やってくれました!

今日は歴史に残る一日になりました

私も行っておりました。靖国神社へ!

小泉首相参拝です!

※これを予見してこの記事は、事前に作成してありました。

ホンダラさん!ありがとう!

とらたけさん!ありがとう!

 

※当ブログは、首相の靖国参拝を支持いたします!


日本は独立した国家です。

独立国家の条件

国家の基本法である憲法は自分たちの手で書く

自分の国土(領土)は自分たちが守る

国家の祭祀・信仰は何びとからも干渉を受けない

子孫に対する教育も同様に、他国からの干渉を排除して、自分たちの意志に基づく


小泉首相は、日本の独立心、自尊自立の精神を内外に見せつけてくれました!

天晴れ!

しかしマスコミの偏向報道は酷かったですね。特にTBS。事実をしっかりと放映しないばかりか、靖国参拝反対派ばかりを出演させて情報操作のオンパレードでした。最悪です。

 

■週末の学び7/28「遊就館」〜一度は足を運んで・・・・・〜

■週末の学び8/4「続・靖国神社&遊就館」〜色メガネで見てはいけないのです〜

靖国参拝しようがしまいが、中国は何をやっても永遠に攻撃を続けますよ

■週末の学び8/11「WGIP」〜洗脳の恐ろしさ〜

8月15日を前に・・・シリーズ1 A級戦犯とは

8月15日を前に・・・シリーズ2 B・C級戦犯とは

8月15日を前に・・・ シリーズ3 分祀ってできるんですか

 

小泉首相、靖国神社に参拝

  
 小泉首相は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。

 首相は2001年の自民党総裁選で、8月15日参拝を公約としたが、中国などの批判に配慮して、これまで日付をずらして年1回の参拝を続けてきた。9月の退陣を前に、公約の実現を図ることで靖国参拝の強い決意を示すものだ。現職首相が8月15日に参拝するのは、1985年の中曽根首相の公式参拝以来21年ぶりだ。

 小泉首相の靖国参拝は6回目で、05年10月以来となる。

 小泉首相はモーニング姿で本殿に上がり、一礼し、「内閣総理大臣 小泉純一郎」と記帳した。献花料3万円は私費で支払った。

 首相は9日、15日参拝の公約に関して「公約は生きている。守るべきものだと思う」と語っていた。10日には「日本の首相がどこの施設に参拝しようが、批判される理由はない。戦争の反省を踏まえ、戦後61年間、1回も戦争せずに平和国家として発展してきた」と述べ、首相の靖国参拝への批判に反論した。 読売新聞