さて賞与査定やら諸会議の準備等でバタバタし、また更新がおろそかになっていました(^_^;)

今回は、デジタル・ガジェットというか、普段持ち歩いている便利グッズについてモバイル編とPC編とに分けて紹介したいと思います。今回はモバイル編。

小生は、携帯はウィルコムのPHSとiPhoneを利用しています。ウィルコムの端末は京セラ製のBAUM。
PHSは会社で契約していますので、会社の連絡用です。
iPhoneとウィルコムの端末の共通の弱点は、充電です。ドコモやAUの充電器は街のどこかで調達できるし、いざとなればコンビニで購入することもできますが、利用者の少ない(涙)のウィルコム端末の充電器はなかなか調達が難しいのです。
一方iPhoneは、なかなか使えるやつなのですが、電池の消耗が激しいのが弱点。
というわけで両方とも充電に苦労します。そんな僕がいつも持ち歩いているのが100均で購入したこの小袋w
P1000041

この中に入っているのは、以下のようなものです。

まずは、バッファロー製のUSB充電器
P1000042

P1000043

P1000044

この製品の優れているところは、USBが2ポートと電源コンセントを2個口備えている点。

USBだけ2個口というものだとこんなのもありますが、なるだけ電源を有効活用したいのでこのバッファロー製のものがおすすめです。

このバッファロー製の充電器と携帯をつなぐのが以下のグッズ。
P1000046

右から、iPhoneとの中央がウィルコム端末とのUSB micro一番左がUSB-miniBタイプとの伸縮式リトラクタブルケーブルです。

電源が確保できる場合には、電源→バッファリー製充電器→伸縮式ケーブル→携帯端末と接続し、使用します。

さて、電源が利用できない場合は以下のグッズの登場です。
P1000045

この商品、少々値が張りますが、コンパクトなのに4400mAhの大容量のモバイルバッテリー。かなり使えます!
電源がとれないときはiPhoneもPHSもコレで充電します。

それと、充電が切れて困るのは、デジタル・カメラも同様です。
小生はLUMIXのデジカメを使用していますが、多くのデジカメが専用のバッテリー用充電器を使わなければなりません。
しかし、コレがあれば大丈夫! 写真ではわかりにくいので、詳細はリンク先をご覧くださいませ。
P1000047

デジカメのバッテリーの端子に直接つないで充電しちゃおうというなかなかのアイディア商品です。

というわけで、鞄の中にいつも入れてある便利モバイルグッズでした。
携帯の充電はUSB-microで統一される流れのようですし、そうなるとこの手のUSB充電グッズのニーズは高まりそうですね。

近いうちにPC編というかノートPCと持ち歩くグッズについてもまとめてみたいと思います。

ちなみに、すべてのグッズに黄色のテプラで名前を貼り付けてあります。黄色のテプラは携帯グッズ用、PC用のグッズは青色のテプラと色分けしてあります。
一緒に使うことも多いので、片付けるときに整理しやすいように、というわけです。