duskinpureのblog

ダスキンピュアがお掃除に関する情報をお伝えします。

福岡のおそうじ・家事代行ならダスキンピュアへ

2019年06月

お掃除アドバイス~浴室のカビ予防~

例年より遅い梅雨入りが発表されましたね
ジメッとして嫌な時期ですが、雨も降らないと困るのでのりきりましょう

今回は浴室のカビ予防の対策についてです

どちらのご家庭でも浴室は湿気が多く、カビにとっては絶好の繁殖場所となります
湿度が80%以上、気温が20~30℃という条件が揃うことでカビの胞子が発生し、入浴時に出た人体の皮脂分や垢などを栄養分に繁殖を繰り返します
カビを抑えるためには、このような条件をクリアにしていく必要があります

換気扇を回して、窓を開けましょう
これはすでに実践されている方も多いと思いますが、何より換気をすることが大事です

浴室全体に水をかけ、汚れをサッと洗い流す

水で洗い流すことでカビの栄養分である垢などを取り除くことができ、浴室の温度を下げることにも繋がります


水分を拭き取る
湿気を残さないために水分を拭き取ります水切りワイパー(100円ショップで売ってるようなもので十分です)を使っておおまかに水を切り、タオルで拭き取ると、絞る回数も減って楽チンです


カビの無いお風呂で気持ちよいバスタイムをすごしましょ

お掃除アドバイス~エアコンのお掃除~

そろそろ梅雨入りのこの時期よくカビについての相談を受けます。

そのため今回は、エアコンのカビ対策についてお話します

家の中でカビの多い所というと最近よくテレビでも紹介されていますが、エアコンです!
エアコンはカビが生えるとカビの胞子を撒いてしまうため、注意が必要です。

エアコンの手入れはまずフィルターから始めましょう

フィルターには埃がたくさんつきます。カビはその埃を餌として繁殖していくため、フィルターの埃は定期的に取りましょう
まずは、フィルターを外し掃除機で優しく網の目の部分から詰まった汚れを吸い取ります。
なぜ表側から汚れを吸い取るのかというと、裏側から吸うとフィルターの表側から吐き出されようとしていた汚れを無理に裏側に引っ張り戻すことになるからです
次にフィルターの裏側から表側に汚れを吐き出させる形でシャワーを当てるのも効果的です
頑固な汚れが落ちない時は中性洗剤も併用するとフィルターはピカピカになります
フィルターを洗い終えたら、あとはきちんと水を切ってからしばらく陰干しにします。濡れたままエアコンに装着すると水が垂れてきたり、汚れやカビの元になったり、場合によっては故障してしまうこともあるからです 

本体の清掃は、個人では難しいと思います
エアコン洗浄スプレーも販売されていますが、正しく使わないと発火の危険性があったり、水漏れの原因やニオイの原因になったりという事例もあるため、エアコンのメーカーさんも推奨していません

エアコン内部など自分でお掃除できないところはぜひダスキンピュアに