打弦人生

ライブ情報や日々の日記。

注目ライヴ!5

鍛冶屋と糸つむぎ関西東海ツアー全日程

ライブのご予約
その他のライブ情報

岩見沢絵画ホール松島正幸記念館

今年も松島正幸記念館で演奏しました。昨年に続き2回目。昨年は佐藤洋一さんとでしたが、今年は浜田くんと。松島記念館は、警察署として建てられた、築八十数年の珍しい鉄筋コンクリートの建物。26年前、歴史的建造物としての保存とともに、岩見沢ゆかりの画家、松島正幸氏の絵画収蔵と展示のため、美術館として開館しました。昼下がりの1時間、気持ちよく響く空間で、楽しく演奏しました。用意してもらった椅子は、満席。昨年以上のお客さんでした。僕の友人や、美唄マンドリンクラブの方など、知った顔もチラチラとあって、嬉しかったです。冬季間を除く毎月、年9回のコンサートを開いているそうで、来年の出演も決まりました。来年からは、一画を無料のギャラリースペースとしても貸し出すそうなので、絵画や写真作品の発表場所を探している方はぜひ、利用していただきたいです。
image

カルマンツアーから帰りました。

短いカルマンの四国ツアー、なんとか無事に終了。楽しい旅でした。初日17日は、小豆島カレープラージュ。オーストラリアからツアー中のJaneとJamesと合流。彼らのワークシュップにちょっと参加して、夜のライブは、大盛況。6月のレコーディングでお世話になった人たちもたくさん来てくれて、嬉しかった。Janeたちもとても気さくで、英語の苦手な僕も、ストレスなく過ごすことができた。2日目は早朝に小豆島をでて、高松のさぬきこどもの国へ。ここは、大型の児童館で、遊びと学びのいろんな施設がギュッと詰まっていて子どもの天国だ。その小ホールで、カルマンだけのミニコンサートを二回。スタッフもみんな感じが良くて、ほんとに素晴らしい施設だった。その後高知へ移動して、岡林家で朝を迎え、3日目、今回のツアーのメインイベント、日高村の日高酒造ホール(旧松岡酒造酒蔵)で蔵フェス。出店もたくさん出て良い雰囲気。台風の影響で悪天候だったけど、70名を超えるお客さんが来てくれて、盛り上がった。Janeたちのステージもゆっくり見ることができた。そして最終日の4日目は、いの町の吾北小学校で学校公演の予定だったが、台風で中止。一日中岡林家に滞在して、子どもたちと遊んだりして過ごした。短かったけど、目一杯飲んで食べて遊んだ4日間だった。

さて次のツアーは、25日から。サリランさんと関西東海へ行きます。
https://www.facebook.com/events/490582677817922/

明日からカルマンツアー

昨日は、千葉さんのレコーディングで、ジョーダウンスタジオへ。こりゃまた素晴らしい名曲シカリベツの夜明けって曲にダルシマーを乗せた。ダルシマーのキラキラした音が、朝の光のよう、と勝手に想像、これは自分のレパートリーにもしたいなあ。
今日は1日何もなくて、家でダルシマー弾いたりゲームしたりしてる。何も予定のない日って、少なくなったなあ。前はいつもだったのに。
明日からまた旅だ。6時のバスに乗らなきゃ。今日は早く飲んで寝るぞ。

なまらやの朝です。

もう何度目になるか分からない、いつものなまらやの朝です。昨日は、丁度うまい具合に、オオフジツボのライブが、昼間だったので、見てきました。会場はリビアン田畑栄さんが勤めるこひつじ幼稚園。場所柄、ちびっ子たちも多くいて良い雰囲気。また岡田夫妻やあらさんや他にもたくさん知り合いが来てて何だかうれしい。ライブはもちろん最高に素晴らしくて、特に壷井さんのガチソロで、ジンワリと感動してきて、泣きそうになりました。
感動で胸がいっぱいになったところで、いよいよ最終回の会場、なまらやへ。この三日間で増えたリパートリーもあり、長めのステージを2回、たっぷりと演奏しました。こんなことを言うと、本当におこがましいけど、ダルシマープレイヤーとしてのナベちゃんは、この三日間で、大きく成長しました。毎朝、「健さん、10時くらいから練習良いですか?」と言われて、前向きな姿勢に嬉しくなったし、僕もいろいろと勉強になりました。そして、三日間と言うのはあまりにも短くて、やり足りない気持ちがいっぱいです。きっとまたどこかで2人のツアーをやりたいです。もちろん北海道でも!!

image

当別ふれあい倉庫の廊下?

