2007年01月04日

痩身生活ノススメ〜序の章〜









お得なブログ。がお薦めする「お得なダイエット!」もとい「お得な痩身生活!」。
なぜ「ダイエット」がもといなのかと言えば、僕が提供するのは「ダイエット法」ではなく、「痩身生活を送るための正しい知識」だからです。皆さんが読みたくない「当たり前のこと」をズバズバ書きますので覚悟して読んでくださいね。

まず第一にヒトは本来太るのだということを認識してください。
地球に生物が誕生して40億年、人類が誕生して500万年、僕らの祖先は常に飢餓と戦ってきた。だから生物である以上、ヒトである以上、僕らの体は飢え死にしないように太る本能があるんです。食べた物を脂肪に替え、効率よく蓄える機能が備わっているんです。
ところが500万年のうちのここ20〜30年の間に、先進国に住むヒトは飽食という時代を迎えています。当然、生物本能のプログラムの書き換えは間に合わず、ヒトは肥満という「病気」にかかる。つまりヒトがこの現代において普通に生活すれば肥満になるのは当たり前なんです。

第二に「生活」がヒトを太らせていることを認識しましょう。生命体のプログラムとして当たり前のように肥満に陥りやすいのだとしたら、太っているヒトと痩せているヒトの違いは「生活パターン」なわけです。
摂取カロリーが消費カロリーを上回っていれば、残った分だけ脂肪を貯蓄し、摂取カロリーが消費カロリーを下回っていれば、足りない分だけ脂肪を消費します。
単純な引き算です。あなたが引き算の後、カロリーが残ってしまうような「生活」をしているなら、その「生活パターン」を変えたほうが良いでしょう。

第三に「短期集中型ダイエット」は必ずリバウンドを生むことを知っていてください。文頭に書きました通り、ここでお薦めするのは「ダイエット法」ではなく、
摂取カロリー − 消費カロリー = 0 もしくは マイナス
になる「生活」に必要な知識を獲得することです。
摂取カロリーが消費カロリーを下回る「ダイエット」が終われば、また直に太り始めるわけですが、摂取カロリーが消費カロリーを下回る「生活」はこれからずっと続くものですから、その「生活」を続ける限り、太り始めることはないわけです。

第四に「痩せる=食事制限」ということを取りあえず忘れてください。「ダイエット」という言葉がもともと「食事制限・食事療法」という意味があるので、誰もが「まず食事制限」と考えがちですが、それはこれをすべて読み終えた後、「それでも」と思うなら、あなた自身の判断でそれを行えばいい。「食事制限」が短期間のものであるのならば、それは僕がお薦めする「生活」ではないことを覚えておいてください。

つづく。




あのドンキホーテグループ「ドンキコム」の激安商品がネットで買えちゃう!もしもセレクション





トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)