あと1〜2点ぐらい取ってほしかった!

ゲーム開始早々から、攻撃をみせたオシムジャパン。引き気味のイエメンに対して攻めあぐねる。何度も決定的なチャンスは作るものの、ゴールに至らず前半を終了。この試合も決定力不足が課題となるのかと思った後半25分。アレックスのCKを阿部が頭で合わせゴール!

そのまま終了するかと思ったロスタイム。直前に登場した佐藤寿人が2点目をやはりアレックスのFKからたたき出した。

2点ともにセットプレーからの得点で、ついには流れからの得点シーンを拝むことはできなかった。

今、オシムの中では、色々な選手を試しながら、チームを創りあげる時期ということもある。

そんな中で、スコアは2−0で、しっかりと勝ち点を3稼いだのでよしとしよう。

しかし・・・

しかし、あと1〜2点取ってほしかったなぁ。。。

 

<サッカー>オシムジャパン初公式戦、イエメンに2―0勝利

2006年8月16日(水) 21時21分 毎日新聞 

 サッカー日本代表は16日、新潟スタジアムでオシム監督の就任後初の公式戦となるアジアカップ予選のイエメン戦を行い、2―0で勝った。日本は後半25分に阿部のヘディングシュートで先制。終了間際に佐藤寿が追加点を挙げ、ねばるイエメンを振り切った。
 J1千葉、ガ大阪の選手も加え、ベストに近い国内選手をそろえた日本の布陣は4―4―2。先発メンバーは、GK川口、最終ラインに加地、坪井、闘莉王、駒野、中盤に三都主、鈴木、阿部、遠藤、2トップに巻、田中達が名を連ねた。
 全員が自陣に引いて守りを固めてきたイエメンに対し、日本は立ち上がりから試合の主導権を握った。前半14分、左サイドの駒野のクロスから巻が放ったヘディングシュートは惜しくも右ポストをたたき、詰めた田中達のシュートはイエメンのGKサイードにはばまれた。初戦のトリニダード・トバゴ戦で2得点を挙げた三都主もゴール前でのワンツーから立て続けにシュートを放ち、鈴木、遠藤らも中距離からゴールを狙いにいったが得点にはいたらず、前半は無得点のまま終了した。
 後半から駒野に代えて羽生を投入した日本は、前半と同様に試合を支配した。後半9分、ペナルティーエリア手前でパスを受けた田中達がバーをかすめる鋭いシュートを放てば、CKやFKからは闘莉王らが高さを生かしたプレーでゴールを狙い、イエメンを一方的に攻めた。日本は同25分、三都主の右CKから二アサイドへ走りこんだ阿部が頭で合わせて先制。ようやく均衡を破ると、ロスタイムには三都主のFKから交代出場の佐藤寿が追加点を奪い、試合を決めた。