ナベケンツアー2日目の昨日は、またまた朝からバッチリ練習してから、家を出発。途中移転オープンしたばかりのトリトン伏古店でお寿司を食べ、ロイズあいの里店でチョコパンなど買って(どちらもナベちゃんリクエスト)、当別へ向かいました。この日の会場は、当別駅前の農業用倉庫を改築したイベントスペース、ふれあい倉庫。のなんと廊下?(通路?)でした。「あれ?ホールじゃなく、ここ?」と思いつつも、楽器を出してリハを始めると、とっても良い響き。主催者の坂本千鶴さん、ダルシマーの音を生で真近で聞いて、感じてほしいと、このスペースをセレクト。レンガの壁は趣もあるし、確かにお客さんも、触れそうに近い。素晴らしい選択でした。そしてライブは超満員。当別は、ドレクスキップが何度も公演してることから、ナベちゃんのファンも多く、程よい緊張感に包まれつつも、和やかで暖かい雰囲気。とても気持ち良く演奏出来て、良いライブになりました。終演後、近くの居酒屋で打ち上げ。帰りはナベちゃんの運転で帰路につきました。坂本さんはじめ、当別のみなさま、ありがとうございました。

今日はいよいよ最終日。いつもの小樽なまらやです!今日もガッツリいきます。ご予約で500円引きなので、来られる方は、なまらやにお電話を!

_______________________
<ナベケンダルシマーデュオ>
■9/11(日)19:00
【出】渡辺庸介、小松崎健
【所】小樽なまらや(小樽市花園3丁目6-6)
【金】予約2,500円当日3,000円(ワンドリンク付き)
【問】0134-61-7930

image

あらなべけん、のやライブ

ナベちゃん3デイズ初日、あらさんを迎えての昨日、いろんなライブと被っていて心配だったけど、なんとか無事、盛況のうちに終了しました。「緊張する!!」と言ってたナベちゃんだけど、やはりさすが。みごとにやり遂げ、とても良いライブになりました。ソロありデュオありトリオありで、それぞれの持ち味も上手く出せたと思うし、お客さんの表情から、楽しんでいただけたのがよく分かりました。この3人での再演、是非やりたいです。さあ、あと2日。あらさん抜きで、ガチでデュオ。頑張ります!

<ナベケンダルシマーデュオ>
■9/10(土)開場18:00 開演18:30
【出】渡辺庸介、小松崎健
【所】ふれあい倉庫 多目的ホール JR石狩当別駅南口
【金】チャージ \2.000(当日 \2.500)
【問/予約】090-8636-4786(亀卦川)   
   kikegawahiromi@gmail.com
_______________________
<ナベケンダルシマーデュオ>
■9/11(日)19:00
【出】渡辺庸介、小松崎健
【所】小樽なまらや(小樽市花園3丁目6-6)
【金】予約2,500円当日3,000円(ワンドリンク付き)
【問】0134-61-7930


image

ナベちゃんが来た。

ドレクスキップのメンバーで、パーカッショニストの渡辺庸介くんが、昨日札幌に来た。今日から三日間、ライブを共にする。あふれる才能と努力で、今、超売れっ子のミュージシャン。その彼が、新しいチャレンジとして、ダルシマーを始めたのだ。ナベちゃんは、現在30歳。生まれたのは1986年。なんと僕がダルシマーを始めた年だ。今日は彼にとって、ダルシマープレイヤーとして、初めてのライブ。地元東京じゃなく、わざわざ札幌まで来て、初ライブの共演者として僕を選んでくれたのは、とっても光栄なこと。百戦錬磨の彼が、まるでピアノの発表会のように緊張してると言う。さて、どんな演奏を聴かせてくれるのだろう。共演者の僕が一番楽しみ。彼の初舞台をぜひ見に来て下さい。

