サトケン日記

研究室の出来事

2006年05月

サンフランシスコ

こんにちは。
こちらに来て2日目が過ぎようとしています。
日本との時差は16時間。
すっかり時差ぼけ中です。
こちらに来るときの飛行機では、水泳部顧問のT口先生と同じ飛行機でした。
どうもこの時期アメリカは学会シーズンのようです。

こちらは非常に天気がよく快晴です。気温はちょうど良く最高!
午前中会議に出て昼からエスケープしてちょっと街を散策しました。
とても綺麗な街です。
写真は追って公開します!

明日はいよいよY田助手の初めての国際会議発表です。
きっと頑張ってくれるでしょう!

では。また書きます。

ダビンチ

b5b75eef.JPGこんばんは.
最近ははっきりしない天気が続きてますね...
もう,入梅かな?
実は明日からアメリカはサンフランシスコに出かけます.
久々のアメリカなので少々楽しみです.
研究室のY助手の初めての国際会議の発表です.
この様子は,来週報告します.

さて,ちまたでは,ダビンチコードと言う映画が公開され,書店ではその本が売り切れ状態...実は飛行機の中で読もうかと買いに行ったら買えなかった...涙.

それにしても,ちょっとテレビで内容を見たが面白そうである.
ヨーロッパ諸国でこの映画を巡って賛否両論が起きており,公開中止にする国もあるとか...宗教の秘密を問題にするだけにそれは確かに...と思うところだが,やはり内容は気になる.

ということで,今日の一枚はそのダビンチが書いた最後の晩餐の絵が飾られている教会の写真である.イギリスに留学していた時にイタリアのミラノに夏休みで訪れた時に見に行った.映画でもこの絵に大きな暗号が隠されているとのこと...もっと早く知っていたら...と少し残念であるが,とても綺麗な絵だったと言うのが印象である.ぜひ見に行く機会があったら是非どうぞ.最後の晩餐の絵は事前に予約をしないと見れないので,これからに見行く人は気を付けて下さい.

では.

ホッと一息

こんばんは.
ようやく水曜日が終り,慌しい週の初めが終わりました.
世の中では,ワールドカップの話題駆け巡る中,子供達の痛ましい事件が...

ところで,前回紹介したお祝いの会の時の写真が整理できました.
早速掲載したいと思います.
皆さんホントに有難うございました.改めて御礼申し上げます.

来賓の方々研究室の仲間達動き出した時計



皆さんから頂いた時計も研究室の壁に掛けさっそく時を刻み始めました.
頑張っていきますので,これかも宜しくお願いします.

御礼

おはようございます.
今,1限目の講義が終り机に戻って来て書いています.

昨日,7時から天神で私の教授就任お祝いの会と研究室40周年の会が行われた.
雨の降る中沢山の来賓方々と卒業生,現卒・修論生そして吉田先生と総勢75名に出席して頂き,自分で言うのも何だが非常に盛り上がった.沢山のお祝いの言葉を頂き,有難うございました.また,沢山のお花や立派な記念品も頂きました.この場を借りて御礼申し上げます.

1次会の後,O中君,M村君,大阪から駆けつけてくれたF川君,T中君そしてOGであるK原さんと6名で2次会,3次会と行き,自宅に戻ったのは3時だった.
卒業生と飲むのは非常に楽しい.当時の話,そして最近の仕事の話...卒業して成長した姿を見るのは先生としては嬉しい.また,卒業生に囲まれるのも先生にとっては特権である.

会の最後に御礼の言葉をいろいろ考えていたが結局あまりうまく伝えれなかった.
現在こうして教授という職に就けたのも,研究室のスタッフ,研究室を支えてくれている方々やそして何よりこの研究室を巣立って行った卒業生みんなのお陰である.吉田先生はいつも研究室配属の時期に「学生は君の財産になるのでなるべく沢山卒論生は取りなさい」と言っていた事を思い出す.
いろいろと大変なこともあったが今まで12年間で作り上げられた人のつながりは僕にとっては大きな財産である.これからも道路・土質研究室から生まれる人の繋がりを大事にして頑張って行きたいと思っている.

