打弦人生

ライブ情報や日々の日記。

注目ライヴ!

<運河のカモメmeets田中麻里>
■9/17(水)開場18:30/開演19:00 
【出】運河のカモメ(小松崎健、浜田隆史)、田中麻里
【所】Grain(東京都杉並区高円寺北3丁目22−4 U.Kビル2階)
【金】2500円(別途オーダー) 
【問】03-6383-0440 

■9/18(金)18時半開場 / 19時半開演
【出】カルマン 
【所】gorey cafe (京都市左京区浄土寺西田町82−1)
【金】3,000円 + 2order (15人限定・要予約)
【問】075-203-6296(gorey) / cafe@gorey.jp 

■9/19(土)18時開場 / 19時開演 
【出】カルマン
【所】TOKUZO (名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F)
【金】3,000円 (50人限定・要予約)
【問】052-733-3709(TOKUZO) 

■9/20(日)18時開場 / 18時半開演
【出】カルマン
【所】カフェ周(大阪市中央区平野町四丁目5-8井上ビル3F )
【金】3,000円 + 1order (20人限定・要予約)
【問】tokyoirishcompany@gmail.com

■9/21(月祝)8時半開場 / 19時半開演
【出】カルマン
【所】gorey cafe (京都市左京区浄土寺西田町82−1)
【金】\3,000 + 2order (15人限定・要予約)
【問】075-203-6296(gorey) / cafe@gorey.jp

■9/22(火)18時開場 / 19時開演
【出】カルマン 
【所】牛窓テレモーク (岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4448)
【金】3,000円+要オーダー 
【問】0869-34-5397(Tereya Cafe) /akinoshiman@hotmail.com(岡林) 
続きを読む

名古屋TOKUZO

昨日は、名古屋へ。老舗ライブハウスTOKUZOでのライブでした。TOKUZOは名古屋の、いや日本のライブシーンを代表する名店。カルマンでのライブは2016年2月以来4年半ぶりです。マックス100人近いお客さんが入る大きな箱のTOKUZOですが、すべてのライブの席数を50までと制限しています。我々にとって50名は大きい数なれど、有名アーティストも数多くライブしているしスタッフも多いお店なので、さぞ大変だろうと思います。
昨日のライブは、音響システムを使わずステージを降りて行いました。箱は大きくても、木造りの店内気持ちよく響きます。席も我々を半円に取り囲む形に配し距離を取りつつなるべく近くで聞いていただきました。やっぱりカルマンは生音ライブが良いと実感しました。

終演後、近くの姉妹店オープンハウスにちょっと顔を出し犬山ふぅへ!ちょうどサンダンスのライブを終えた富安さんが来て合流。楽しい打ち上げと相成りました。

さあ今日は大阪の周。初めてお邪魔します。嬉しいことに予約満席です。
image
image
image
image

京都 Gorey Cafe

お世話になった田中麻里さんの家を後にした昨日、浜田くんは北海道へ、僕は、1人京都へ向かいました。久しぶりの新幹線の旅は快適でしたが、冷房効き過ぎ。なんとかならないものでしょうか。
ともあれ京都に到着。会場は銀閣寺道の名店Gorey Cafeです。移動はいつも激混みの市バス。ところが乗ってすぐ座れるほどの空き加減。嬉しいけどこれもコロナかと思うと切ないです。

Gorey Cafeには、1番に到着。再会のご挨拶をして待っていると、トシバウロン、岡林くんもやってきて半年ぶりのカルマン集合となりました。
早速作戦会議。トシが、なんと過去のレパートリーをまとめたリストを作ってくれていて、この日のセットリストがサクサク決定。リハーサルと相成りました。
それから、開演までの間、トシが紹介したい店があると言うので散歩がてら行きました。そこは料理も日本酒もめちゃくちゃ美味しくて安い居酒屋。ライブ前だぞ、と思いつつほんの少し呑んでツアーの成功を祈願しました。

ライブは、嬉しいことに用意した人数制限の椅子がほぼ埋まるお客様。2セット、一気に良い流れで進んで盛り上がりました。終演後にはCDもたくさん買っていただき、打ち上げは、トシが作ったトリハムと差し入れ日本酒。嬉しい初日となりました。

さて今日は、名古屋へ行きます。久しぶりのTOKUZOです。

■9/19(土)18時開場 / 19時開演 
【出】カルマン
【所】TOKUZO (名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F)
【金】3,000円 (50人限定・要予約)
【問】052-733-3709(TOKUZO) 


image
imageimage
image
image

高円寺グレイン

運河の紅カモメツアーを終えた昨日は、アイリッシュハープの田中麻里さんと、運河のカモメジョイントライブでした。まずは麻里さんの地元、小平へ。麻里さん行きつけのお店で、ランチを食べたあと、少しだけ商店街の雰囲気を味わって、麻里邸のスタジオにて、打ち合わせ&リハーサル。夜のライブに備えました。
この日の会場は、何度もお世話になっている高円寺のグレイン。音楽好きで社会派のマスター加藤さんは同世代。駅からも近く、店内も広くゆったりくつろげる空間で大好きなお店です。しかしこの状況下で、今月いっぱいで閉店とのこと。何とも寂しいです。
ライブは音楽友だち中心にいい感じで集まってくださいました。
運カモから始まり、それぞれのソロ、そしてトリオ。そして演目もオリジナル、ケルト、初期バロックとバラエティ豊かに2セット。和気あいあいと進みました。

