今回は浴室のカビの予防と対策についてです

どちらのご家庭でも浴室は湿気が多く、カビにとっては絶好の繁殖場所となります
湿度が80%以上、気温が20~30℃という条件が揃うことでカビの胞子が発生し、入浴時に出た人体の皮脂分や垢などを栄養分に繁殖を繰り返します
カビを抑えるためには、このような条件をクリアしていく必要があります少々、面倒ではありますが、やることは簡単なので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょう

換気扇を回して、窓を開けましょう
これはすでに実践されている方も多いと思いますが、何より換気をすることが大事なのです

浴室全体に水をかけ、汚れをサッと洗い流す
水で洗い流すことでカビの栄養分であるアカなどを取り除くことができ、浴室の温度を下げることにも繋がります

水分を拭き取る
湿気を残さないために水分を拭き取ります。
水切りワイパー(
100円ショップで売ってるようなもので十分です)を使っておおまかに水を切り、タオルで拭き取ると、絞る回数も減って楽です

カビの無い浴室で、気持ちよくリラックスしたバスタイムをすごしましょう