2008年08月08日

うがぁ!保険で落とし穴に嵌る…

順調に進んでいたはずの離婚手続き…
しっかぁし!夏休みを前に落とし穴が!?





夏休みに入ると子供の活動範囲が広がります。
暴飲暴食、腹出して寝る…体調管理も難しい季節です。
で、離婚の為に元夫の社会保険の不要から離脱した我々親子は
次の就職までの期間、国民健康保険に加入しようと役場に行ったのですが…。

国民健康保険は高いって?高いよぉ!
企業が出してくれる社会保険は保険料の半分(?)を
雇った企業が肩代わりしてくれるのです。
しかし国民健康保険は全部自分で払うから、
単純に見ると、被保険者が社会保険の倍の保険料を払う事になるのです。

役所に行って試算してくださいとお願いすると
昨年度の私の収入と扶養家族の人数、母子家庭である事等を考慮して
私の年間保険料を試算してくれて月額の保険料を教えてくれます。

昨年度の年収によって保険料は変わるのですが、
昨年の私は不要の範囲内で働いていた為にメッチャ低額。
それでも月額は1ヶ月に1万2千円程度でした。

「次の仕事が決まるまでの間だけだから…」
と自分に言い聞かせ、加入申請をしようとしたのですが…。
「すみません。あなたとご家族はまだ(元夫の)社会保険に加入していると
データではなっていますので、国民健康保険には加入出来ません。」

ぬぁにおぉお!!??

別居の時に保険証は一緒に元夫に渡したよ!
元夫が会社に返却していないのか、元夫の勤める会社の事務の遅延か!?
はたまた、社会保険事務所の事務の遅延か?

仕方なく元夫に連絡。
「(私達の)保険証はもうとっくに会社に返したよ。」
だったら、なんで…?

可能性として…
元夫の話が本当ではなく、実は会社に返却していない
(元夫がまだ持っている)
会社がまだ社会保険事務所に返却していない(会社が持っている)
社会保険事務所の業務が遅延していてまだ処理されていない
 (社会保険事務所が持っている)


結局ね…
元夫の携帯番号を役場職員に教え、職員がしつこく電話して捕まえ
会社の事務担当の人の携帯番号を教わり、やっと確認が取れたそうです。

もう、日付は8月になっています。2週間かかったよ…。

「ええ、黒姥さんの社会保険は6月中に失効になっていますので
国民保険の加入は6月からになります。
つきましては6月からの保険料の請求書が
9月には自宅に届くと思われますので払ってください。」

え…?やっとの思いで国民健康保険証を手に入れたのは今日で、
今日は8月なんですけど…?

「すみません。社会保険が切れたら自動的に国民健康保険に加入になるので、
切れた翌日からの加入となり、6月からになります。」

ええ?保険証もくれなかったくせに!?その間もし病気や怪我しても
全然知らん振りしてただろうくせに!?

「すみません。これが規則で他の方も皆そうなんで…。」

こういう時って、この逃げ口上得意だよねぇ。
「他の方も皆そうなんで…(お前も我慢して文句言うな)。」

百円、二百円なら我慢もするさ。
万単位で、金額が変わるんだよ!しかも超貧乏(無職)なのにサァ!

失効した日付が=加入日になるなら、社会保険事務所が8月頭に
「まだ失効の確認が取れていません」と言ったんだから、
そっちの話を優先して8月に失効って事にすれば良いんじゃないの?
なんで、そこだけ間の会社の人の言った日付を根拠にするの?


6〜7月分で約2万5千円という大金を9月にドブに捨てます。
だって、ドブに捨てるようなもんでしょう?
普通、サービスや商品の代価として金を払うんだよ。
私にとっては全く何の恩恵も特典も代価も得られないままで
ただ払えって言われたわけだから、ドブに捨てるようなモンです。

dui_chang at 23:52コメント(0)トラックバック(0) 
雑記 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
コメント
トラックバック
Categories
記事検索