Dυcky

カブネタを中心に あらゆる事を自由に散文します 横浜のポンコツオヤジです

高エネルギーのプロトン粒子の増加および高温・高速の

コロナガスが太陽面から西方向に放出され、地球には

その一部が到達する可能性を心配されていた 9/9の日。

つまり、世間一般には北朝鮮建国記念日に またもや

世界の平和を挑発するが如きミサイル実験をくり返すのではと

危惧されていたが、大規模な太陽フレア爆発の影響で

地球周辺の宇宙環境や電離層、地磁気が乱れる可能性があり

通信衛星、放送衛星などの人工衛星の障害やGPSを用いた

高精度測定の誤差の増大、短波通信障害などが生じる可能性

を予測されていたのを受けてかどうかは分りませんが

結果 何事もなかった日にインスタで知り合ったフォロワーさんの

個人宅へ、のほほ~んと遊びに出掛けました



個人の趣味にしては大規模な、そのガレージにはあらゆるものが

所狭しと置いてあります


IMG_8001

MRカブこと MRネイサンも一度、旅の途中で訪れております
奥に見える希少車FORDは現在売りに出されていますが
同じ型式の中でも特に貴重な年代の製造らしく、埃を被って物置状態ですが
リアブレーキキャリパーさえO/H すれば完全に良い状態らしいです

V8エンジンをかけてもらいましたが、
このままドラッグレースに出場出来る自信があるって言ってました
価値にして数千万円にもなるらしいorz


その他にもガレージの中は整理がつかないほど物が散乱しており
個人所有物なのでセキュリティ上、詳しくは省略しますが、、、
元気なOHVカブも数台。テレビやイベントの為に借りに来る事もあるとか


そんな面白い人の処には人も集まるようで
ガレージで雑談しているとポツリポツリと友達?が集まってきます



あまり長居していてもご迷惑かけるばかりなので
小一時間で貴重なガレージを後にします




車ネタと言えば最近

R246を真夏以外で毎日通勤している、こんな人もいます
外国人で駒沢周辺で右折していくので、お店でも営業しているのかな?と想像出来ますが


IMG_7972

あの寝転がったスタイルでトロトロ走る自転車に、あり得ない程大きなボックスを付けて
渋滞する246を20km以上は走行するよね
毎日ご苦労様です






もし、私は何色が好きかと聞かれたら、迷わず「緑」と答えるけど
いくら高級車でも車に この緑色は無いよなぁ~


IMG_8007

軍用車のダークグリーンならば車種によってはカッコいいけど・・
基本的に車に緑色は似合いません!



あと、お化粧の濃い車も・・・






IMG_7456

ほんと、個性が豊かな人ばかりが都会にはいますよね~








我が家のチンケな倉庫には埃まみれなガラクタしかないのに、、、







IMG_8012





おわり

毎日SNSで姿を見せてくれている人が
最近、見かけません・・・



ちょっと複雑な関係があって家族が遠くに住んでいる様なので、周りの人が気付かないと

トイレで尻を出したまま、孤独死なんてことも…((+_+))



なんとか、周りの人達を経由して無事である事を確認しましたが
心配していた通り、病気で入院していました


病院を聞き出してお見舞いに出掛けるも
その当日に退院されていました

本人も聞かされていなかったのでしょうね、
突然の退院に午前中見舞いに行った人でも知らなかったそうです



まぁ 元気を取り戻したなら
それはそれは喜ばしい事です



その方がSNSで近所の公園へリハビリ兼ねて散歩を繰り返しています

私もコッソリ出掛けてインスタに上げて勇気を送ります




IMG_7833


生田緑地公園

たぶん、昔 小田急電鉄系が運営していた向ヶ丘遊園地の跡地に出来た川崎市立の公園だと思います

向ヶ丘遊園は現在でも駅名だけが残っています




IMG_7837




その人がD-51を撮っていたので、私も行った証にパチリ!

ダッダ広い公園の奥にD-51が展示されていたなんて知らなかった





ゆっくり焦らずリハビリに励んで下さい








おわり

次回 9/15

九月の初旬になります
親族で会食があったので、ちょっとしたネタに…


場所は青梅にあります酒蔵「澤ノ井」が直営する料亭へ


WS000000

場所的にはこちらの地図を参照ください

ツーリングでは、いつも通過するだけ
青梅街道で少し山深くなってきた景色に変化する頃に現れます


IMG_7909

多摩川の畔にガーデン形式の軽食店と豆腐料理を提供する料亭が並びます



IMG_7906

眼下には釣りを楽しむ人や学校行事でしょうか?
ラフティングで絶え間なく小学高学年と思われる子供たちが楽しそうに流れてきます


座席にはお品書きと、お猪口に何やら怪しい液体がセットされています

一品目は紫蘇ジュース
猪口つと豆腐、夏野菜の冷やし鉾

給仕してくれる女性は近所の主婦である事がみえみえ
それ程、経験やサービスに高い意識は感ぜられせんが
全然求めてもいませんし、客層も観光客相手でしょうから

で、グイッっと眼の前にあるお猪口の液体を半分ほど飲んじゃったら

 「醤油」じゃん!




こんな客が相手ですから、問題ありません( ´艸`)


IMG_7867

酒蔵が自慢する清流で作った醤油なのね、、、

時間を置いて提供された豆腐は少しニガリの多く味が濃い歯ごたえのある豆腐
湯葉はしっかり噛んで大豆の味と風味を楽しむ為に固めに作られています


IMG_7868

前菜は説明してくれないと、よく分からないものが多いですね
まぁ豆腐料理と肉料理、豆腐で作った餅かな?

そこからお造りが出てきて

IMG_7875

本当に最近の技術は素晴らしい
刺身が、こんな山奥でも美味しく頂けます


目の前の多摩川で採れたアユでしょうね、、

若鮎の一夜干しに鮎甘露が出てきました

IMG_7880

若干、香りが少なくて味もマズマズでしたが美味しく頂戴します


その後も湯葉や醤油、豆乳が素材の皿が続きます


IMG_7881

何だろうね? 右の黒酢を掛けて食べますので
この時は一気に飲み干しません(笑)

IMG_7885

せっかくの酒蔵直営料亭ですが、運転手なので日本酒は出てきません

IMG_7887



お酒が好きな方には日本料理のコースは嬉しい限りでしょうが
若い人には最後に出て来る飯や味噌汁椀とか理解が出来ないのも理解できます

私も最近になって、やっと小食になったので白飯を少ししか必要としなくなってきましたから理解が出来る様になりましたが



IMG_7886


中華料理でも、まずはチャーハンを頼んでからオカズと一緒に食べたくなる気持ちは分ります





時には、こんなノンビリした一日があっても刺激的ですね


おわり








あ! あの人に日本酒買ってくるのを忘れたゎ








次回 9/13





















↑このページのトップヘ