<ナベケンダルシマーデュオ>
■9/9(金) 19:00start
【出】渡辺庸介、小松崎健
スペシャルゲスト:あらひろこ
【所】レストランのや(札幌市中央区北2条東11丁目)
【金】2500円(別途オーダー)
【予約/問い合わせ】ken@hardtofind.jp

支笏湖 高級スパホテルで目覚めました。

東北ツアーから帰ったばかりの昨日は、参弦茶屋の3人で、営業演奏でした。場所は支笏湖リゾートスパホテル水の精。キャノンの販売店オーナーとそのご家族が集まるイベントのウエルカムパティーとその二次会。それぞれ大広間とバーラウンジで、3〜40分演奏しました。さすが大企業のイベント、豪華ホテルで美味しい料理と贅沢な温泉。最高の夜でした。参弦茶屋での営業演奏は、今回初めて。中国曲、アイリッシュ、歌謡曲、クラシック、などなど、なんでも節操なくレパートリーにしちゃうのが、参弦茶屋の持ち味。イベントやパーティの余興にはピッタリのユニットだと思います。佐藤さん、遠山さんともにお酒が好きなのも、嬉しい。ライブだけじゃなく、イベントにも売り込んで行きたいと、思ったのでした。

次の参弦茶屋のライブは、美唄です。
_______________________________________________
■10/22(土) 14:30開場 15:00開演
【出】参弦茶屋(佐藤洋一、遠山夕希子、小松崎健)
【所】茶木ホール(美唄市落合町本町1541-3)
【金】2000円 自家焙煎コーヒーとお菓子付
【問】電話 0126 62 7331(茶木 彰)メール akichaki@kba.biglobe.ne.jp
公共交通機関:市民バス東線/アルテピァッツア美唄行き/終点の一つ前の「東明橋」下車、歩いて7分


image

栄司の家で目が覚めた2

山本栄司にすっかりお世話になっています。昨日のお昼は、近所のうどん屋へ。この辺では唯一の手打ちうどん屋だって。で、「オススメはどれ?」と栄司に訊くと「カレー蕎麦天ぷら乗せです。」と、キッパリ。「えーー!うどんじゃないんかい〜〜〜〜!」 気を取り直して、ころきつねうどんを注文。ころとは、名古屋あたりで、冷たい汁で食べる麺類のこと。店主は、そっちの方の出なのかな。満腹になったところで、ぶどう畑やりんご畑を眺めつつどんどんと山奥へ。目指すは秘湯中の秘湯、奧小安峡温泉。山奥の渓流にお湯が沸いていて、川の中で温泉を楽しめる。野趣あふれる温泉。もちろん景観素晴らしく、極楽を楽しんだ。その帰り道、本日二回目のうどん。名高い稲庭うどんを食べに行った。しかしまだ時刻は3時過ぎ。さっきのうどんでお腹はいっぱい。ところが不思議なもので、出てきたなめこうどんを食べ始めるとあら不思議。うまくておいしくて、スルスルと汁まで完食。流石、天下の稲庭うどんでした。家に戻って昼寝して、いよいよツアーの最終回、ジャズバーモンクへ。夕べ飲み倒したマスターが疲れた顔して待っててくれました。リハを終えると、続々とお客さま。モンクの常連や栄司の友人知人身内の皆さんが集まった。なんと酪農大OBの越後谷も来てくれて、千秋楽にふさわしい満員御礼。本当に感謝感激。気持ちも上がって一気に2ステージ、力いっぱい演奏したのでした。終演後プチセッション&打ち上げ。最後はマスターのピアノも登場して、楽しい夜が終わったのでした。
30年近く会ってなくて、その間ぜんぜん連絡も取ってなかった山本栄司。お互いすっかりオヤジになったけど、それでもまるでついこの前別れたように再会して、楽しい時間を過ごしました。本当にありがとう。心から感謝します。今日は八戸まで走り、今夜遅くに札幌に戻ります。浜田くんとの珍道中、次は12月九州です。image
livedoor プロフィール
動画コーナー
■リサイタル■ ■BPダルシマー■

Archives
Recent Comments
最新トラックバック
ダルシマー販売!
BPダルシマー32,000円
詳細はクリック↓


CD買ってね!
訪問者数

    記事検索
    • ライブドアブログ