最近、お掃除機能付きエアコンというものがふえましたねー、というか今や主流となりつつあります
お掃除をしなくて良いからといわれる方が多いのですが、本当にそうでしょうか
お掃除をしなくて良いからと、そのままにしていると大変な事になっているかもしれません

お掃除機能付きエアコンのメインは、フィルターのお掃除機能です。
これには2つの方式があって、フィルターをブラシでこすり落としダストボックスに溜める物、小さな掃除機が埃を吸い取る物があります。
ダストボックスのタイプは、埃が溜まるとお客様が捨てなければなりません
これが以外に早くいっぱいになるので、マメに掃除が必要です
掃除機タイプの物もホースが詰まると吸い込まなくなりますので、ホースやフィルターの状態の確認は必要になってきます
また、お掃除ユニット自体が、埃まみれになっている物を、お客様先で良く見かけます
どちらもフィルターに油が付着すると、埃がくっつき取れなくなるので、洗浄が必要になります。
特に、キッチンの近くや焼肉などをするダイニングやリビングのエアコンは、定期的に中性洗剤などでフィルターを洗っておきましょう

お掃除機能付のもう1つの特徴は、抗菌素材と防カビ運転です
ファンや内部を、抗菌剤入りのプラスチックやステンレス等のカビが生えにくい素材にしています。
あわせて、エアコン作動後に内部の乾燥と除菌運転を行うのが主流になっています 
あくまで、お掃除をするのはフィルターのみで、熱交換器やファンはカビが生えにくいだけというのがポイントです
繰り返しになりますが、ファンや熱交換器はお掃除をしている訳ではないので、埃などが付着します。
そこにカビが生えると、いくら抗菌素材といえど抑える事は出来ないので、普通のエアコンと同じようにお掃除は必要になります
※最近、熱交換器を熱したり凍らせたりして汚れを落とすとういう機能の付いたものが発売されていますが、こちらの効果に関しては調査中です。

最後に、内部クリーンやカビ防止の機能は切らない方が良いでしょう
音がうるさいとか、もわっとするからといって切ってしまうと、カビが生えやすくなってしまいます

このように、お掃除機能付きエアコンでもお掃除が必要なので、吹き出し口にカビが生えていたりカビのにおいがしていたらお掃除時期です
そのときは、ぜひダスキンピュアへ