duskinpureのblog

ダスキンピュアがお掃除に関する情報をお伝えします。

福岡のおそうじ・家事代行ならダスキンピュアへ

2018年12月

おそうじアドバイス~ホコリ落し~

今年も残すところ数日となりました

大掃除は済みましたか

最後の土日にがんばるという方もいらっしゃるでしょう

 

年末は他の事も忙しいからあまり掃除に時間が取れないという方もいると思います。

もちろん、家全体をしたほうがスッキリするし大掃除をしたという満足感も得られます

でもそれができない時はお掃除する場所を絞りましょう

水まわりを優先しますか水まわりの汚れは目につきますよね

でも水まわりは、ついで掃除にしたほうが断然楽です

顔を洗ったついでに洗面台まわりを拭く、お風呂に入ったついでに排水口や洗い場をこすり洗いする、キッチンの後片付けのついでに調理台やコンロまわりを拭く、トイレを使ったついでに使い捨てシートで拭いておく・・・といった毎日のついで掃除であえて大掃除をしなくても良いくらいになります

 

大掃除にするのは家のホコリ落し

カーテンレールの上や照明、棚の上・・・など高いところの目につかないホコリは意外と溜まっている物です。目につきにくいので気にならなかったそのホコリ、一年物ではない可能性も・・・

昔は高いところのホコリははたきで落としていましたね。でもはたくと家中にホコリが舞ってしまいます

空気中に舞ったホコリは床に落ちるのになんと9時間もかかるそうです

だから掃除が終わってほっとしたと思っても舞い上がったホコリはまた床へ落ちて「せっかく掃除をしたのに・・・」とがっかりすることも
それを避ける為に、ホコリ落しは吸着剤のついたハンディモップでそっと取るのが一番です

もちろんダスキンのハンディモップが一番。でも、今からでは間に合わないという方は市販のハンディモップや、フローリングワイパーのシートを利用するのもひとつの手です。これらもホコリを絡め取る工夫がされています

お掃除の基本は上から下へですから高いところから、なるべくホコリを舞い上げないようにそーっとモップなどで絡め取ります。

仕上げに水拭きをします。中性の住居用洗剤をうすめた物で拭いてもさっぱりします

照明の周りやタンスの上、カーテンレールから始めます。エアコンの空気の流れなどで高いところの壁にホコリが付いている事もありますので、壁についているホコリも取っておきましょう

その後、少し低い棚やテレビ周り、デスクまわり・・・そして最後に床

もちろん床のホコリもモップやフローリングワイパーで集めます。
集めたホコリや大きなゴミを掃除機で吸うようにすると掃除機の排気で再びホコリが舞い上がることを防げます

最後に床の拭き掃除。

これですっきり家の中が明るくなり、家の空気が変わった気がします

 

どうしてもやり残してしまって気になる場所は、年明けにプロに任せるという手も

レンジフードやトイレのひどい汚れ、エアコン内部の汚れ、窓・・・など。

年末にたいへんな思いをしないで済むように、年間でお掃除する箇所を振り分けるのも良いですね
各ご家庭に合うプランを提案させていただきますのでお気軽にお問い合わせください

 

今年も1年間ありがとうございました

2019年が良い年になりますように

おそうじアドバイス~キッチン家電のお掃除~

今回はキッチン家電のおそうじです

まずは炊飯器・・・外部は手垢とホコリ、内部はこぼれたご飯と垂れた湯気の水で汚れます
炊飯と炊飯の合間の「休み時間」を狙って、お湯でかたく絞ったタオル(当然ですがキレイなもので、小さい方が拭きやすいかも)で丁寧に拭き掃除します
洗剤使用しないことをおすすめします。
お釜を外したときに見える「センサー」付近が一番汚れやすい場所です。
焦げ付いてしまった場合には、600番程度の紙やすりで優しくこすり落としましょう。
最後に、削りカスが残らないようにしっかり拭き取りましょう。

次に、電子レンジ・・・付いた汚れは、即落とすのが鉄則です
しっかり水で濡らし、よく絞ったタオルにセスキ炭酸ソーダ水スプレーをたっぷり噴霧
ターンテーブルにタオルを乗せて1~2分加熱します。
ゴム手袋をはめて、やけどに気をつけつつ、このタオルで汚れた庫内は拭き掃除しましょう。
ターンテーブルの汚れは、外してお皿のように洗い、拭きます
焦げやこびりつきには、軽く濡らしたメラミンスポンジが有効ですが、傷が付かないか目立たない所で確かめてから擦って下さいね


続きまして湯沸しポット、コーヒーメーカー・・・ポットやコーヒーメーカーには独特の白くて、硬い汚れが付着しますが、これは水道水に含まれるミネラル分によるものです
これには酸が有効なんです。1~2%の濃度に溶かしたクエン酸水か、5倍程度に薄めたお酢(醸造酢)を普通、水を入れるところに注いで沸騰させ、そのまま6~10時間放置した後にスポンジでこすると意外とあっけなく落とせます
その後普通の水で再沸騰、すすぎ直して下さい


最後に食器洗い乾燥機・・・悪臭の原因になりやすいので気を付けて下さい
卓上型の場合は置き場の下部に注意を。ホコリや水垢が溜まりやすい部分です。お酢(醸造酢、原液)やクエン酸(お酢程度の酢酸濃度5%を目安に水に溶く)で濡らしたタオルで拭いて下さい。
内部の残菜フィルターに食べ物カスを残すと、何ともいえない悪臭の原因になってしまいますのでご注意下さい
定期的な庫内の洗浄運転により悪臭を予防しましょう