打弦人生

ライブ情報や日々の日記。

注目ライヴ!5

運河のカモメ夏の関東限定ツアー全日程

ライブのご予約
その他のライブ情報

北越谷でダルシマーワークショップ

浜田くんとの関東限定ツアーが近づいてますが、その途中の8月5日、午後3時から、ハンマーダルシマーのワークショップを開催します。見学もオーケーです。

参加費 2000円
時間 15時〜17時
場所 おーるどたいむ(埼玉県越谷市大沢4-3-14 越谷郵便局向かい)
申し込み 048-971-1812

野口★健 withトシバウロン北海道ツアー終了

ツアー最終日は小樽なまらや。この日もおかげさまで満席。高いステージから見下ろすと、みんなの表情から、この日のライブを楽しみにしてくれていた事が伝わってきて、またツアー中何度も見た顔もいくつかあって、気持ちが盛り上がった。連日のライブで多少の疲労感があり、それを口にしたが、もちろんそれは嬉しい疲労で、この日も自分のできることを頑張った。そしてこの日もダブルアンコールをいただき、大盛り上がりの中、大団円を迎えた。
そもそもこのユニットは、去年の3月、朝ドラつながりの僕と野口くんを繋いで、トシが高円寺ムーンストンプでライブを企画したのが始まり。そのあとCDも作ろうということになり、300枚限定のアルバムを作った。それから、東京、北海道、名古屋、関西とツアーして、今回のツアーで、アルバムはほぼ完売。今のところ次を録音する予定もないので、ひとまず活動は休止。野口明生という、素晴らしい音楽家と一緒にやれたことは、僕にとって大きな財産だ。この1年半ずっとプレッシャーを感じていたし、一人落ち込むこともあったけど、良い経験だった。今後のことは分からないけど、僕が東京に行った時など、突然リユニオンをするかも知れない。

りびあんは、いつもの通り、大盛り上がり!

昨日は、午前中家でのんびりして、お昼はまたまたピカンティ。野口くん、すっかりスープカレーにハマりました。そして北丿沢りびあんへ。10年前にHTFでライブをしてから、いろんなユニットでほぼ毎年一回、時には2回ライブさせてもらってる場所です。そして昨日も大盛況、いつもの通り、栄さんのナイスなオープニングトークから始まり、ライブは最初から大盛り上がり。お湯が沸騰したような状態で、演者も俄然乗せられました。りびあんのお客さんは、騒ぎどころ聞きどころをキッチリわかってくれていて、本当に素晴らしいです。オーナー田畑さんが理想とするライブ環境を実現しているスペースだと思います。打ち上げ料理も美味しかった!
さあ本日最終日。小樽なまらや。頑張ります。席もまだあるので、迷ってる人は是非!
image

釧路は近くなりました。

一昨日は、知床第一ホテルを出発し、途中、霧の摩周湖と辻谷商店に立ち寄り、釧路へ。この日の会場は、去年もお世話になったアイリッシュパブCoy。ちょうど開催中の霧フェスティバルに、華原朋美が出るというのに、それを蹴って見に来てくれたお客さんが、たくさん来てくれて、とても盛り上がりました。音響もとても良くて、気持ち良かったです。話を聞いたら、なんとマスターの中川くん、去年の僕たちのPAセッティングをそのまま残してくれてたそうで、他のライブは、別のチャンネルを使ってやってたんだって!驚きました。
打ち上げはまたまたウニちゃんのお家。今年も美味しい料理がたっぷり。アンジョセの2人やシュガーさんも来てくれて、楽しかったです。

昨日は、朝9時に出発し札幌へ向かいました。高速が伸びたので、札幌までたったの4時間!釧路はすっかり近くなりました。ファクトリーのTaj Mahalでインドカレー食べて西28丁目のジャムジカへ。HTFで昔からお世話になっているライブハウスです。最近では、去年の2月にあらひろこさんとデュオをやったのが最後かな。この日もほぼ満席のお客様に集まっていただき、感激でした。

さあ、ツアーも終盤戦。今日は北丿沢のりびあんです。
image

知床の朝

昨日は、野口★健 with トシバウロン北海道ツアー2日目、朝9時に家を出て、途中道に迷いながら、7時間半のロングドライブの末に知床第一ホテルにやって来ました。温泉に入り、名物のバイキング、マルスコイでお腹いっぱいご飯を食べて、夜のライブに臨みました。僕はここで演奏するのは4回目。ビロビジャン、カルマン、そしてノグケントシで2回目です。宿泊客を中心にたくさんのお客さんに集まっていただき、おかげでCDもたくさん買っていただき、感激でした。
今日は釧路へ行きます!昨年に続き、アイリッシュパブのCoy。釧路は今日はお祭りだそうで、その勢いで盛り上がると良いなあ。

image

野口★健 with トシバウロン北海道ツアー始まりました!

