選択肢を保護しよう!!
著作権法改正でCDの輸入が規制される?
実態を知るためのシンポジウム

期日:5月4日(火曜日 祝日)
場所:新宿ロフトプラスワン
時間:午後1〜3時
入場無料/ドリンク代500円のみ御負担ください
司会進行:ピーター・バラカン
パネラー:
民主党 川内博史衆議院議員
音楽評論家/HEADZ代表 佐々木敦
輸入盤ディストリビューター、リバーブ 石川真一氏
イースト・ワークス・エンタテインメント 高見一樹氏
音楽家 中原昌也氏
「ビルボード」誌日本支局 スティーヴ・マックルーア氏
「REMIX」誌スーパーバイザー 野田努氏
音楽評論家/エンジニア&プロデューサー 高橋健太郎
ほか(現在、各方面の音楽関係者に打診中)
発起人:ピーター・バラカン、高橋健太郎
協力:藤川毅

この催しは三人の個人有志のみによって運営されます。いかなる団体とも無関係です。
------
 昨日のblogで近日中に書いたのは上記催しのことです。
 ボクは住んでるところが鹿児島なので協力という立場でしか動けていないのが残念です。会場のブッキングなど実働という点では健太郎さんにお世話になっているのが実情です。
 まずは今回のことについていろんな立場から現状を知ろう!そして各自で考えて行動しよう!というのが主旨です。開催まで時間もないですが、ゴールデンウィーク暇があるという方は是非、足を運んでください! もちろんボクも鹿児島から参上します!


追記:音楽配信メモ、津田大介さんのご厚意で上記シンポジウムがネット中継されることとなりました。
詳細はコチラ