duskinpureのblog

ダスキンピュアがお掃除に関する情報をお伝えします。

福岡のおそうじ・家事代行ならダスキンピュアへ

2017年07月

おそうじアドバイス~紫外線・赤外線防止~

毎日、暑いですねギラギラと照りつける太陽の日差しで何もしてなくても汗ばんできます

太陽の光には目に見える光の他に見えない『紫外線』や『赤外線』が含まれています
日焼けやシミ等、お肌に及ぼす影響がよく知られている紫外線に対して、赤外線に関してはご存じの方は少ないかもしれませんが、『温度上昇』『皮膚の水分を奪う』『皮膚にジリジリとした熱を与える』等は赤外線の影響だといわれています

お肌も気になりますが、お家のフローリングや家具も日焼け、色あせしちゃうことありますよね

そこで今回は紫外線&赤外線の基本対策をご紹介致します

まずはからだに関して・・・トータルな取り組みでガードします
日傘、帽子、サングラス等を活用して直射日光を遮ることが大切です。紫外線ばく露による眼への影響については急性の紫外線角膜炎や白内障が知られるようになり、サングラスの利用も推奨されています
長袖やエリ付き等の体を覆う部分の多い物を着用するのも有効です。暑い時期は通気性や吸水性の良いものを。
日焼け止めも活用しましょう。紫外線は窓ガラスや衣服を透過してきます。顔もからだも日焼け止めを使用してブロックしましょう

次にお部屋に関して・・・太陽の光を遮りましょう
紫外線も赤外線も目には見えませんが、室内への光の侵入を防ぐことで軽減できます。完全に防いでしまうと真っ暗になっちゃうので、レースのカーテン等を活用しましょう。
UVカット効果のあるレースのカーテンもあります。夏になればゴーヤやアサガオといったツル性の植物による『緑のカーテン』も効果的です

明るい日差しはそのままに『紫外線』と『赤外線』を大幅カットできるのがダスキンの窓用フィルム施工サービスです
大切な家族も自宅も有害な紫外線から守り、家具やフローリングの色あせを抑制してくれます
ガラスが割れても飛び散らないので防犯効果もあり、地震や台風の二次災害も防ぎます

もっと詳しく知りた方はコチラ→http://www.duskinpure.com/home/service/pro/window/window.html

おそうじアドバイス~押入れ・クローゼットのカビ対策~

嫌な天気が続きますね

今回は押入れやクローゼットのカビ対策についてです

 

押入れやクローゼットは閉めきっていることが多いので、湿気がたまるのでカビが生えやすい場所といわれています

換気不足が原因の1つです

あとは詰め込みすぎも良くありませんね

空気の通り道がなくなるからです。

湿気やカビの原因になります

 

湿気は下へ下へといく性質があります。ここポイント

下の段は湿気がたまりやすいということになります。

新聞紙やダンボールは湿気を吸収してくれるので一番下に敷くのもおすすめです

すのこをおいた隙間に新聞紙をくしゃくしゃにして置くと新聞紙が湿気を吸い込みます。

新聞紙ってすごいですね 皆さんも活用しましょう

 

後は収納に適切な場所にしまうのもポイントです。

湿気を特に吸いやすいものや湿気に弱いシルクや革製品などは上段におきます。

綿や麻は比較的に湿気に強いので下段に収納するとよいですね

 

後は換気が大事です

押入れやクローゼットのドアを開けて扇風機を回して湿気を取るのもカビには効果があります。 

換気を心がけましょう。

それでも湿度が気になりますよね

そういう時は、除湿剤などを利用すると良いですね。除湿剤は下段におきます。湿気の性質は下にたまるからです

 

ちょっとした収納のやり方や湿気の性質を知っておくことと、あとは換気を心がけてカビ対策しましょう