毎日使われる洗濯機・・・みなさんはどのようにお手入れされていますか

『うちの洗濯機は見た感じきれいだし大丈夫』と思っていたら・・・

一見きれいな洗濯機でも洗濯物に黒いつぶつぶが・・・洗濯槽の裏側にはカビがびっしりなんてことめずらしくありません。ゴミ取りネットのゴミを良く見てください。衣類から出るホコリや繊維のようなゴミの他に黒や茶色のツブツブや薄皮のような汚れが混ざっていたら、それは洗濯槽の汚れ
室内干のニオイの原因にも・・・

 

実は私も『汚れがつきにくい洗濯槽』という洗濯機を買ったため、しばらく掃除をせずに放っておいたところ、ゴミ取りフィルターに茶色い物が・・・あわてて掃除をしたら、ものすごい汚れが出てきてゾッとしました

やはり定期的に行うべきだと反省

 

そこで、今回は洗濯機の掃除方法のアドバイスです

 

準備するもの

・古歯ブラシや雑巾(タオル)

・酸素系漂白剤

・ゴミすくいネット

・お湯(40℃から50℃がおすすめ!お風呂の残り湯でもOK)

 

洗剤は洗濯槽用洗剤としていろいろな種類が市販されています。

 塩素系漂白剤・・・カビに強いので初めて掃除する時やしばらく掃除していなかった時に。

 酸素系漂白剤・・・塩素系よりやさしい漂白剤ですが、商品によってはしっかり汚れを落としてくれる物もあるようです。液体と粉末があり、粉末は発泡作用もあるためその力も加わり貼りついた汚れをはがしてくれます。

 重曹等・・・さらにやさしい洗剤ですので、定期的に行う場合におすすめです。

 

もちろん洗濯槽用洗剤でなければいけないわけではありません。が、洗濯槽用として売られている物の方が1回の使用量も適切な量が入っているので簡単です

使用方法もよく読んでから使用してください。酸素系漂白剤の中には弱酸性のものも有るようです。塩素系の漂白剤と混ざると猛毒ガスが発生します
落ちないからと洗剤を混ぜて使うことの無い様に気をつけてお掃除しましょう。

 

掃除方法

1.洗濯機内側の細かい部分のゴミを取る

まずは洗濯機のふち周りなどのゴミを古歯ブラシ、雑巾などをつかって除去します。ふたの裏側もきれいに拭きます

洗剤入れやゴミ取りフィルター、乾燥機能がある場合は乾燥フィルターもとりはずして洗います。

 

2.洗濯機にお湯と用意した洗剤を入れる

洗濯機に水ではなく、『お湯』をいれ、同時に酸素系漂白剤を一気に回しいれます。お湯のほうが汚れが落ちやすくなりますでも洗濯機の耐熱温度もありますので、40~50℃くらいのお湯にしましょう。

 

3.お湯を洗濯槽いっぱいまでいれ、3~5分回す

洗濯槽いっぱいまでお湯をいれます。それから洗濯機を3~5分ほど動かして用意した洗剤を入れ拡散させます。

 

4.半日から1晩くらいつけ置いた後、浮いた汚れをすくい取る

浸け置くと洗濯槽の裏側にはりついた汚れが剥がれ、浮き上がってきます。浮いているゴミはここですくい取ってすてましょう!

たいへんな作業ですが、ここを丁寧にしておくことが大事です

その後洗濯機を脱水まで回します。そしてゴミ取りネットやゴミ取りフィルターに溜まったどろどろゴミもキレイに洗いましょう

 

5.洗濯物をいれずに1回全自動洗濯フルコースで回す

はがれたゴミはもちろん、はがれかけのゴミもしっかり落とすために、洗いから脱水までフルコースを1回行います。この後もゴミ取りフィルターをチェック

 

6.洗濯機のふたを開けてしっかり乾燥させる

乾いたタオルで洗濯槽の水滴や、排水されなかった汚れのかけらをきっちりふき取ります。後はふたを開けたままにしてしっかり乾燥させてお掃除完了

 

洗濯機に「槽洗浄モード」があるときはそれを利用してもOK。
でも、私の洗濯機はつけおき時間が短く心配だったので、途中で一時停止をして半日ほどつけおきしました

ドラム式洗濯機の場合は上記流れの3~4ができません。槽洗浄モードを使いましょう

また、乾燥機つきの洗濯機だと掃除しないといけないフィルターが複数ありますので、説明書のお手入れ方法を良く見て取り外して掃除しましょう。

それでも乾燥がうまくできない際は、乾燥フィルターの奥に糸くずや繊維が詰まっていることで乾燥がうまくできなくなっていることもあります。

その際は、ダスキンで乾燥経路のお掃除も行っていますので、1度ご相談を
 

最後に汚れを防ぐ為に!

1.洗濯時に洗剤や柔軟剤の使用量を守る(洗剤の溶け残りを防ぐ)

2.洗濯機のふたは普段は開けっ放しに!(湿気をこもらせない)

3.汚れ物は洗濯機に投げ込まずに洗濯かごへ!(脱いだ衣類の湿気で湿度UPするので)

4.ドラム式はふたを開けたままだと邪魔になりますね。乾燥機を使わない家庭が多いようですが、乾燥機まで使って洗濯槽も乾かすのがベストです。

5.定期的に市販の洗剤で掃除する。(1ヶ月に1回程度)

6.定期的にできなかった時、自分では無理と思われた方はプロに頼む

 

これで洗濯した衣類やタオルも気持ちよく使えますね