蒸し暑い日が続いていますね

エアコンを使う頻度もますます増えますよね。
そこで今回はエアコンのフィルターのお掃除についてお話しします

フィルターはすぐに外していませんか?
いきなりフィルターを取り外すとホコリなどが下に落ちてしまいま
そのままの状態でまずは掃除機をかけてホコリを吸い取ります。 フィルターの周りもホコリがついているので掃除機で吸ってくださいね。
そのあとにフィルターをゆっくり外します。フィルターの外し方は機種によって異なりますので、取扱説明書を確認の上で正しく行ってください
お掃除機能のエアコンを使っている方は、ダストボックスがついていることもあります。ダストボックスがあれば一緒にお掃除してみましょう

取り外したフィルターを再度掃除機で吸います。ホコリは表面についているので表面を掃除します。
なぜ表側から吸い取るのかというと、裏側から吸うとフィルターの表側から吐き出されようとしていた汚れを無理に裏側に引っ張り戻すことになるからです。

掃除機だけでホコリが取れない時は、浴室でシャワーなどを使って落としましょう。
フィルターの裏側から表側に汚れを吐き出させる形でシャワーを当てます。
洗い流すのだけで取れなかったホコリなどは台所用の中性洗剤を薄めて、柔らかい歯ブラシなどを使って洗うと落としやすくなります。

フィルターを洗い終えたら、きちんと水を切ってからしばらく陰干しにします。
濡れたままエアコンに装着すると水が垂れてきたり、汚れやカビの元になったり、場合によっては故障してしまうこともあるからです。

フィルターはホコリがたくさんつき、カビはそのホコリを餌として繁殖していくので、フィルターのお掃除は定期的にしましょう。毎日長時間使用されている方は特に埃がフィルターにたまりやすいため、2週間に1度をお勧めしています。毎日は使わないという方も季節の変わり目には1度お掃除してみるといいと思います
風の通りもよくなりますよね
ただし、これは応急的な処置に過ぎません。フィルターが目詰まりするほどの状態であるなら、ホコリはエアコン内部の奥深くまで入り込み、全体にカビが繁殖している可能性も考えられます。なるべく早いうちにプロによる内部の徹底洗浄をすすめします

ちなみにエアコン洗浄スプレーなども販売されていますが、正しく使わないと発火の危険性や、水もれの原因、にいの原因になったりという事例もあるため、エアコンのメーカーさんも推奨していません。
エアコン掃除はプロに任せしましょう。

清潔なエアコンを使って暑い夏を乗り切りましょう