最後に昨日撮った会の様子の写真はこのブログでも紹介したいと思っているので楽しみしていただきたい.

それでは.





同窓会

こんばんは。
久しぶりの更新です。
毎日覗いて頂いている人すいません。

さて、今週はまたまた大学時代の同窓会があった。といっても集まったのは6名。。実は来週末に出身大学の工学部の福岡支部の同窓会があるらしく、その幹事がどうも私たちの代とのこと。世話役のM崎君の掛け声で福岡市内で働く同期生に会うことに。20年ぶり逢う同学科の同窓生や他学科の同級生に逢う事ができ、それは大いに盛り上がった。やっぱり同級生は良い。。。40才をとっくに過ぎたとは言え、一杯入るとのりは当時のままで、なんと2次会が終わったのは午前2時前。。。。次の日朝1限からの授業はさすがに堪えた。
しかし、やはり、20年の時は経っており、話題は子供の話だったり。。。そんな中今週の土曜日に結婚(初婚)を迎えるやつが居て。。。これまたびっくり。

ところで、最近では「個人情報保護法」というやっかいな法律ができたお陰で、せっかくの同窓会も開けない状況があちらこちらで生まれている。
小学校ではクラスの名簿もなくなり、大学も職員録が無くなった。これでは連絡すら取れない。聞くところによると病院も病室の名札が無くなっているとのことである。
一方で名簿を作るとそれを悪用する変な奴がいるので仕方ないというのであるが。。。規制緩和と言いながら、一方で不便な世の中になっているような気がする。

明日、研究室のみんなが私の昇任のお祝いをしてくれる。ほんとに有難い。しかし、せっかくの集まりなので、研究室の卒業生に連絡を取ろうと職場に連絡すると。。。連絡先をなかなか教えてくれない。
今年は研究室が卒業生をはじめて出して40年経過する節目の年。今後50年、60年と節目の年に卒業生には一緒に集って一杯やりたいのであるが、これもどうなることやら。。。

明日は久しぶりのみんなの顔が見れるので楽しみである。

といことで、今日はこの辺で。


コミニュケーション

こんにちは.
今週は,私の担当している科目の中間テストを行った.
GW明けで学生達は大変だったかもしれないが,今年から始まった新しいカリキュラムの最初のテストと言うこともあり,どのぐらい出来ているか楽しみである.
しかしながら,何時ものことであるが,試験前に誰一人質問に来た学生は居なかった.残念である.

ところで,昨日は久しぶりに東京出張だった.
地盤工学会の「環境リスク面から捉えた廃棄物の地盤工学的利用」に関する委員会のへの出席が目的である.
メンバーは茨城大学の小峯委員長をはじめメンバーのほとんどが若手の研究者である.昨日は,私の所属する環境影響試験法のワーキングも同時に行われた.

ワーキングでは,現在我々が廃棄物を地盤材料として用いる時に基準としている環境告示46号法の試験についていろいろ面白い情報が議論された.
この試験法は,環境省が決めた方法であるが,試験法の解釈によって,データが異なってしまうと言う欠点を持っている.
廃棄物を地盤材料に用いる時には,土壌環境基準を守られているかどうかが問題になる.対象の試料をいくつかの環境計測の試験機関で行ってもらうとばらつくのである.もちろん,大学でも同じ事が言え,出てきたデータが基準値をわずかでも超えているとアウトとになる.この基準値には誤差範囲なるものの規定はなく,例えば,基準値を0.001上回るとダメで,0.001下回るとアウトと非常に厄介である.ほんとに0.001超えたら人に被害を及ぼすか?疑問である.したがって,測定業者を選ぶときにも何時も高めの値を出す業者は,仕事が少なくなるという変な構図にもなりかねないのである.ちょっと間違えば姉歯問題....
今回この委員会ではこの辺のところに学会として提案出来ればとやっているところで,良い成果が出るよう頑張りたいと思っている.

また,この委員会必ず委員会後に一杯やる事になっている.これは委員長の方針.委員会では発言できなかったことが飲み会の場でコミニュケーションが進む.
最近はメールの発達でフェイスTOフェイスのコミニュケーションが無くなって,人に何かを伝えるということも出来なくなって来ているような気がする.
顔と顔を突きあわせて議論することを心がけたい.

では.

今日で終わり

af52c148.jpgこんにちは。
GWも今日で最終日です。今回のGWは結構長い休みを取れるGWでした。
今回のGW中は、結構多くの卒業生が研究室に来てくれて久しぶりに懐かしい顔を見ることができました。みんな元気で頑張ってくれてるようで良かったです。
すでに福大に来て12年が過ぎ、最初の年に卒業した学生はすでにおじさんの仲間入りしており笑。結婚して子供が居る学生たちも沢山居て、自分も年を取るはずだ。。。と言うことを改めて認識しました。ということで、是非また元気な顔を見せに来てください。そして、たまには奥さんとか彼女とか。。。もちろんOG諸君は旦那さんとか彼氏とか一緒に来て欲しいです。お待ちしています。

ところで、今回のGWでは、大和ミュージアムに行く機会があった。
この2月にローマに行ったときに飛行機の中で見た「男たちの大和」で戦艦大和の最後を映画で目にし、目頭が熱くなった時からちょっと気になっていました。
このミュージアムには、昨年戦後60年を記念してできたもので、なんと当時世界最大の戦艦だった大和の1/10のスケールの模型が当時の記録(設計図。。。これもしっかりしたものは少なかったとのこと)を参考に忠実に再現されて展示されている。当時、かなり秘密にされながら建造された船を作るに至ってはかなりの努力が必要だったようだ。もちろん、鹿児島の沖合いで発見された大和から持ち帰られた遺品や船員の記録などなど、マニアにはたまらないところである。当日は、GW中ということもあり、人がすごくゆっくりと見ることができず残念だった。機会があったら今度はゆっくりと見に行きたい。ぜひ、このブログを見ているみんなにも行って欲しい場所である。しかし、戦争もののこの手の歴史ミュージアムは何回行っても悲しくなります。それに比べて今は。。。と時代を比較してしまいます。

明日からまた仕事です。頑張りましょう!
ということで、大和ミュージアムの写真から。



GW

21ecc480.JPGおはようございます.久しぶりに更新です.
世の中はゴールデンウィーク真っ盛り中.
テレビでは朝からGW中いかがお過ごしですか〜....
しかし,大学は授業が通常通り行われています...涙.
昨日日本列島は,各地で30度近い真夏日が...今日は20度...めまぐるしい気温の変化についていけません.

そんな中,今年卒業した学生達が就職して最初の連休に戻って来ました.
早速研究室に顔を出してくれたので,昨日はかなりにぎやかでした.
就職して1ヶ月みんな頑張っているようで嬉しくなりました.
毎朝5時とか6時起きで頑張っているようです.頑張れよ〜
そして,僕の昇進祝いをわざわざ持って来てくれる卒業生もいて,ホント感謝です.
ありがとう!

ところで,先週末は水泳部の新入生歓迎会があり,今年の新しい部員を迎える事が出来ました.今年の部員は11名,男子(4名)より女子部員(7名)が多くは入り,これからの活躍が楽しみです.そして男子のマネージャーが入ってくれた.これもまた部にとっては心強いサポータです.
さて,新歓では,毎年会の最後に新入生が部員の前で自己紹介を部の伝統に則って行われます.この様子は,自己紹介,記録,そして目標,で最後に一芸となんとも言葉では書けませんが,毎年ほんとに良く練習しています.伝統や礼儀が失われる中,これからも水泳部の良き伝統を守りつつ,自己ベスト更新,そして,国際大会への出場目指して頑張って欲しい.

ということで,また明日からしばしの休みである.慌しい4月が終り,連休が終わると夏休みまでは走り続けないといけないので,ゆっくり休養したいと思う.

今日の1枚は,スコットランドの田舎の風景から...のどかです.
ということで.また.









アクセスカウンター

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