いよいよ年末が近づいてきました。大掃除の計画は進んでいますか

今回は、油汚れが気になるレンジフードのお掃除をご紹介します

準備する物:新聞紙、ぞうきん、バケツ、ヘラ(プラスチックのカードでもOK)や割り箸、スポンジ、お掃除ブラシ、台所用ラップ、ゴム手袋、酸素系漂白剤、台所用洗剤、油汚れ用洗剤、など

注意!
 ・安全のため、電源を切ります
 ・窓を開けて、風通しをよくしましょう
 ・ゴム手袋をつけましょう。洗剤やお湯、傷から手を守ります!
 ・レンジフードの状態によっては汚れと一緒に塗装がはがれることがあります

【お掃除方法】
.
コンロに油が垂れて汚れたり、レンジフードの部品が落ちて傷がつかないように新聞紙を敷きます。
フィルターやファンなど、自分で外せる物を外します。この時にファンにこびりついた油はヘラなどで大まかにこそげ落としましょう。

つけおきをするために、シンクの栓をします。ぞうきんをシンクに敷いておくと、シンクに傷がつくのを防げます。
 *ナイロンの大袋の中に溶液をつくり、その中につけこむのもOK
40
50℃くらいのお湯を、外した物がつかる程度にため、酸素系漂白剤を表示通りに溶かします(目安はお湯2リットルに対して8gです)。
さらに台所用洗剤をティースプーン12杯程度加え、漂白剤溶液をつくります。
 *素材がアルミの場合、酸素系漂白剤につけこむと黒っぽく変色することがありますのでご注意ください
 *また、塗装が弱くなっていて剥げる場合もありますので、確かめて行ってください
漂白剤溶液の中に、外した物が、完全につかるようにします。
そのまま1520分ほど放置した後、シンクの栓を外して漂白剤溶液を流します。外した物に汚れが残っている場合は、スポンジやブラシで汚れをこすります。
お湯で汚れや漂白剤を洗い流します。やけどを防ぐため、お湯は40度ぐらいに下げましょう。
乾いたぞうきんで、水気を拭き取ります。
よく乾燥させます。

外せない本体部分はつけおきしている間に洗浄しましょう
油がこびりついている部分は、ヘラや割り箸などで、あらかじめ削り落とします。

 *ヘラは、古いカードやものさしなどでもOK
.
水に浸し固く絞ったぞうきんに油汚れ用洗剤をスプレーし、外せない部分を拭きます。
ファンのモーター部分や電線部分に水や洗剤が入らないように十分注意してください。 

または、漂白剤溶液に浸し固く絞ったぞうきんで、拭きます。

.水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。
.
汚れが残っている場合はラップで湿布をします。台所用ラップを、汚れの部分よりも大きめにカットします。
汚れの部分に油汚れ用洗剤、または漂白剤溶液を塗り、上から手早く台所用ラップを貼りつけます。
 *汚れが目線より上にある場合は、洗剤をスプレーしないでください。ぞうきんやハケに含ませて、塗布しましょう
 *油汚れ用洗剤、または、漂白剤溶液を含ませたキッチンペーパーで、湿布をした上にラップを貼ると、より洗剤が浸透しやすくなりますよ
そのまま1015分ほど放置した後、ラップをはがし、キッチンペーパーやブラシで汚れを落としてからぞうきんで汚れを拭き取ります。
 その後、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取ります。
.
よく乾燥させます。

あとは、元通りに組み立てて完了です
最近のレンジフードは分解やお掃除が簡単なものも出てきました。

フィルターや周辺だけなら意外と簡単にお掃除できます。こまめにお掃除することを心がけて、キレイな状態をキープできるようにしましょう

 

ただし、脚立に乗らないといけなかったり、本体内部の油汚れは固まっていたり・・・お掃除するのは大変ですし時間もかかります

レンジフードのお掃除はプロに頼むことをオススメします