデータの安全性確保。


今晩から東京は雪です。明朝は積もっているのでしょうか?お風邪にはお気をつけください!

YouTubeでリアルに映像・音声送出を感じる5

見出し10年1月21日DTSが出展した展示会の様子や、製品のテスト風景などの撮影で我々も利用しています、お馴染み YouTube 。


あまり頻繁に使用しない機能として、こんなものがあるのをご存知でしょうか?

1動画を右クリックすると、フラッシュプレイヤーのメニューが表示されます。ここから、【Show Video Info】を選択します。









2画面左上に小さな画面が表示されます。ここにはビデオストリーミングに関する情報が記載されているのです。



640×360は動画のサイズ。

kbpsは通信速度。1秒間に何千ビットのデータを送っているか。ビット毎秒。動画再生中に、グラフが動いているのがわかります。

fpsが動画の滑らかさ。Frame Per Secondの略です。値が大きくなるほど動きが滑らかに見える。

既に、なにげなく観るようになった、YouTubeでの動画再生。これでリアルタイムの通信情報をみてみると、当然のことなのですが、サーバ側では非常にスピードとパワーが必要だということがリアルに理解できます。

DTSのSSDが搭載されている「PlayMagic(TM)」のような映像・音声送出サーバーが常時活躍しているわけですね。

「PlayMagic(TM)初荷式」5

見出し1月12日先週末(1月8日)に、DTSのSSDが搭載されているの映像・音声の再生や転送用の1RUサイズサーバ「PlayMagic(TM)」(株式会社アイ・ディー・エクス様)主催の初荷式にご招待いただきました。


1「PlayMagic(TM)初荷式」。この会が開催されるタイミングで製品は開発チームから販売チームへバトンタッチされます。








2まずは、株式会社アイ・ディー・エクス 片山社長、TBNE小島社長の挨拶があり、テープカットの後、三友 北川社長の乾杯の後、パーティーが開始されました。







3DTSより「祝・出荷式」と書かれた盾(たて)をお渡ししました。













4PlayMagic開発チームは販売グループの打明話などを聞きながら、様々なアトラクションで盛り上がりました。(中でも、大量のワサビを仕込んだ「ロシアン寿司ルーレット」はちょっと特筆モノ。最近、流行ってるらしいですね!)





株式会社アイ・ディー・エクス様のみなさま、ありがとうございました!

「PlayMagic(TM)」のパンフレットもダウンロード可能な公式ページ(株式会社アイ・ディー・エクス)はこちらです。
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード