Dynabook AZは東芝製のtegra2搭載のAndroid機になります。
Androidなのにタッチパネルは採用されておらず、ノートパソコンのようなクラムシェル型になります。
Android2.1で発売されましたが、Android2.2への公式アップデートがありました。通称AZnyan

Ubuntuの11.10が出ましたが、DynabookAZ用のイメージがあったので入れてみました。
例によって事前バックアップと自己責任でどうぞ

手順1 必要なファイルを集める
Ubuntu 11.10 (Oneiric Ocelot)から以下の二つをダウンロード
・ubuntu-11.10-preinstalled-desktop-armel+ac100.bootimg
・ubuntu-11.10-preinstalled-desktop-armel+ac100.tar.gz

手順2 準備
ubuntu-11.10-preinstalled-desktop-armel+ac100.tar.gz はUSBメモリのrootにそのままコピー(解凍しない)
buntu-11.10-preinstalled-desktop-armel+ac100.bootimg はNVFlash.exeがあるフォルダに入れておくと便利(ご自由に)

手順3 DynabookAZへ書き込み
Status of the Ubuntu port to the AC100/Dynabook Tegra based netbook の手順に従っていきます
ロシアロムの書き込みの時と同じように、DynabookAZを CTRL + ESC + 電源 で起動する
下記のコマンドとかで書き込み
> nvflash --bl fastboot.bin --download 6
ubuntu-11.10-preinstalled-desktop-armel+ac100.bootimg
※パスやらfastboot.binのファイル名やらは各自環境に合わせてください。
※ロシアロムに同梱されているのはfastboot.stock.binです

手順4 Ubuntuのインストール
書き込みが正常終了したら、電源長押しでシャットダウン
ubuntu-11.10-preinstalled-desktop-armel+ac100.tar.gzが入ったUSBメモリをDynabookAZに刺す
※念のためSDカードは抜きました
DynabookAZの電源を入れる
途中、
If you enter Y below, all data on /dev/mmcblk0p12 will be destroyed and Ubuntu will be installed on it.
とさらっと聞いてくるので、よく読んで決断してください(バックアップは忘れずに)
ですとろーい
az-1110-001
あとは画面の手順に従っていけばOK
az-1110-002

az-1110-003
起動
az-1110-004
ログイン画面
az-1110-006
デスクトップ
az-1110-007
WiFi経由でブラウジングもOK
az-1110-005

少し使ってみた印象は、モッサリ気味。
メニューから何かを起動するたびに少し待たされる感じです。
でも、WiFiも使えますし、実用に耐えないレベルではないと思います。
興味がある方はどうぞ。

※私はバックアップからAndroid2.1に戻しました。