終演後は下の中華店から、出前料理をとって打ち上げ。グレイン閉店を惜しみつつ、楽しい時間となりました。

これにて浜田くんとの旅は終了し、僕は京都へ。カルマンお彼岸ツアーのスタートです!関西の皆さん!待っててね!
image
image
image
image

宮内家

楽しかった運河の紅カモメツアー、昨日はついに千秋楽。南浦和宮内家にて開催となりました。ここでの紅カモメライブは、昨年4月以来、2回目。その時はなんと、運河のカモメ「雪の坂道」レコ発ツアーの1日でした。わずか一年半前なのに、とっても前のような気もします。宮内家は、僕たちが回っているライブハウスの中でも、大きめのお店。各テーブルと、ステージには飛沫防止のアクリル板が設けられ、万全のコロナ対策。この苦難を乗り越えようという必死さが伝わって来ます。
ライブは、いつもの通りの2ステージ。アンサンブルも緻密になり、3人それぞれの見せどころも、しっかりとある鉄壁のセットリスト。お客様たちの力強い拍手をたくさんいただいて、この日のライブとツアーの成功を実感しました。

なかなか収まらないコロナだけど、11月には九州ツアーの予定だし、早くも次のCDの構想も、出始めています。来年は、もっともっと飛び回りたいと思います。
今回のツアーでお世話になったすべての皆様。ありがとうございました。

imageimageimage



宇都宮カフェキッチンおかりや

運河の紅カモメツアー、快調に続行中です。
一昨日は、松島観光。温泉にも浸かり、オフ日を満喫し英気を養い、昨日は、仙台のホテル法華クラブを後にしてのロングドライブ。一路宇都宮へ向かいました。この日も曇天模様なれど、車中は旅の喜びに溢れて、話が弾みます。さて、宇都宮に着くとまずは、駅前のショッピングモールへ。サイゼリヤにてお昼を食べて、それからカラオケ招き猫で軽くリハーサル。そして会場へ。この日の会場は、2月に浜田くんが小川倫生くんとライブをしたというカフェキッチンおかりや。音楽好きが集まるこだわり料理の飲み屋さんです。もちろん運河の紅カモメでは初めて。それでもマスターの声かけで、たくさんの方が来てくださいました。この日は、気楽な投げ銭ライブ。飲みながら食べながらの中、スタート。最初、なんとなく遠巻きにしていたみなさんも、じょじょに前の方へ。途中からお越しの方もあり、席を譲りあい、どんどん良い感じに。
セットリストの流れも、緩急硬軟バッチリ決まって、二時間近いライブがあっという間に終わりました。投げ銭もたくさん集まって、こりゃまた楽しいライブでした。
ああ、なんと素晴らしき音楽の旅。我が人生に、悔いなし!です。

さあ今日、早くも運河の紅カモメツアー最終日。南浦和の宮内家。どうかお近くの皆さま、この素晴らしい楽団のライブをお見逃しなく!

■9/16(水)開場18:30/開演19:30
【出】運河の紅カモメ(小松崎健、浜田隆史、三好紅)
【所】宮内家(埼玉県さいたま市南区南本町2丁目3−8 志賀パレスビルB1F)
【金】3300円(ワンドリンク付) 
【問】090-5443-7970 

image
image
image
image
image
image
image

カフェBB

おはようございます。昨日は、二本松のステキなホテルを出発し、森の都、仙台までやって来ました。あいにくの雨模様だったけど、今年も東北に来れた喜びで、心はウキウキでした。

仙台に到着し、十割もり蕎麦一枚550円を食し、会場のカフェBBへ。このお店に来るのは、今年で4年目。しかし今回は三人なのです!

サクサクとリハーサルをして、音を決めていると、程なくRANDA&BARONの中野くんユキちゃんが到着!一年ぶりの再会を喜びました。

ライブは、2人の音楽友だちや、大牟田ロクさんの旧友も来てくれて、フレンドリーな雰囲気!
オープニングにRANDA&BARONが、アイリッシュと津軽民謡を半分ずつ。全く違う音楽だけど、なんかとっても馴染んでいて、2人がまっすぐやりたい音楽に突き進んでいる姿に、爽やかな感動を覚えます。
そのあと我々三人も、音楽を作れる喜びに、どっぷりと浸りながら、思い切り演奏しました。

あっという間に二時間。何度でも言いたい。音楽は素晴らしい。旅は素晴らしい。困難な時こそ前を向き、自分の信じる道を行くしか無いのです。2人の姿に勇気をもらい、また僕たちもきっと2人に何かを残すことが出来たと思います。
カフェBBも、頑張ってほしい。仙台の皆さんありがとうございました。

