とあることからマッキントッシュを勉強する事になりました。
とりあえず購入したのはMacbook air 11インチ版(2GB 64GB)です。
やっぱりAndroid機をつなげたいよねーという事で、設定をしてみました。

Android SDKの設定をします

手順1 とりあえず、Mac版のAndroid SDKを公式からダウンロード
手順2 解凍してできたフォルダをどこでもいいから保存(私はホームへ保存しました)
手順3 android-sdk-mac_x86/tools/androidを実行
macbook-adb-001
Available paclages→Android Repository→Android SDK Platform-toolsをチェックしてinstall selected
以降、指示に従ってインストールを行います
手順4 windowsと同じくplatforms-toolsが出来、中にadbがあります

PATHを通します
手順5 アプリケーション→ユーティリティからターミナルを起動
手順6 以下を実行。エディタが起動します。
$ pico .bash_profile
手順5 以下を入力
export PATH=$PATH:
ここまでいれたらFinderを使ってplatforms-toolsのフォルダをドラッグ&ドロップします。
macbook-adb-002
パスが自動で入ります(手入力でも問題なしです)
手順6 control+X→Yで保存します
手順7 source .bash_profileで再読み込み
手順8 adb とか入れてヘルプがでればおしまい

実機とつなげてテスト
macbook-adb-003
DesireHDとUSBでつなげてみました。
ドライバは不要のようで、何もせず使用できました。

うむ便利。