今回のおそうじアドバイスは「水まわりのお掃除道具」です

それぞれの箇所にあった道具を選ぶポイントをご紹介します

トイレ・・・トイレブラシは便器のふち裏に届く物を用意しましょう。
ふち裏にブラシが当たらないと、尿石や黒カビがついて落ちにくくなってしまいます。
ご自宅の便器の形をよく見てから選ぶとよいです。

流せるお掃除クロスは棚、取っ手、リモコンなどきれいなところから拭いて、便座、便器、床まで拭いていきます。
手洗いボウルもホコリや水垢がつきやすいので、小さいスポンジを近くに置いておきましょう。

 浴室・・・浴槽用スポンジは、洗剤をつけなくても湯垢を落とせるスポンジが便利です。
 浴槽のお湯を落としたら乾かないうちに、そのスポンジで洗っておきます。

 床用はブラシがおすすめ。床材は凸凹している物が多いので、ブラシのほうが細かい溝にあたり、汚れがたまりにくいです。

 排水口もブラシで洗いましょう。排水溝は石鹸カスや髪の毛で汚れやすいところです。こまめにゴミを捨ててブラシでこすっておきましょう。

 そして、スクイジー。お風呂から上がるとき、掃除の後に水をきるのに使います。鏡、壁、床などの水をスクイジーできっておくと、水垢やカビ防止になります。


洗面所・・・洗面ボウル用の小さめのスポンジを用意します。洗面台周りに置いてもかわいい物もあるので探してみてください。
排水口には小さめのブラシが便利です。ゴミ受けのゴミはこまめに捨て、排水口も届くところまでブラシでこすりましょう。

キッチン・・・スポンジは水切れのよいものを使いましょう。使用後はよく水を切っておくこと。
洗剤やスポンジを置いているところも結構汚れがつきやすいところです。こまめに水分を拭き取りましょう。
「フキペット」や「レンジまわりふきん」というクロスがあると便利です。

油汚れも固まる前に拭いておけば焦げ付いて落ちなくなる、ということもなくなります。
レンジまわりふきんを用意します。油が固まらないうちに拭きましょう。使い捨てのキッチン用クリーナークロスでも便利です。
排水口は触りたくない方もたくさんいると思います。でも、臭いの元にもなりますので清潔に保ちましょう。ゴミはその都度捨て、ゴミ受けやその下部分もブラシやスポンジで洗います。キッチン用の漂白剤(泡タイプが便利)をこまめに使用すると良いですよ。
※ダスキンで排水溝トラップをお手入れしやすいものに交換することもできます。→https://www.homerepair.jp/lp/kitchen/


いずれにしても、お掃除道具はそれぞれの場所に置いておきましょう。見かけが悪いからとわざわざ移動して出してこないといけないような別の場所に置いている方もみかけます

 気がついた時にサッと汚れを落とすのがきれいを保つコツ!その為には手の届くところに道具を用意しておきましょう

 最近では見かけもスタイリッシュな物、かわいい物などお掃除グッズの種類も増えていますよただし、たくさん買って掃除道具でごちゃごちゃにならないように、くれぐれもご注意を



お掃除でお困りのときは、下記まで
→ダスキンピュア: https://www.duskinpure.com
※ダスキンピュアのHPでは、様々な「おそうじアドバイス」を公開しています。