今日は、オフ日。さて、松島へでも行こうかな。
image
image
image
image
image
image
image

二本松 千の花

昨日は、越谷を10時に出発。紅ちゃんの愛車真っ赤なノートで快適ドライブ。福島へ向かいました。
毎年この季節は、浜田くんと10日弱の長い東北ツアーを敢行しているのですが、今年ここ福島二本松と仙台の2日だけ。貴重なライブの日となりました。

会場に着くといつもの通り大松さんと安斎さんが笑顔で迎えてくれて、さっそくリハーサル。ここの空気は、やっぱり最高です。

ソーシャルディスタンシングで、例年より少し少ないお客様でしたが、いつもの顔を中心にたくさん集まってくれて、ホントにホントに感激の夜でした。料理も最高!人も最高!そして、お酒がまた最高!ここに来れて良かった!千の花に集まる皆様のおかげです。ありがとうございました。

ところで、今回泊まったホテル、7月にオープンしたばかり。コロナの中の開業、それはそれは大変なスタートだったと思います。朝食バイキングで配られていた手作りマスクに、スタッフや関係者の必死さが込められていて、なんとも切なくなりました。

さあ、今日は仙台カフェBBでランダ&バロンと再会です!

■ 9/13(日)Open 15:00 / Start 15:30
【所】Cafe B.B.(宮城県仙台市泉区泉中央1丁目37−9) 
【金】予約3,000円/当日3,500円(要1ドリンクオーダー)12名限定、お願い事項有(※)
【オープニング】RANDA & BARON 
【問】 022-372-0088
(※)http://cafe-bb.com/blog/category/event/ 
imageimage

楽しすぎて、撮った写真これだけでした。。

越谷おーるどタイム

いよいよ始まった運河の紅カモメツアー、半年ぶりに飛行機に乗って羽田へ。そして前乗りした浜田くん、車でお迎えの紅ちゃんと北越谷駅で待ち合わせ。激安カラオケBanBanで、みっちりリハーサル。本番に備えました。

会場は、3月のツアーでもお邪魔したおーるどタイム。れい子さんが笑顔で迎えてくれました。
さっそく会場作りをして、音出し。するといつもの常連さんはじめ、続々とお客さま。人数制限いっぱいのたくさんの方が、来てくださいました。

ライブは、前回のセットリストに、コロナ禍で生まれた、浜田くんの皐月人無。夏になると。そして古池さんリクエストのMOTOMACHIを加えて2セット。いやはや楽しく盛り上がり、二時間近いライブがあっという間に終わったのでした。

打ち上げは、悪友藤田の差し入れ、cowboyなる純米山廃吟醸原酒を堪能してお開きとなりました。

さあ!今日はいつもの二本松へ!初めて紅カモメで行けます。嬉しいです。
mk@yahoo.co.jp 

■9/12(土)18:30開場/19:00開演
【出】運河の紅カモメ(小松崎健、浜田隆史、三好紅) 
【所】千の花(福島県二本松市竹田2丁目30)
【金】3,000円(ドリンク付き) 
【問】0243-24-7018 

image
image
image
imageimage


伊藤賢一、山本哲也ジョイントライブ

昨日は、ジャックへ、伊藤くんと山本くんの北海道ツアー初日のライブを見に、ジャックへ行った。最近すっかり意気投合し、よく一緒にライブをしている二人、ついに北海道まで来てくれた。

最初に山本くんのソロ、次に伊藤くん。最後に二人の共演という流れ。たっぷり2時間、聞き応えのあるライブだった。注目は伊藤賢一作のインナーミディアムをそれぞれ演奏したこと。山本くんは伊藤くんのコピーではなく、自分の解釈でアレンジしての演奏。面白かった。伊藤くんは、僕とのツアーでのエピソードを交えて、ゆきどけを演奏してくれた。

それぞれ個性の全く違う二人。その二人が、競い合うのではなく、リスペクトしあってのジョイントライブ。なんて素晴らしい関係だろう。二人の描き出す世界は、全く違うけど、音楽の根本にある価値観が共通していて、大切に思うものが同じなんだなあ、と感じた。

自分のことを考えると、長いダルシマー人生の中で、テクニックも音楽性も優れていて、素晴らしいと思える奏者には、何人か出会ったが、一番たいせつなものが同じと、共感できる奏者には、出会ったことがない。違う楽器なら、たくさんいるんだけど。。僕がダルシマー弾きとして、いつもなんとなく感じている孤独感は、ここだと思う。二人が羨ましかった。

さあ、今日から僕もツアーのスタートです!久しぶりに飛行機乗るぞ!!

image

livedoor プロフィール

小松崎 健

動画コーナー
■リサイタル■ ■BPダルシマー■

Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ダルシマー販売!
BPダルシマー33,000円
詳細はクリック↓


CD買ってね!
訪問者数

    記事検索
    • ライブドアブログ