 いよいよ今年も、ノグケントシツアーが始まりました。初日の昨日は、ごう内科クリニックのアフタヌーンコンサート。1時間のステージ、満員のお客様で盛り上がりました。ついこの前に関西ツアーを終えたばかりなので、身体は温まっています。それに郷先生、昨日のライブのために、わざわざ電子ピアノを購入してくれて感激。自ずからテンションが上がり、良いコンサートになりました。
さあ、今日は知床第一ホテルまでロングドライブ!頑張ります。13731559_1053638784716276_8861659963557033371_n

第28回ラッキーフェスだった。

 石山に移って4回目のラッキーフェスティバル、今回はなんと60組の参加があったそうだ。今年もブルーグラスをはじめ、いろんなジャンルの、あるいはジャンル不明の多くの楽しいバンドや個人がステージに上がった。僕が出たのは、いつものようにトップバッターのStone Mt. Boysと夜9時過ぎのSTOVE。そして国柄さんのラッキーセブンに乱入した。昔は、何度もステージに上がったが、最近はダルシマーも持って行かなくなったし、今年はサンファニートバンドもお休みしたので、みなさんの演奏をのんびり楽しむことが出来た。来年には、石山ラッキーフェスしか知らない学生たちが初めて卒業して行く。また逆に、始まったばかりのラッキーフェスしか知らない人たちも来てくれて、感無量だった。また来年、約束の地で約束の日に集まりましょう。

※STOVE(撮影は佐藤真理子さん)
13731475_858271697639640_8944212909375365415_n

のやで遠い音楽を歌った。

昨日は、木村林太郎くん、村上淳志くんとの札幌2日目。大阪からu-fullの2人も加わって、楽しいライブになった。トップバッターは僕のソロ。続いて淳志くんとデュオ。そして淳志くんのソロで、一部終了。二部はu-fullでスタートし、途中から林太郎が入って、u-fullの曲やZABADAKを。最後は「遠い音楽」を、会場のみんなで歌って、吉良さんの追悼コンサートのようになった。そして、アンコールは、僕も呼び込んでもらって、u-fullの曲を演奏して、終演となった。

思えば25年前、今は無き五番館SEIBU赤れんがホールでZABADAKを見たのが、吉良さんとの出会い。その時はただのファンだったけど、その後だいぶ経ってから、林太郎とのつながりで、芦別カナディアンワールドで、HARD TO FINDでご一緒して、それからは、時々共演させていただいた。HARD TO FINDを応援してくれる人の中には、ZABADAKのファンが多く、またSACRAのファンという方もたくさんいて、吉良さんには、いつの間にか、たくさんの縁をいただいていた。考えてみたら、今回吉良さんの代わりにツアーに参加する形となった淳志くんも、吉良さんにいただいた縁なのだ。ZABADAKの前に、ああいう音楽はなかった。一つの音楽ジャンルを作った偉大な人なのに、友達のように接してくれた。享年56歳。改めてご冥福をお祈りします。

村上淳志君が来た

昨日は、林太郎君がダブリンで暮らすアイリッシュハーパー村上淳志君を連れてやってきて、アダノンキでライブだった。当初吉良知彦さんと3人で、2年ぶりのキラリンケンの予定だったが、吉良さんの体調不良もあり、淳志君が来ることになったのだ。ライブが決まった時には、まさか吉良さんが亡くなるなんて、誰も思ってなかったのだが、本当に残念なことに、追悼のツアーになってしまった。
淳志君はアイルランドに16年前から暮らしていて、ダブリンでハープを教えている。伝統的なスタイルで、手の動きが美しい。テレビで取り上げられたこともあり、アイリッシュハープの世界では有名だ。札幌に来るのは初めてで、僕も初対面だったが、噂通りの美しい演奏だった。僕は、ソロの他に林太郎君と淳志君と、両方と数曲ずつ共演したが、2人の演奏が全く違っていて、面白かった。ハープが一台しかなかったので、ダブルハープを聞くことができず、少し残念だったが、スタイルの違う、しかし最高に素晴らしい2人のソロを間近に聴くこと出来、嬉しかった。今夜は、大阪のユニットu-fullが合流して、のやでライブ。まだ席があるので、是非。

_______________________
■7/15(金)18:30開場 19:00開演
【出】Junshi & Rintaro、u-full(yuka & フナハシダイチ)、小松崎健(ハンマーダルシマー)
【所】レストランのや(札幌市中央区北2条東11丁目)
【金】2500円(別途オーダー)
【予約/問い合わせ】ken@hardtofind.jp
livedoor プロフィール
動画コーナー
■リサイタル■ ■BPダルシマー■

Archives
Recent Comments
最新トラックバック
ダルシマー販売!
BPダルシマー32,000円
詳細はクリック↓


CD買ってね!
訪問者数

    記事検索
    • ライブドアブログ