やりましたぁぁぁ!!!!

王JAPAN!

やってくれましたぁ〜!!!

スコアボードに「0」が並ぶ、息詰まる投手戦!

6回までは、互いに譲らず、ファインプレーの応酬。

流れはやや韓国よりか、ちょっと嫌な雰囲気。

もしかして、またもや同様の結末か・・・

と、不安がよぎる。

しかし、その不安は、余計なものであった。

 

ラッキーセブン

それまで、チャンスに打てず苦しんでいた二人がブレイク!

 

まずは、4番松中選手が、2ベース!

ここまで打率は悪くないものの、ココ一番で打てない。あるいは、大きな一発がないと批判を受けてきた。

その松中選手が、二塁打を放ち、思わず、ベースに拳をたたきつけ喜びを表現!

 

さらに不調にあえいでいた福留選手が代打で登場!

(王監督よ!よく起用されましたね!)

 

乾坤一擲!

起死回生!

アナウンサーが絶叫して表現したホームラン!

 

感動!

 

感動!!

 

感動!!!

 

福留の一発で、韓国は集中力を切らしました!

ここで勝負ありましたね!

 

もちろん!上原投手も天晴れです!

よく投げてくれました!

 

みなさん!ありがと〜!!

 

野球って素晴らしい!

日本人で生まれてきてよかった〜!!

泣けたぁ〜

嬉しいぃぃぃ〜〜!!

 ^ ^

日本!

日本!!

日本!!!

 

 

二度の敗戦の後

三度目の正直で、韓国を撃破!

まさに、肉を斬らせて、骨を断ったぞ!

王JAPAN!

 

2次リーグで、韓国に敗れた時、誰がこのような展開を予測していたでしょうか・・・・

 

さぁ、みなさん!ご一緒に!

叫びましょう!

 

まさに

まさに

大・ドンデン返し!

IN WBC

by 石橋貴明(とんねるず 帝京高校野球部出身 

板橋区成増出身)

ねるとん紅鯨団風!

 

さぁ!残すは決勝戦!世界一モロタ!

待ってろ、カストロ!

キューバ!よ!

 

 

PS.これから、出かけます!お返しは、後ほどになります!どうぞよろしく!

 

 

日本人としての誇りを取り返そう!

国家の品格