荒川選手やりました! おめでとう!

※お知らせ※

本日2月24日

午後から、神奈川県横浜へ出張します。そして、土日と、会合等で留守になります。その関係で、いただいたTB、コメントのお返しが遅くなる可能性があります。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

ここから元記事!お楽しみ下さい ↓↓↓↓

 

やりました!

気合を入れて、5:18の安藤選手からみてました!

安藤選手は、4回転失敗、スタミナ的にも、残念でした。

その仇を討つべく、荒川選手がやってきれました!

ノーミス、本当にパーフェクトな演技でした。

滑っている姿が、大きく、大きく、大きく 見えました。

ずっと、鳥肌が立つほど、一番素晴らしかった!!!

 

私なりに、分析すると、コーエン選手、スルツカヤ選手ともにプレッシャーに負けた。コーエン選手は、SPでトップに立ち、追われる立場となった。同時に、米国の星条旗を背負って立つプレッシャーで、明らかに硬くなっていた。演技前の笑顔がこわばっていた。

そして、スルツカヤ選手は、荒川選手の高得点に、プレッシャーを感じたはず。つまり演技の順番が、味方してくれたということ。

荒川選手は、攻めるしかない。上位二人に勝つには、思いっきりやるしかなかったのだ。

私は、SPが終わった時に、上位二人は手ごわいが、必ずチャンスがある!と言ったが、まさにその通りの結果となった!

演技後の得点が出た瞬間の、「ワァァァ!!」という、荒川選手の表情。

そして、最終的に金メダルが確定した時の笑顔。

安藤選手と抱き合う姿。

国旗、日の丸を背中に羽織った姿。

表彰式。

君が代。

すべて

すべて

感動であった!!

荒川選手は、金メダルだ!

日本にとって、トリノ五輪初のメダル!

それも「金!」

それだけではない。

日本で、アジアで、女子フィギアにおいて、初の金メダル!

快挙じゃないですか!

私は、荒川選手にできることであれば、金以上の

 

「プラチナメダル」

 

を進呈したいぐらいです!

 

おめでとう!

 

ご本人は、もちろんのこと、お母上、ご家族、関係者、すべての方々

 

おめでとうございます!

 

そして、ありがとうございます。

 

感謝!感動!

(感謝の次に、感動は生まれるから)

 

村主選手も、非常に頑張ったが、SPでの得点の伸び悩みが、ここで響いてしまった。残念。見方によっては、銅メダルでもおかしくなかったはず。

 

蛇足だが、金メダルが確定した時に、荒川選手の後方から、何回も握手を求めて手を差し伸べていた男性がいた。ことごとく、シカトされて、可哀相だった・・・・

 

それから、すでに、トリノは終わったような雰囲気だが、アルペンスラロームの佐々木選手がいることを忘れるな! メダルの可能性だってあるよ!

 

 

荒川静香 金メダル!!

【女子フィギュアスケート決勝】
 (23日 パラベラ競技場)
 荒川静香(プリンスホテル)がアジア初の女子フィギュアスケートで金メダル獲得の快挙を果たした。日本人で同種目のメダル獲得はアルベールビル五輪の伊藤みどり(銀メダル)以来2度目。荒川は終始、安定した滑りを披露。得意のイナバウアーで場内を魅了するなど、抜群の内容だった。演技終了後には場内からスタンディングオベーションが巻き起こった。上位争いを演じていたサーシャ・コーエン(アメリカ)、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)はともにジャンプで転倒するなど、ミスが相次いだ。また、村主章枝(エイベックス)は抜群の表現力で場内を魅了したが、4位と表彰台にあと一歩及ばなかった。また、安藤美姫(中京大中京高)は4回転に挑戦するも転倒し、トータル140・20点で15位。 livedoor スポーツ