よくわかってないBlog その2

最近はまっていることを書き綴る日記 Linuxって美味しいですか?位の知識です。 Blogを引越ししました。

ご無沙汰しております
eRemote mini (イーリモートミニ)を使ってAmazon Echo経由で家電の制御をしてみたのでメモしておきますね。

まず、eRemote mini (イーリモートミニ)ですが、俗にいう学習リモコン(赤外線)になります。
形は「ご飯ですよ」の瓶くらいの大きさの据え置き型です。公式HPはここ 
これはEchoを経由せずに単体でも使用可能です。

Amazon Echoは今流行りのスマートスピーカーになります。
dot、無印、Plusの3種類でていて、私が購入したのは無印版です。
スキルを追加して音声でeRemote miniを制御します。

重要
最終的に音声コマンドでの電源のON/OFFはできましたが細かい操作はできていません。

大まかな流れです。
Amazon Echoの設定は終わっている状態です。
1). eRemote mini単体で使用できるようにする
2). Amazon Echoにスキル(LinkJapan)を追加してeRemote miniを登録する
3). Amazon Echo側でデバイスを使えるか確認する
の3段階になります
公式の説明はここです

詰まったら以下のポイントを思い出してください。
eRemote miniですが「2.4GHz帯(bg)のみ対応で5GHz帯(a)には未対応」です
・本体LEDの点滅は「自動設定モード(0.3秒間隔高速点滅)とadhocモード(4回点滅の繰り返し)の2種類」があります。
・本体裏のmicroUSB上にあるボタンを6秒長押しで自動設定モード、その状態からもう一度長押しするとadhocモードに強制的になります。

eRemotemini-003
この画面の時は自動設定モード(0.3秒間隔高速点滅)にしてください


eRemotemini-005
この画面の時はadhocモード(4回点滅の繰り返し)にしてください
場合によってはWiFi親機側のフィルターに引っかかっているかもしてません。
※我が家は何度やっても自動設定モードでは駄目だったのでadhocで繋げて設定しました。


次に詰まりそうなのがAmazon Echoのスキルを追加後にeRemote miniのデバイスが認識されないことだと思います。
eRemotemini-006
ここっす
これ、何故かeHome側で「照明」で登録しないと認識してくれないようです。
私が行ったのはeHome側でダミーの「照明」という名前のデバイスを追加。
その後に同じく照明を追加すると名前が被っているので、自由に変更できます。そこでテレビやエアコンなどの名前にします。

eRemotemini-007
※紛らわしいのでアイコンだけそれらしく変えました(笑)
Amaon Echoでデバイスを追加すると

eRemotemini-008
そのまま認識されています。

この状態なら「アレクサ、テレビの電源を入れて」や「アレクサ、エアコンの電源を切って」という風に操作が可能です。
ですが、照明の設定を使っているので音量や温度設定などは工夫が必要かと思います。

音声コマンド、慣れると結構便利ですよ!

参考 Amazon Echoから家電を音声操作できるスマートリモコン「eRemote」を試す (1/3) ITmedia

Share on Tumblr