2005年01月20日

シュリ

カン・ジェギュ監督脚本。
ハン・ソッキュ主演。
韓国情報部員と北朝鮮テロリストの戦いを描くアクション巨編。
各方面で絶賛されている本作だがなんかイマイチピンと来なかった。
大体にして主演のハン・ソッキュが受け入れられない。
彼は韓国では神格化されているような印象を受けるし日本でもファンが多いようだけど俺からすると普通の人のようにしか見えない。
個人的には共演のソン・ガンホの方が好き。
ソン・ガンホの方が髪の毛も多いしね。
物語もちょっと陳腐な部分が見え隠れ。
スタジアムの爆弾なんてカウントダウン爆破寸前で止めるし。
あんな設定最近ではめっきり見なくなったパターンだったのに。
ちょっとやってしまってる感が強い。

再見。
前に見たときよりは割といい印象。
「オールドボーイ」の主演の人、すでにかなり貫禄あり。
ただやっぱりややベタ過ぎるか。
「結ばれない男女」
「戦争を起こして革命」
「スタジアムに爆弾」
ちょっと古典的かな。
それでもラストの留守電のシーンでは不覚にも感動した。

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. シュリ[Swiri]  [ ヒトコトシネマレビュウ ]   2005年06月06日 23:24
★分岐点になった映画シュリハン・ソッキュ カン・ジェギュ キム・ユンジンアミューズソフトエンタテインメント 2002-09-27売り上げランキング : 2,072おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools1999/韓国 監督、脚本:カン・ジェギュ 【PR】30日間完全無料 宅配レンタ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
カテゴリ別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)