DTSは、ちょっと違う。
IT企業なのにパキスタンでインフラビジネスに挑戦中!

iphone

dts-1.com/mobile

mds_121127昨日のエントリーでは、本サイト(dts-1.com)に新しく追加された無料デモ申込みページをご紹介しました。今日も、本サイトについてのエントリーを続けてみたいと思います。

みなさんは、弊社本サイトを PCでご覧いただいているでしょうか?圧倒的に PC でご覧になられている方が多いかと思いますが、スマホや iPhone に最適化されているのです。

URLは dts-1.com/mobile になりますが、もちろん、スマホでアクセスしていただければこのように自動的にスマホに最適化されたレイアウトとなります。PCではレイアウトされているトップの大きなバナーは、スマホではすぐに各種コンテンツにアクセスしていただくために削除されています。

1






















各種図版も、スマホ用のレイアウトで閲覧しやすく作成してあります。

2






















PCでご覧いただいている方は、こちらにアクセスしてみてください。

http://www.dts-1.com/mobile

レスポンシブデザインとなっていますので、ブラウザーの大きさを変えていただければ、レイアウトがウインドウサイズに最適化されるのがおわかりになられるかと思います。

もちろん、このDTS ブログ(ライブドアブログ)自体もスマホに最適化されています。

3





















日本語化の作業・編集は随時進行中ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

スマートフォン

midashi11107さて、今年の最初のエントリーにも書いた通り、今年は去年末に始動した本当の意味での「スマフォ元年」になりそうな気配ですね。



spgannnen個人的にも、そしてDTS的にもそのスマフォ(スマホ)はもう関わりだして
いるようです。








なんといっても、このスマホの台風の目となっているのが、アンドロイド。ここ数年、日本国内はiPhone一色だったスマホ界がここに来てガラリと様相を変えようとしています。もちろん、そのコアの部分に存在しているのがアンドロイド。
そして、Google。

アンドロイドのフットワークの軽さが、日本のガラケーと手を組んでauのIS03やdocomoのギャラクシーが生まれました。このおかげで、本当の意味でスマホが国内に急速に浸透しています。

そして、今までガラケー一色だった「携帯電話」の世界がガラリと変わります。より、コンピュータに近い・・・というか、既にコンピュータといえるのですが、情報端末としての機能が段違いにアップして、コンテンツや周辺機器などもガラケーとは比較できません。

もちろんDTSも、このスマホ関連のプロジェクトは既にいくつか進行しています。ここでは公表できないのですが、どれも、今まで培ったストレージ、セキュリティ技術等をスマホ関連の事業にどんどん移植・進化させているのです。

最後に、個人的に気になった最近のスマホ関連のニュース。年末の日本通信からリリースされた「IDEOS」です。早くもSIMロックフリーを売りにした、安価のアンドロイド端末の登場です。ツイッター等でかなり話題になっているのでご存知の方も多いかと思います。スマホ市場が、大手キャリアに限定されずにどんどんその規模が拡大化、というか拡散していくような気がします。今年のこの大きな市場は絶対に無視できないところまで来ているようです。
(DTS・Y)

「端末のOSは変わる」5

見出し10115さて今週も最後のエントリーとなりました。今日は、「端末のOSは変わる」というお話です・・・



アップルコンピュータのiPhoneの国内ユーザー成長率が300%を超えたようです。これから、グーグルのNexus Oneがどの程度伸びるのかが興味深いところではありますが、現在はスマートフォンのうち、iPhone OSが54%程を獲得している状況です。

iPhoneのユーザー成長率、300%超で日本がトップ――AdMob調査


ついこの間まで、Symbian OSが占めていたこの業界も、すっかり様変わりしています。

これからは、端末のOSはかなり変化が激しいものと認識すべきなのかもしれませんね。そのiPhoneもまた今年夏頃に発売予定の新機種でまたがらっと変わるのではないでしょうか。

やはりこうなってくると、気になるのは、スマートフォンの中に保存されているデータ。

端末OSが頻繁に変化しても、やはり要はデータです。ケータイ電話のデータも初期の電話番号、メアドから、スマートフォンの時代になって劇的に変化しています。iPhoneなどは最早、APPの浸透で様々なファイル形式のデータが「携帯電話」の中に保存されているのですから。

PCと同様、スマートフォンもデータ自体を考えていく時代になったというわけです。


さすがに正月気分も抜けてきた今週もお疲れ様でした!良い週末を。

iPhone APP5

見出し081211さて、昨日はサーバの高パフォーマンスにうってつけのDTSのソフトウェア「C4」をご紹介しましたが、同じソフトウェアでも今日はiPhoneアプリのお話です。


仕事に疲れた時、気分転換にイイ感じのアプリをご紹介。モチーフはすべてD「DTS」です。



APP3これ、実はドットでDTSと書いてあるんです。ドットで音楽を描くようにつくっていくというアプリ。偶然にも癒し系の音ができちゃったりするから不思議です。
PaklSoundd1





APP1いわゆるチッカー。電光掲示板です。設定画面で任意の文字を打ち込むと電光文字が流れます。ただそれだけなんですが、なんだか病み付きに。
Banner Free





APP2お絵描きアプリですが、タッチに対するレスポンスがすごく早いのと、iPhoneやiPodtouchを「振る」と絵が消える(削除される)のがナイスアイディアだと思います。
Scribble

というわけで、月に一度くらいお送りしているiPhoneアプリネタですが、いつかDTSの何かのテクノロジーとの接点が出てきそうな気もします(?)。
Categories
10524_bn


mailfフォームボタン
QRコード
QRコード