鹿島アントラーズ3連覇のネタとか書こうと思っていたのですが、かなり時間がたってしまいました。
その間に鹿島は天皇杯で負けてしまい、2冠はなりませんでした。

大学ラグビーは慶応と引き分けた早稲田は、明治を下し対抗戦制覇したのもちょっと前の話ですが、今年の早稲田のラグビーいまひとつですな。

_SS500_
久々に市川崑『細雪』をみました。
原作は言わずとしれた谷崎潤一郎。
かなり好きな映画だ。2時間20分の時間もあっという間だ。
戦争突入直前の昭和13年から物語は始まる。
役者は文句なし。4姉妹は、岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子。この頃の古手川祐子はいいね。
吉永小百合の見合い相手がヒゲ時代の江本孟紀なのは謎だが、彼に台詞を与えなかったのは市川監督の見識だw
それにしても映像は美しいし、岸恵子の亭主役=伊丹十三と佐久間良子の夫役=石坂浩二もすばらしい。
古手川祐子のダメ彼氏役=桂小米朝もかなりのはまり役。
脇を市川映画のレギュラー陣が固め、着物と映像の美しさとともに見事というほかない。
しかし、久々に聞いて残念だったのは音楽だ。
音楽そのものよりも、それを奏でる楽器の音色が普遍的でなく、はやり廃りがあるから仕方ないとはいえとても気になる。
音楽だけやりかえたいなぁ。
蛇足。この映画でも佐久間良子はお得意の琴を披露。


最近の読書はここのところ流行り物ばかり。
貫井徳郎『後悔と真実の色
池井戸潤『鉄の骨
奥田英朗『無理
といったあたり。
これから東野圭吾『新参者』を読む予定。
いやーヒット作ばかり。ゆえに、どれも楽しめるものだったが、個人的には『鉄の骨』が好きですかね。

そういえば、9月の終盤から年内いっぱいを目標に禁酒しているのですが、今日で85日目。お酒を飲まない生活が自然になりつつあります。食生活も野菜中心の生活に見直しているのですが、体重も7キロほど減り、ウェストも78センチほどになり、ジーンズも久々の31インチに突入!
忘年会シーズン中なれどウーロン茶で乗り切っています!