政府は20日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入しているのを確認したと発表、米国産牛肉の輸入を当面、全面停止することを決めた。

ほらね、だから言ったんですよ。誰が責任を取るんでしょうか?

こんなの、目に見えていた。

だから絶対に口にしない、不買運動する、NO!アメリカ産牛肉、と、声をあげていた。いつもなら、「カイワレ」でもなんでも、大臣がパフォーマンスで食べていたはずなのに、今回はやならないなぁと思ってました。結局は、政治家たちも怖くて食べられないんでしょ。

 

小泉純一郎首相は同日夜、中川昭一農相から米国からの輸入を全面停止するとの報告を受けたことを記者団に明らかにした。小泉首相は「国民の食に対する安全・安心を確保するのは極めて重要。米国にしっかりとした対応を求めると報告があった」と語った。

輸入牛肉の検疫に当たる厚生労働省は同日、米国産牛肉の輸入手続きを保留することを決めた。

農水省動物検疫所成田支所によると、危険部位混入が確認されたのは、日本の商社が見本として空輸した牛肉で、目視検査で明らかになった。

米国産牛肉の輸入は、脳などの頭部や脊髄、脊柱、回腸といった特定危険部位の除去や生後20カ月以下の牛への限定を条件に、政府が昨年12月に再開したばかり。毎日新聞