c2569d3d.jpg8月15日に向けて!!!

小泉首相が参拝示唆?そしてお誘い?

「公約は生きている!」

8月15日現実のものになりました! ありがとうございます

当ブログは、首相の靖国参拝を支持します。

8月15日の参拝を願う意味を込めて・・・・

そして、多くの英霊の方々へ手を合わせつつ・・・・・

日本がこの先、自尊自立しながら平和を保てることを祈願して・・・・

当日まで上段に位置します。

※なお、誹謗中傷的なコメントや、リンクなき書き逃げ的コメントは削除させていただきます。

※TBも、賛同しかねる内容だった場合、お返しをしない、あるいは削除させていただく場合もあります。


みたままつりに行きました

靖国神社HP


過去の週末の学びより

遊就館(2006.7.28)

パール判事(2005.8.12)
A級戦犯とは(2005.8.6)

戦後60年第一弾(2005.7.30)

靖国神社へ行こう!(2004.8.11)

特攻隊の遺書(2002.11.15)

英霊の言乃葉その1


折りしも、7月20日の日経新聞朝刊に、「昭和天皇、A級戦犯合祀に不快感」なる記事が一面トップを飾った。

この時期に何故?という思いとともに、以下の疑問点がある。

首相の靖国参拝を快く思わない方面からの、政治的意図を感じませんか?

1 「昭和天皇と交わされた会話を日記や手帳に克明に書き残していた。」のになぜかこの部分は手帳に貼り付けてあった。
2 「だから私はあれ以来参拝していない。」

  天皇陛下は75年(三木首相私人参拝)から参拝していないのに、

  「私はあれ(3年も後の78年のA級戦犯合祀)以来参拝していない」では辻褄が合わない。

3 あったとされる「発言」が合祀から十年後の昭和63年(1988年)の四月。崩御の前年。

4 天皇陛下が自分の(個人的な)意思で参拝したり、参拝を取りやめたりすることはそもそもできない。

  それをできると思うのは、外国人か日本の官僚機構を知らない人達。

5 何故、毎年、天皇陛下はABC級戦犯も追悼の対象となっている全国戦没者追悼式に毎年参列して、御言葉も述べているのか。

6 一部記事中の白鳥を白取と誤字。普通間違えるか?

7 論理構成、概念が中国共産党にあまりに都合が良すぎるステレオタイプのような文章。

  「平和に強い考え」?何それ?中国共産党の影響力の強い旧社会党や社民党がいかにも使いそうな言葉。

8 「松平の子の今の宮司がどう考えたのか、易々と。」

  「筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが」

  78年ならまだしも、合祀から10年経った死の前年の88年に語ったとするとあまりに不自然な発言。


この時期だからこそ、靖国神社について、A級戦犯について学びましょう!

右サイドバーにも、おすすめの図書を紹介しております。

「8月15日に向けて」を参照下さい。