新年あけましておめでとうございます。

みなさん昨年末は大掃除しっかりと行えましたか?大掃除を行う際に窓掃除が大変だったという声をよく聞きます!

そこで今回は、網戸の掃除の仕方をお話しします。

皆さん網戸の清掃ってどのように行っていますか?網戸掃除をするとなるとはじめに水拭きを行うという方多いと思います。
しかし、網戸についている埃などが水に濡れてしまうと埃が固まり、汚れが取れにくくなります。そのため、まずはブラシを使い、網戸の目の中にはいった埃なども取り除きましょう。
その際に固いブラシなどは網戸の目にブラシの毛が入らないため、できれば洗車用のブラシのように毛が細く、密度の高いものがおすすめです!
洗車ブラシは、網戸掃除に加え窓のすみや溝にたまったホコリも掃き出せるので、網戸の埃をとる際にまとめて窓のサッシにたまった埃などもとっておきましょう。
横から横にブラシでしっかりと網戸を掃いていくと思った以上に埃が舞います。窓をしっかり閉めてマスクをして、ブラシかけを行ってください。
網戸を掃除しないと、網戸に溜まったホコリが雨風などによって窓ガラスに付着し、窓が汚れてしまいます。網戸掃除を放っておくと、その分だけ窓も汚れやすくなります。定期的にブラシで掃き出すだけで、窓の汚れも変わってきます!

ブラシでホコリを取り除いた後は、水にぬらしたスポンジで網戸の網目に水を通していきましょう。スポンジは何でも良いですが、お風呂などを洗う大きめのスポンジだと面が大きいので、楽に掃除ができますよ!
あまりに網戸の汚れがひどい場合は、スポンジの水を通したあとに弱アルカリ洗剤か中性洗剤などを混ぜた水で、もう一度こすった方がいいでしょう。その際、水のたれ染みがついてしまうため、下から上へとスポンジを動かすことがオススメです。水を使うときは、基本的に“下から上へ”ということを心がけると良いと思います。
ちなみに最初に水を通してから洗剤を使うことで、洗剤が満遍なく行き渡ります。網戸の目の中に一度水を通すことで、汚れが落ちやすくなります。汚れがひどくないなら水洗いだけで充分です!

最後に雑巾で網の目の水を拭い取るよう水拭きして、水を拭い取れば終了。乾拭きもしなくて大丈夫です。
あらかじめサッシのホコリや塵も取り除いていたので、したたり落ちた水によって溝の部分が汚くなることもありません。サッと雑巾で拭えば、溝の部分もすぐきれいになりますよ。

これから春に向かって花粉なども多くなります。花粉の多い地域にお住まいの方は、網戸も汚れやすくなります。また、花粉に加え黄砂なども飛来するため、アレルギーなどがある方は特になるべく定期的に網戸を掃除するようにしたほうがいいですね!

網戸の掃除をしていたら網戸が破れていたり、張りがなくなったという方もいると思います。ダスキンピュアでは、網戸の張替えも行っていますので、お掃除だけでなく、張替えも気になることがあれば、ぜひご連絡お待ちしております。